2017年5月17日更新

【ペットシッターが解説】シーズーとの暮らしで注意すること

シーズーの性格と性質

性格


シーズーは家族と遊ぶことが大好きで、楽しく遊んだかと思えば、膝の上で抱っこされたまま寝てしまうなど、愛玩犬として代表的な可愛らしさを持っています。人懐っこく遊ぶことが大好きな為、子どもの遊び相手としてもフレンドリーな関係を築くことができます。

飼い主に対して、信頼を強くもつシーズーは安心できる人の前ではとても甘えん坊な姿を見せます。一方で頑固な面も持っており、しつけをしないとマイペースに育つばかりか、間違ったことを直すことも難しくなってしまいます。しつけはやる気を起こすまで、時間がかかってしまうマイペースさを持っていますので、根気強くトレーニングしていく必要があります。

しかしながら、シーズーの感情表現は非常に豊かなものですので、コミュニケーションをたくさん取ることで、さらに信頼も厚くなり、おっとりした姿だけでなく、様々な魅力を発見できる犬種です。

【参考記事】シー・ズーの性格や飼う時の注意点まとめ

性質


シーズーは、様々なカットスタイルによってその印象も大きく変わってきます。魅力的なロングヘアーを美しく保つには、毎日のブラッシングが必要になります。

また、飾りゴムで結んだり、どんなスタイルにするかをトリマーさんと相談しながら決めていく楽しさもあります。一方、バリカンを入れて短くカットしたペット用のスタイルも、その丸みを帯びた姿から、シーズーの可愛らしさをさらに引き出してくれます。

おっとりしたシーズーではありますが、適度な運動や日々の食事管理はとても大切になります。激しい運動は苦手ですが、気をつけないと、肥満になってしまう為、遊びの中で運動を取り入れるようにしましょう。

家族とゆっくりとした時間を過ごすことが好きなシーズーですが、頑固な面も持っていますので、家族のルールをしっかりしつけていくこと、なるべく失敗をせずに成功を褒めて伸ばすトレーニングを行うことで、日々穏やかに過ごすことができるようになります。

シーズーの飼育の注意点

室内環境


シーズーは、夏の暑さが特に苦手です。冷房を使って25度前後に設定してあげるようにしましょう。また、湿度が高くなってしまうと、熱中症のリスクは高まります。人が快適に過ごせる温度と湿度を保つようにしましょう。

万が一、停電などで冷房が止まってしまった時の為に、冷感マットなどをつかって涼める場所を作っておくことも大切です。呼吸が速いなど熱中症の症状が見られた場合は、すぐに体を冷やして、獣医師に診察を受けましょう。

冬も暖房を使って人が快適に過ごせる室温を保つようにしましょう。ベッド周りには、ペット専用のヒーターなどを置き、暖めてあげることもよいでしょう。

ただし、皮膚が弱いシーズーは、低温やけどを起こしてしまうこともあります。また、ロングヘアーを保っている場合は、被毛を傷めてしまったり、静電気でからんでしまうこともありますので、使い方や乾燥には十分注意してあげましょう。

シーズーは、家族とのコミュニケーションが大好きな犬です。家族の後を追いかけて歩きまわったり、子どもと夢中になって遊ぶこともあります。しかし、フローリングは滑りやすく、シーズーの関節に負担をかけやすくなります。特に子犬の場合、成長段階にある関節を痛めてしまう危険性もあります。

床にはカーペットやラグマット、滑り止めのペット用マットやコルクマットなどを敷いて負担を減らしてあげましょう。カーペットなどは、シーズーの毛がからんでしまったりすることもあるので、掃除しやすいものをホームセンターなどで選ぶとよいでしょう。

家具の配置

flower-1275641_640
シーズーは、穏やかな性格を持っていますが、子犬の頃は、様々な物に興味を示し、お部屋の中でも思わぬ事故につながることもあります。ガラス製品や花瓶などは注意しましょう。また、観葉植物なども誤食してしまうことがあるので置き場所には注意が必要です。電気コードなどもかじってしまわぬように、事前に対策をしておきましょう。

サークルの中に、ベッドやトイレ、食事場所を作り、シーズーのパーソナルスペースを作ると、しつけや留守番、来客時にとても便利です。犬自身も、安心して過ごすことができる空間があるということは、ストレス軽減につながります。
シーズーは、家族と一緒に過ごす時間を大切にする犬種ですので、リビングなど目が届く場所にサークルを用意してあげるとよいでしょう。場合によっては、リビングと寝室、それぞれにサークルを置いてあげてもよいでしょう。
 

運動


シーズーは、穏やかな動きをしていますが、運動も必要ですので、しっかりと散歩をしてあげるようにしましょう。1日に1~2回は散歩に行き、30分ほどの運動をさせてあげるとよいでしょう。

見た目以上に活発な面を持っていますので、散歩の時に一緒に走ったり、階段を使ったコースにしてみるなど、効果的に体力をつけることができるような運動をしてあげましょう。ただし、シーズーは、もともと体高が低い体つきをしています。アスファルトの熱の返しを受けやすく、熱中症の危険性も高まりますので、朝晩の涼しい時間帯を選んで散歩してあげるようにしましょう。

お散歩に行けない時などは、部屋の中で、おもちゃを使ってたっぷり遊んであげましょう。マイペースなシーズーは、おもちゃも大好きな物とすぐ飽きてしまう物が決まってくることがあります。様々な遊びを通して、お気に入りを見つけることも楽しみのひとつです。

しつけ


シーズーは、穏やかな性格で飼い主さんとの信頼関係を大切にする性格を持っている為、しつけも比較的しやすいと言われています。しかし、甘やかしすぎてしまったり間違ったことをそのままにしておくと、頑固さとマイペースさが悪い面として現れることもあります。普段は、褒めて伸ばし、叱らなくてはいけない時にだけ叱るというメリハリがとても大切になります。

シーズーは、人の表情や声をとてもよく理解します。いつも叱られていると、ストレスになり神経質になってしまいます。また、無視されることもシーズーにとってはとてもツライものです。アイコンタクトを取りながら、大げさなほどに褒めてあげるトレーニングがシーズーには向いています。

シーズーは、吠え癖が出ることは少ないと言われていますが、噛み癖が出てしまうことがあります。子犬の頃から、噛み癖はつかないように、しっかりとしつけしましょう。すでに、困っている場合は、専門のトレーナーに相談し、直していきましょう。

シーズーのケア方法

ブラッシング

素材dog-860709_640
シーズーのブラッシングは、ロングヘアーの場合、毎日しっかりと行いましょう。被毛のもつれや毛玉は、あらかじめほぐしておきましょう。スリッカーや指を使って、丁寧にほぐし、コームをかけてまたもつれがあればほぐすことを繰り返します。

ブラッシングする際は、根元から強くかけると被毛や皮膚まで傷めてしまいます。毛先のほうから少しずつブラッシングしてあげるとよいでしょう。その後、ピンブラシで毛の流れを整えていきます。

ショートカットの場合は、スリッカーを使ってブラッシングします。強くかけると皮膚を傷めてしまいます。ソフトタイプのスリッカーを使ってもよいでしょう。皮膚に平行にブラッシングをして、抜け毛などを取っていきます。顔回りは、コームを使って整えてあげましょう。

爪切り


シーズーは、お部屋の中で飼い主さんの後を追いかけて歩くことも多いものです。そんな時、爪が伸びていると、カーペットなどに引っ掛けてしまうことがあります。また、もともと体高が低いシーズーは、踏ん張っている時に、爪が伸びていると、歩き方がおかしくなってしまったり、関節まで痛めてしまうことがあります。爪切りを嫌がる場合も多いですが、定期的に行うようにしましょう。

シーズーの爪が伸びると血管や神経まで伸びてしまいます。血管を切らないように注意して少しずつ角を取るようにカットしていくとよいでしょう。最近では、電動つめ削りもありますので、こういった物を利用してみてもよいでしょう。

爪切りを習慣にする為には、普段から爪や足裏を触ったり、毎日少しずつカットしていくようにしてもストレスを減らすことができます。もちろん、不安な場合は、トリマーさんや獣医師にお願いしてもよいでしょう。

肛門腺絞り

シーズーは、個体差があるものの、肛門腺絞りは、1ヶ月に1回ほどの頻度で行うようにしましょう。シーズーはトリミングが必要な犬種でのすので、その際にトリマーさんにお願いしたり、シャンプーやブラッシングの際に一緒に行ってしまってもよいでしょう。自宅で行う場合はとても臭い分泌物が洋服などにつかないように注意しましょう。

肛門腺は、肛門の下、時計の4時と8時の方向に人指し指と親指をあてて、下から上に向かって搾り出していきます。普段、穏やかにしているシーズーですが、とても敏感なお尻や肛門付近を触ると嫌がる場合も多くあります。

あまりに嫌がる場合は、噛み癖につながってしまうこともあり、普段から触られることに慣らしておく必要があります。ストレスを減らす為にも、普段から体全体を触ってチェックをしたり、実際に肛門腺絞りを行う時に、二人がかりで行うなどするとよいでしょう。

耳掃除

素材pet-216706_640
シーズーの耳は、長くて柔らかい被毛で覆われている上に、垂れ耳ということで、汚れがひどくなりやすく、耳掃除もとても大切なお手入れのひとつです。特に耳ダニや細菌の感染には注意しなくてはいけません。

シーズーの耳の入り口周辺も毛が密集しやすく、耳の毛は定期的に抜く必要があります。その上で、イヤーローションを耳の中に数滴入れて、クチュクチュとマッサージを行います。出てきた汚れと共に、耳の周辺もコットンなどで優しく拭き取ってあげましょう。ただし、シーズーの耳から悪臭がする場合や、すでに炎症が起きている時などは、早めに獣医師の診察を受けましょう。

シーズーの耳は、通気性が悪いので、耳ダニも発生しやすく、高温多湿の場合、さらにその危険性が高くなります。また、耳の炎症がひどくなり、外耳炎を起こしてしまうことも多くあります。週1~2回程は、耳掃除と共に耳のチェックを行い、異変がある場合は、早めに獣医師に相談しましょう。

目の手入れ

素材dog-1193113_640
シーズーの目は、まん丸の頭の中で、少し突き出すようについており、その分、目に傷がつきやすくなってしまいます。また、ゴミやほこりも入りやすく、涙が多くなってしまうことがあります。さらに、長い被毛が目に入ってしまったり、逆さまつげになっていて、涙は多くなるなど、目のトラブルも多い犬種です。

目の周りの毛はゴムでまとめてあげたり、ショートカットの場合は定期的にカットをして、目に毛が入ることは予防してあげましょう。また、涙やけはひどくなると、悪臭の原因にもなってしまいます。もともと鼻が低いシーズーですので、そこにたまって、不衛生になってしまいます。コットンや専用の涙やけシートを使って拭き取りを行うようにしましょう。

歯磨き

素材colgate-88029_640
シーズーの歯磨きは、子犬の頃から習慣にしておきたいものです。犬の歯周病は、高齢になるにつれひどくなり、たまった歯垢が歯石となり、口臭もひどくなってしまいます。

シーズーの歯磨きは子犬の頃は、布を指に巻き、マッサージするように歯を拭いてあげるだけでもよいでしょう。初めての歯磨きで歯ブラシを無理にあててしまうと、嫌がってしまうことも多いものです。少しずつ歯磨きを習慣にしていくことが大切です。

専用の歯磨きシートは、歯の汚れを取るだけでなく、口臭予防にも効果があります。歯磨きができない場合は、歯磨きガムなどを与えて、歯石がたまることを予防してあげましょう。

シーズーがかかりやすい病気

愛らしい表情と友好的な性格で人気シー・ズー。豊かな毛で覆われた骨格や筋肉は頑丈でしっかりしています。体が丈夫で飼育しやすいことも人気のポイントでしょう。そんなシー・ズーですが、目や皮膚の病気をはじめとして、いくつかのかかりやすい病気が知られていますのでご紹介します。

【参考記事】シー・ズーの病気〜獣医師が解説するシー・ズーのかかりやすい病気〜

気管虚脱

シーズーなどの短頭種の犬種に起こりやすい病気のひとつです。先天的な異常で発症する場合と、老化や肥満などで発症してしまうケースがあります。呼吸がしにくい状態になるので、ゼーゼーとした荒い呼吸を起こします。重症化すると、呼吸困難や失神、脳への障害などを起こす場合がありますので、注意が必要です。

特に夏の暑さは、呼吸が苦しくなりやすく、お散歩や運動の際には注意が必要です。また、肥満などが影響しますので、日々の食事管理と体重コントロールが大切になります。また、引っ張りの強いシーズーの場合は、散歩中につけるカラー(首輪)が気管虚脱の原因につながることもありますので、ハーネスを使ってお散歩するようにしましょう。

万が一、呼吸の状態に異変を感じたり、咳をするようなことがあれば、命に関わる病気ですので、早めに動物病院に行くようにしましょう。

眼瞼内反症

シーズーは目のトラブルも多く、先天的に起こることが多い病気です。まぶたが内側に巻き込んでいる状態になっています。毎日、目のケアをしているので、涙や目やにが多いと感じる場合は、まつげの表面が目にあたり、刺激していることが考えられます。

先天的な病気の為、涙や目やにが多く、常に目に痛みを感じている場合は、手術が必要になることがあります。子犬の時から、症状は出るので、目に異変を感じた時は、早めに獣医師に相談するとよいでしょう。

子犬期の注意点

シーズーの子犬は小型犬でありながら様々な物に興味を示しとてもパワフルな犬です。また、体もずっしりと重みがあります。体型と食事の量は、もともとのその犬の家系などでも異なりますので、カロリーを調整しながら、1回の量が少し残る程度で与えていくとよいでしょう。ただし、一気にがっついてしまうようなよく食べる愛犬の場合は家族と一緒に過ごすことが大好きな為、ついつい与え過ぎてしまうこともあります。甘え上手でいつもねだるようになってしまいますので、食事のしつけは注意しましょう。

好奇心旺盛で遊ぶことも大好きですが、骨が弱く骨折や脱臼の心配をする必要があります。お部屋の中でやんちゃに動き回っていても、体を触る習慣を持ち、特定の痛がる部分はないか、歩き方がおかしくないかなど見てあげるようにしましょう。子犬のうちは、骨も発達段階です。過度な運動にならないようにコントロールしてあげましょう。

シーズーの被毛はオーバーコートとアンダーコートのダブルコートです。とても密集している毛ですが、実は抜け毛は少ないほうです。抜け毛が少ないので飼いやすいと言えますが、オーバーコートがとても密集していますので、毛玉になりやすい特徴があります。子犬の頃から、こまめにブラッシングすることに慣らしてあげましょう。

シニア期の注意点

シーズーは家族と一緒に過ごし、活発に遊ぶことも大好きな犬種ですが、シニアになってからはゆっくり過ごし、お散歩も体調を見ながらペースを決めるようにしましょう。関節の傷みや、目の病気にもなりやすいシーズーですので、暗くなってからの散歩は危険な場合もあります。定期的な健康診断を行い、適度な運動にしておきましょう。また、ハーネスなど、関節に負担の少ない物で散歩に行ったり、場合によってはカートなどで気分転換に出かける程度でもよいでしょう。

シーズーは、もともと食欲にむらがあることも多い犬種です。また、その顎の形から噛む力もそれほど強くありません。歯周病にもなりやすい為、シニアになると、さらに痛みや食べにくさから食欲低下につながることもあります。歯周病には十分注意すると共にシニア用の栄養価の高いフードを利用し、栄養管理をしてあげましょう。

お部屋の中で寝て過ごす時間が多くなるシニア犬の為に、ゆっくり休むことができる環境を用意してあげるようにしましょう。特に、心臓病も発症しやすいシーズーにとっては寒暖の差も大きな負担になってしまいます。適度な室温湿度を心掛け、愛犬とのコミュニケーションを大切にしましょう。

季節ごとの注意点

シーズーにとってとても過ごしやすい季節ですが、気温の変化に注意しなくてはいけません。子犬やシニア犬は特に注意しましょう。また、持病を持っている場合は朝晩の寒さは体を冷やし体調を悪化させる原因になってしまいます。室温管理に注意するようにしましょう。

春になって、外にお出かけすることも多くなります。一方でお部屋の中でしか過ごさないから寄生虫は心配ないと思っている飼い主さんもいるかもしれません。しかし、感染は様々な場所でリスクがあります。特に蚊を媒介して感染するフィラリアには注意したいものです。
春は、特にノミやダニの寄生虫、また腸内寄生虫の感染など感染症に十分注意したい季節でもあります。ノミダニ対策、フィラリア予防薬、動物病院で検査を行い、適切な予防薬を服用するようにしましょう。また、狂犬病予防接種の時期でもあります。飼い主さんの義務にあたりますので、必ず受けるようにしましょう。

シーズーは抜け毛が少ないのが特徴ですが、毛が伸び続けからまりやすくなってしまいます。お散歩が気持ちいい季節ではありますが、お散歩の後などはブラッシングでほこり、毛玉やもつれを取りのぞくようにしましょう。また、美しい被毛を保つためのシャンプーも2週間から3週間に1回は行うようにしましょう。

シーズーは、その密集した被毛と太りやすい体質、さらには特長的な気道が短くなる短頭種ということもあり、熱中症のリスクがとても高くなります。熱中症は家の中にいてもかかることがあります。蒸れやすい体質を持ったシーズーは思った以上に熱がこもってしまうのです。もし、トリミングしている場合は、カットも少し短めにしてもらうとよいでしょう。お散歩の時間も夕方以降涼しい時間にするなど、生活スタイルを改めて見直すようにしましょう。

室温は、人間か快適に過ごせる温度で十分ですので、エアコンを上手に利用しましょう。ただし、冷房の風が直接当たってしまうと、体があっという間に冷えて体調を崩す原因にもなってしまいます。ケージやベッド、愛犬が過ごす場所に直射日光が当たっていないか確認すると共に、冷風もあたっていないか確認しましょう。

夏バテによって、体力や食欲が減退してしまうこともあります。食欲が低下してしまった場合は水分量が多く嗜好性も高いウェットフードを与えてみるなど、少量であっても栄養補給できるような食事を心がけてあげるとよいでしょう。ただし、高カロリーな物を与え過ぎると、肥満や皮膚コンディションを悪くする原因になりますので注意しましょう。

秋は、気温が下がって、春と同じくシーズーにとっては過ごしやすい季節になります。冬に向けて体力を回復させておきたい季節でもありますが、注意すべき点は食欲と肥満です。急に食欲旺盛になってしまい、与え過ぎていると、肥満になってしまってしまいます。シーズーにとって肥満は、そのまま関節や他の病気への負担になります。食欲旺盛になったからと言って与え過ぎないように十分に注意しましょう。

秋はお散歩も気持ちよい季節ですが、春夏と同様に、秋になっても、フィラリア症の予防薬とノミの駆除薬は続けるようにしましょう。また、お散歩のあとのブラッシングや被毛の手入れはしっかり行うようにしましょう。朝晩の寒暖差によって、感染症が呼吸器の症状に出ることもあります。特に短頭種のシーズーは注意が必要です。呼吸器系の疾患になったことがある場合は、早めに獣医師に相談しておくこともよいでしょう。

冬は、体の冷えに注意が必要です。室温を保つことはもちろんですが、外にお出かけする場合は、洋服を着せるなどして小さな体の体温を保てるようにしましょう。ただし、体温調節がしやすいコートなどがおすすめです。動きやすいもの、着脱しやすいものを選んであげるようにしましょう。万が一、震えてしまっているようであれば、すぐに体をあたためるよう抱っこしてあげましょう。

体を洗う場合は、暖かい日を選ぶようにしましょう。被毛が密集しているシーズーは、シャンプーをすると、なかなか体が乾きません。 時間がたつと、あっと言う間に震えてしまいます。必ずしっかりと乾かすようにしましょう。また、乾いた後も部屋を暖かくしてゆっくり休むことができる環境を整えてあげましょう。

冬は暖房を使うことによって乾燥にも注意しましょう。室内の乾燥は、ウイルスの蔓延や気管支炎、被毛の乾燥などを引き起こしてしまいます。暖房とあわせて加湿器を上手に使うようにしましょう。暖房器具を使用すると、気づくと、体が温まりすぎて脱水症状を起こしてしまうことがあります。特にヒーターやこたつによる火傷、電気コードによる事故などには特に注意しましょう。

子犬期に気を付けたい病気とその兆候

膝蓋骨脱臼

小型犬に多い病気でシーズーも注意が必要です。先天的な形成異常で膝蓋骨が外れやすくなってしまっています。子犬の頃のワクチン接種や健康診断のタイミングで、関節もしっかり診てもらっておくとよいでしょう。

先天的な原因が多いものですが、関節に負担がかかることで発症してしまうこともあります。成長段階にある子犬の骨は、毎日十分な栄養をとっていても思わぬ事故から骨折や脱臼につながってしまうことがあります。

思った以上にやんちゃな部分を持っているシーズーですので、ソファーや階段からジャンプした時に、そのまま骨折してしまうこともあります。抱っこしていたのに、突然ジャンプしてバランスを崩し骨折や脱臼ということもあるのです。普段の生活には十分に注意し、なんらかの異常を感じたら早めに獣医師に診てもらいましょう。
眼球の表面のことを角膜と言います。

角膜炎

シーズーは目が飛び出ている為、角膜にも炎症を起こしやすいものです。角膜が何らかの原因で炎症が起こしてしまい、目が真っ赤になってしまったり、涙が止まらないという状態になります。また、まぶしそうにしている様子がある時も痛みを伴っていることがあります。

子犬から若齢期の頃のシーズーは思った以上に活発で、時に目の中にゴミが入ってしまうこともあります。すると、目の炎症も起こしてしまいますので、まずは、すぐに動物病院に行くようにしましょう。

シニア期に気を付けたい病気とその兆候

気管虚脱

小型犬に多い病気で、その名のとおり気管がつぶれてしまい、咳や呼吸困難につながります。シニア期になると、そもそも筋肉が硬くなっているので空気の通り道が狭くなっていますが、心臓疾患や気管支炎の咳や過呼吸でさえ、原因になってしまいます。

呼吸する時に気管がつぶれて空気の通りが阻害され、咳や呼吸困難を起こします。小型犬は気管が変形しやすく、気管の筋肉が硬化してくる中シニア期になるとなりやすいと言われています。また、心臓病から発症してしまうこともあります。また、肥満によって、気管を圧迫してしまっているケースもあります。

気管虚脱は、激しい咳が特徴になります。大きな咳が続くようであれば、早めに獣医師の診察を受けましょう。定期的な健康診断や、肥満予防のための食事や運動などが大切になります。また、首輪が原因になることもあり、散歩の引っ張りが強い場合は注意が必要になります。ハーネスに切り替えてあげるとよいでしょう。

緑内障

シーズーは、目が大きく飛び出している為、他の犬種に比べて目の病気になりやすいと言われています。高齢犬になると、さらに目の病気はなりやすいものですがその一つが緑内障です。緑内障は眼球が飛び出し、視野が狭くなる病気ですが、痛みを伴う為、犬も頭を触られると嫌がってしまうことがあります。

失明の恐れがあり、進行もしていく病気ですので、目を気にする様子、目の充血や角膜の濁り、なんとなくでも目が以前より出ているような気がするなど、異常を感じた場合は、早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう。また、目も周りの毛の手入れやよいとされるビタミンCの接種、定期的な健康診断と共に目の検査も受けておくとよいでしょう。

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

シーズーの体全体をまずは触ってあげる習慣をもちましょう。ボディチェックは、コミュニケーションの一環としてもとても大切です。まずは、背中や胸など、愛犬が気持ちよいところを触ってあげながら、たくさん褒めていきましょう。

体を触ることに慣れてきたら、被毛のチェック、皮膚のチェックもしてあげましょう。もともとシーズーは皮膚疾患も起こしやすいものです。特に梅雨の時期は、じめじめして皮膚も湿気を帯びたり毛玉になりやすいものです。そのままにしておくと、衛生的にもよくありません。ブラッシングをしながら、毛玉やもつれはといてあげるようにしましょう。アレルギー疾患も多いシーズーですので、皮膚のチェックも大切です。炎症や脱毛などがないか、また掻いてしまった跡がないかなどチェックしてあげましょう。

足先は嫌がる部分でもありますが、散歩後などに足の裏のパッドが傷ついていないか、何か異物が刺さっていないかなどチェックすることも大切です。また、爪が伸びていないかもしっかりチェックしてあげましょう。

お尻付近やしっぽの周辺も触られることを嫌がる部分ではありますが、優しく声をかけてあげながら見るようにしましょう。シーズーが地面にお尻をこするようなしぐさをしている時は、肛門腺絞りが必要なサインです。その他、お尻周辺が汚れていないか、下痢の跡や肛門周辺の炎症はないかなどチェックしてあげましょう。

顔周りのチェック

元気な場合は顔もとてもイキイキとしています。目の輝きを見てあげましょう。シーズーは特に目の病気には注意してあげなくてはいけません。目に炎症が起きている、いつもよりまぶしそうにしている、痛がっているなどの様子があれば、早めに獣医師に診てもらいましょう。目が飛び出ているシーズーは少しの刺激で涙が多くなり、涙やけにもなりやすいので、涙が出ている場合は丁寧にふき取ってあげましょう。

シーズーは垂れ耳の為、汚れには特に注意しなくてはいけません。においがする、耳周辺が汚れている、耳垢が出てくるといった場合は、外耳炎や耳ダニの感染などを起こしている場合があります。また丁寧に耳掃除をしようとしたあまり、耳を傷つけてしまっていることもあります。においや耳の炎症、赤みが気になる場合は早めに獣医師に診てもらいましょう。耳の炎症は、アレルギーによって引き起こされていることもあります。シーズーは、もともと皮膚疾患やアレルギー症状を起こしやすい犬種ですので、皮膚の状態のチェックと共に耳を痒がる様子があれば注意してみるようにしましょう。

口のチェックも大切です。犬は歯周病になりやすく、特に高齢犬は注意が必要になります。毎日の歯磨きが効果的ですが、難しい場合は、指先に布を巻いてふき取るようにマッサージしてあげるだけでも効果があります。愛犬が口を触ることに対して嫌がったり、恐怖を感じているようであれば、少しずつ慣らしてあげるようにしましょう。

健康な犬であれば、鼻は適度に湿っています。乾いてしまっている、鼻水が出てしまっている場合は体調不良になっている場合があります。早めに獣医師に相談するようにしましょう。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

ブログ

関連記事

【ペットシッターが解説】シーズーとの暮らしで注意すること

シーズーの性格と性質 性格 シーズーは家族と遊ぶことが大好きで、楽しく遊んだかと思えば、膝の上で抱っこされたまま寝てしまうなど、愛玩犬として代表的な可愛らしさを持っています。人懐っこ……

シー・ズー

シー・ズーに洋服を着せるのはお洒落だけなの?

フリルの付いたワンピースやスポーティーなシャツタイプなど、お洒落で可愛い洋服を着たシー・ズーをよくみかけますね。カットスタイルとあわせてさまざまなシー・ズーの表情を見ることができて楽しいもの……

シー・ズー

室内での生活がよく似合う?シー・ズーの散歩について

シー・ズーというと王宮の中で高貴な方々とのんびりと暮らしているようなイメージがあるため、あまり運動とは結びつかないところがありますね。実際のところはどうなのでしょうか?シー・ズーには散歩は必……

シー・ズー

医療費が高くても安心!シー・ズーにおすすめのペット保険は?

病気やケガ、1秒でも早く治してあげたい!人なら公的な保険で守られているので、安心して病院へ行くことができますね。でもペットには公的な保険はありません。今回はシー・ズーについて高額な医療費や長……

シー・ズー

気管や目に注意が必要なシー・ズーには首輪?それともハーネス?

シー・ズーの散歩に必要な道具としてはリードや排泄物を入れる袋などさまざまな物がありますね。なかでも首輪にするのかハーネスは迷うところです。特にシー・ズーの場合は健康面などからもどちらがいいの……

シー・ズー

シー・ズーの性格や飼う時の注意点をまとめました!

シーズーの特徴 チベット犬とペキニーズの交配により作られた犬種です。どちらの犬種も宮廷や王朝で愛されていた昔からのコンパニオン犬ですので、犬種改良目的の交配から誕生したという訳ではないよう……

シー・ズー

シー・ズーって抜け毛があるの?抜け毛の対策とブラッシングの方法

中国の宮廷で西太后にも寵愛されたといわれるシー・ズー。長毛の豊かな被毛を綺麗に梳かして結い上げた姿は気品を感じさせます。最近では短く切ったサマーカットも人気ですね。そんなシー・ズーの被毛は抜……

シー・ズー

シー・ズーの里親になる方法は?シー・ズーの里親を探す方法は?

垂れた耳と垂れた目、ちょっと上向の短い鼻。愛嬌のある顔で天真爛漫にすり寄ってくるとついつい抱きしめたくなってしまいますね。そんなシー・ズーの里親になるにはどうしたらよいか?里親になるためには……

シー・ズー

マイペースでおっとりのシー・ズーの飼いやすさについて

獅子狗と呼ばれ中国の王宮で高貴な方々に寵愛されてきた歴史を持つシー・ズー。室内犬として不動の人気を誇るシー・ズーはマイペースでおっとりとした性格をしているので、初めて犬を飼う人でも飼いやすい……

シー・ズー

気になる?気にならない?シー・ズーの体臭ついてのまとめ

「愛犬の臭いをかぐと安心するの。」という飼い主の方も多くいらっしゃいますよね。日向の臭いなど暖かさを感じさせる臭いに感じる方が多いようです。でもたまに来るお客様には「えっ!」と思う臭いだった……

シー・ズー

意外と活発!フレンドリーなシー・ズーと一緒にドッグランへ行くには?

大きな瞳と垂れた耳がおっとりとした雰囲気を醸し出すシー・ズー。見たとおり穏やかな性格をしていますが、実は意外と活発で走り回ることも大好きな犬種です。そんなシー・ズーは毎日の散歩はもちろんです……

シー・ズー

気難しいの?大人しいの?シー・ズーのしつけについて

華奢な体つきとゴージャスな被毛のシー・ズー。気品高い風貌から気難しそうにも、華奢な体つきから臆病で大人しそうにも見えますね。実際にはどうなのでしょうか?一緒に生活するには生活の中のルールを教……

シー・ズー

ゴージャスなシー・ズーの毛並みを綺麗に保つシャンプーの方法まとめ

西太后も愛したといわれるシー・ズーのゴージャスな被毛。カラーも豊富で絹のように光沢とはりのある長毛は、何といってもシー・ズー最大の魅力ですね。でもちょっとお手入れをさぼるとボサボサとした見た……

シー・ズー

【動物看護師が解説】シーズーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

幅広い世代の飼い主さんから愛されているシーズー。お年寄りと暮らしていればゆったり大人しく、活発な子供と一緒に育っていればおてんばで遊び好き、人へ順応する能力が非常に高いと言えるでしょう。特別……

シー・ズー

シー・ズーの病気〜獣医師が解説するシー・ズーのかかりやすい病気〜

愛らしい表情と友好的な性格で人気シー・ズー。豊かな毛で覆われた骨格や筋肉は頑丈でしっかりしています。体が丈夫で飼育しやすいことも人気のポイントでしょう。そんなシー・ズーですが、目や皮膚の病気……

シー・ズー