2016年6月15日更新

ブリーダーからシェットランド・シープドッグを迎える時の選び方やメリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「シェルティー」の愛称で親しまれているシェットランド・シープドッグは、明るく感受性が強くて、遊ぶことが大好きです。人には従順で家族に献身的に尽くしてくれます。その反面、少しシャイな一面も持ち合わせています。

そんなシェットランド・シープドッグを、ブリーダーから迎え入れる時の選び方やメリットはあるのでしょうか?

 

シェットランド・シープドッグのブリーダーとは


シェットランド・シープドッグを広い敷地で専門にブリーディングしているブリーダー、数犬種を扱うブリーダーなど様々なタイプのブリーダーがいるようです。

チャンピオン犬を親に持つ子犬や、ドッグショーには頻繁に出場している犬など、スタンダードにこだわったブリーディングをしているブリーダーもいます。

やはりシェットランド・シープドッグをこよなく愛し、大切な家族として愛情たっぷりに育てています。

このようなブリーダーからシェットランド・シープドッグの子犬を迎えるのは、メリットが沢山あります。

例えば、遺伝性疾患や感染症などの管理がきちんと行われているので、健康な子犬を迎えられる、子犬の社会化期(他の犬との関係を学ぶ時期)に親・兄弟と過ごしているので社会性のある犬に育つ、という点です。

他にも、ペットショップと違い間に中間業者が入らないので中間マージンのない安い価格で良い子犬が購入できますし、購入後もブリーダーに子犬についての相談が出来る、というのも大きなメリットとなります。

シェットランド・シープドッグをブリーダーから迎える時の注意点

シェットランド・シープドッグをブリーダーから迎える時にはまず、「信頼出来る優良なブリーダー」を見つけることです。

世の中の大半は誠意を持って真摯にブリーディングを行っているブリーダーなのですが、中には悪質な、子犬製造工場のようなブリーダーも存在します。

悪質なブリーダーの元で産まれた子犬は、病気の管理がきちんとされているか疑問ですし、何より、犬の繁殖期ごとに出産させるなど、モラル的に受け入れられないことをしていたりします。

必ず、子犬を決める時にはブリーダーの元に見学に行き、ご自身の目で確かめるようにしてください。優良なブリーダーは見学を歓迎してくれることがほとんどですが、悪質なブリーダーは見学を断るケースがありますので、正当な理由なく断られた場合には、そのブリーダーは止めておいた方が良いでしょう。

いずれにせよ、ご自身で信頼出来るブリーダーなのかを確認することが大切です。

 

シェットランド・シープドッグのブリーダーの探し方


ここでは、シェットランド・シープドッグの優良ブリーダーばかりを集めた紹介サイトや、優良ブリーダーをご紹介させて頂きます。是非、ご覧になってみてください。子犬達の写真が、とても可愛いです。

こちらでご紹介したサイトは大丈夫だと思いますが、ブリーダーを集めて紹介しているタイプのサイトでは「ブリーダー直販」と記載しておきながら、やり取りを直接ブリーダーとするのではないサイトがあるようです。

悪質なものでは、ブリーダーから仕入れた犬でもなくてセリ市やオークションで仕入れた犬を紹介していることもあるそうです。

「ブリーダー直販」と謳っている場合にはきちんとブリーダーが問い合わせの対応をしているのか確認するようにし、充分にご注意ください。

ブリーダー以外の探し方

ブリーダー以外でシェットランド・シープドッグを探すならば「里親」という手段があります。

残念ながら、シェットランド・シープドッグは日本では登録頭数が多く、それに比例して保護件数も多い犬種となっています。

ですから、里親募集情報を探すのにはそれほど手間はかからないでしょう。詳しい里親になる方法は下記のリンクをご参照ください。

シェットランド・シープドッグの里親になるには?