2016年6月27日更新

トンキニーズをお迎えしたい人に知ってほしい、トンキニーズのブリーダーについて

 
 

トンキニーズは見た目がシャムによく似ています。しかし、シャムとバーミーズの掛け合わせなのでその性格は物怖じせず、どんな環境にも対応できる飼いやすい猫です。少しだけ寂しがり屋で長時間構ってあげないと構ってもらうために邪魔をしてくるかもしれません。

そんな愛らしいトンキニーズを、ブリーダーからお迎えするにあたり注意しなけらばならないのはどんなところでしょうか?


ブリーダーについて


画像出典:Edenvane
まずブリーダーのメリットは、成猫になったときに精神的に安定していて飼いやすい猫が多いという点です。

猫にとって生後数か月はとても重要です。母猫に甘えたり、兄弟から猫との関わり方を学んだりする期間です。しかし、ペットショップで販売されている子猫はちょうど生後数か月の子猫ばかりです。

精神の成長にもっとも大切な期間に、ペットショップまでの長距離の移動があったり、母猫などの家族と触れ合うことなく過ごしているのです。その反面、ブリーダーではストレスフリーで兄弟たちと遊びまわることができ、ブリーダーの家族とだけ過ごすことができます。

この差は非常に大きく、猫の健康状態だけでなく、成猫になったときの社会性に大きく影響してしまいます。ブリーダーからお迎えすることができると、それだけで将来的に家猫として飼いやすい猫をお迎えできるでしょう。

 
 

ペット生活

編集部