2016年5月6日更新

【獣医師が教える!】愛犬の状態に合ったドッグフードの選び方

近年、ペットの健康維持への関心が高まってきていることもあり、量販店や動物病院、インターネット通販などで、驚く程たくさんの種類のフードが販売されています。ずらりと並んだ多種多様なフードの中から、いったいどれを愛犬に与えればよいのだろう…と悩んだことはありませんか?

フードを選ぶときには、まずは犬の年齢やライフステージを考慮することが勧められています。さらに最近は、愛犬の気になる健康トラブルがある場合、それらに配慮されているフードを選択できることを知っていますか?今回のテーマは健康サポートを目的としたペットフードの選び方です。

主食には必ず「総合栄養食」を選びましょう

犬_素材dog-1194077_640
特に食事療法を必要としない犬の主食には、必ず「総合栄養食」の表記があるものを選んでください。ペットフードには、その使用目的などによって、「総合栄養食」「間食」「その他の目的食」のいずれかの表記があります。ペットフードを選ぶ時には、必ず確認してください。

「総合栄養食」は、新鮮な水と適切な量の総合栄養食のみを与えれば、各ライフステージに必要な栄養素を満たすことが確認されたものを指します。一方で、「間食」は、おやつやご褒美として与えることを、「その他の目的食(副食、おかずタイプ)」は、主食にトッピングするなどして栄養の調整や嗜好性を高めることを目的としたものです。

ちなみに、「特別療法食」は、特定の疾患や疾病に対応できるように栄養バランスが考慮されています。「特別療法食」は必ず獣医師による診療と指導のもとで与えなくてはなりません。「特別療法食」は、「その他の目的食」に分類されていますが、一般的なペットフードとは異なります。

健康をサポートする機能を持つフードがある?

素材_dog-1060964_640
最近は、各ライフステージに必要な栄養バランスを満たした上で、ペットに起こる様々な健康トラブルに配慮し、ペットの健康をサポートする機能を持つフード(機能性フード)が販売されています。代表的なものには、犬の肥満対策用のフードや猫の毛球対策用のフードなどがあります。

健康サポートを目的としたフードを用いる時の注意点

素材dog-734689_640
犬に健康サポートを目的としたフードを与える時には、注意しなくてはならない点があります。これらのフードは、病気を予防したり、病気を治療したりするためのものではありません。気になる症状が見られている場合は、必ず動物病院を受診してください。

さらに、治療中や経過観察中の疾患がある場合にも獣医師に相談しておくことをお勧めします。また、食事療法が必要な疾患に対しては、必ず獣医師の指示のもと、動物病院で処方される処方食(特別療法食)を用いてください。

健康サポートを目的としたフードの選び方

犬_素材
気になる犬の健康トラブルにあったフードを選択しましょう。最近では、非常にたくさんの種類の健康トラブルに配慮したフードが販売されており、メーカーにより販売されているフードの種類や質は異なります。フードの選択で困ったら、動物病院で相談してください

成犬期からシニア期の健康サポート

数あるフードの中でも、犬猫の肥満対策や皮膚の健康維持を目的としたフードは多くのメーカーから販売されており、目にすることが多いでしょう。

肥満対策


肥満になりやすい犬の適正体重の維持と健康維持に配慮されています。肥満になりがちな犬に適量与えることで、各ライフステージにおいて必要な栄養素を十分に満たしながら、脂肪分を抑えて摂取カロリーを減らします。また、食物繊維が多く配合されており、空腹感を感じにくくなっています。

皮膚と被毛の健康維持

健康な皮膚と美しい被毛を維持したい犬用のフードです。オメガ3と呼ばれる必須脂肪酸などの成分が適量含まれています。また、多くの場合、ラム肉などのアレルギー反応を起こしにくい種類のタンパク質が使われています

シニア期の健康サポート

シニア期には、犬種によっては腎臓や心臓、関節にトラブルを抱えやすくなる傾向があります。そういったシニア期に気になる健康トラブルに配慮したフードも種類が豊富です。

腎臓や心臓のケア

加齢とともに腎臓機能や心臓機能が低下しやすい犬種のために、タンパク質やミネラルの配合が工夫されています。

関節のケア


加齢とともに関節疾患の増加しやすい大型犬などの犬のために、グルコサミンやコンドロイチン硫酸などの健康な関節や軟骨を維持するために大切な栄養素が強化されています。

フードを上手に選んで、愛犬の健康をサポートしましょう

素材_shutterstock_345153344
犬の健康維持への関心の高まりとともに、健康サポートを目的としたフードは年々増えています。健康な身体で快適に長生きするために、こういったフードを上手に利用してみてはいかがでしょうか。ただし、愛犬に気になる症状が見られるときには必ず動物病院を受診してくださいね。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

いままで動物を拾って帰った経験はある?飼ってもらえた人は約半数。

皆さんは、捨てられている犬や猫を拾って帰った経験はありますか?また拾って帰った動物はちゃんと飼ってもらえましたか?今回は、社会人男女500人に「動物を拾って帰った経験」について聞いてみました……

猫の雑学

『春』は冬に溜め込んだ不要なものをデトックスする季節

東洋医学は、中国を中心とする東アジアで行われてきた伝統医学です。犬のケアとしてツボ経絡マッサージ、温灸、薬膳などご家族ができる補完・代替療法として注目されています。 東洋医学では、自然界の……

望まない妊娠を防ぐため。発情期の雌犬について獣医師が詳しく教えます!!

避妊をしていない雌犬の多くは、年に2回の発情期を迎えます。避妊をしていない雌犬が避けては通れない、発情期のケアについて一度見直してみませんか?発情期を迎えた雌犬には、発情出血が見られたり、神……

ストレス?換毛期?病気?犬猫の抜け毛について獣医師が詳しく教えます!

春に増える、犬や猫の抜け毛。犬種・猫種によっては、ごっそり大量の毛が抜けることもあり、家の中が毛だらけで毎日の掃除が本当に大変、という方もいるでしょう。春は換毛期といって、犬や猫の毛が生え変……

愛犬と力比べ! 犬のおもちゃ ひっぱって遊ぶタイプ10選

犬は引っ張り合いっこをするのが大好きです。大好きな遊びをさせることでストレス解消にも役立ち、オーラルケアもできたりするので、可能ならぜひトライしてみてください。 引っ張り合いは本能を刺……

【動物看護士直伝】子犬のシャンプーはいつから?シャンプーを嫌いにさせないコツは?

犬にとってシャンプーは、一生つきまとうケアの一つです。子犬の時期にシャンプーを嫌いにさせてしまうと、成犬になっても嫌がり、手に負えなくなってしまうことがあります。 シャンプー=楽しいこ……

愛犬・愛猫をお留守番させるとき…なるべく負担を少なくするためには?

犬や猫と暮らしているとお留守番をしてもらうことがとても心配になりますね。そんなときどうしたらいいか、ペットホテルを利用したほうがいいのか、それともシッターさんにお願いしたらいいのか、まとめて……

獣医師が解説!犬の〝年齢別〟予防接種のいろは。

愛犬の健康管理は飼い主のとても大切な役割です。日々の健康的な生活習慣による健康管理はもちろんですが、伝染病を予防するための予防接種(ワクチン接種)も愛犬のために忘れてはならないことのひとつで……

愛犬の健康にも役立つ!犬のおもちゃ 噛むタイプのもの10選

楽しく遊びながら、歯のケアや顎を鍛えたりすることができるおもちゃ特集です。犬にとっては、何かを噛むというのは基本行動のひとつなので、噛んでもいいおもちゃを与えることでストレス解消をさせてあげ……

【動物看護士が解説】老犬の散歩で気を付けるべきことはなに?詳しく解説します!

老犬になり、歩くのが辛くなると寝てばかりの犬が多くなります。そんな姿を見ていると、「そっとしておいて寝かせていた方が良いのかな?」なんて思いがちですが、自分で起立できる筋力や体力があるうちは……

初めて犬を飼う方に 子犬の飼い方・しつけ方

犬を飼うまで 犬を飼うということは、一生面倒をみるということです。食事や散歩だけでなく、排泄物の処理やしつけ、病気にかかったときには動物病院へ連れていかなければいけません。動物を飼うという……

【獣医師監修】犬の刺咬症〜原因・症状と対策

犬の病気で刺咬症というものをご存知でしょうか。刺咬症は簡単に言うと虫刺されのことで、犬も人間同様、さまざまな虫に刺されることがあります。しかし、たかが虫刺されと思って放置しておくとさまざまな……

【獣医師監修】痩せているようでも肥満?愛犬の健康は体重ではなく体脂肪率で測ろう

人間の検診では体重とともに体脂肪率を測ることはごく当たり前のことになりました。同じ体重でも重い筋肉が占める割合が多い場合と、軽い脂肪が占める割合が多い場合とでは体の組成や健康状態がまったく違……

【手作りごはん】愛犬・愛猫のための冬至&クリスマスレシピ5選☆彡

愛犬も大切な家族だからこそ、イベント事を一緒に楽しみたいですよね!今回は冬至とクリスマスを一緒に楽しむための手作りごはんレシピをまとめてご紹介します♪ 冬至にぴったりな『かぼちゃ』を使った……

もしかしてデブペット? 獣医師が教える、愛犬の肥満度をチェックする方法

筆者の飼い犬が上手に「おすわり」や「待て」をするたびにごほうびのおやつを与えていたら、1カ月ほどで体つきが目に見えてふっくらしてきました。太り過ぎなのではと心配です……。「ペットの犬は、野生……