2016年6月17日更新

ブリーダーからキャバリアを迎える時の選び方やメリットは?

王様さえもとりこにして、肝心の国務を疎かにさせてしまったという逸話がある程、人の心を掴んで離さないキャバリア。イギリス発祥の犬種でやはりイギリス国内でも人気があります。

その愛らしい出で立ちから、イギリスでも日本でも人気のキャバリアですが、ブリーダーから迎えるという事について、お話していきましょう!

キャバリアのブリーダーとは


キャバリアのブリーダーは、多犬種を扱うブリーダーが多いように見受けられます。比較的郊外で、広々とした犬舎にて、様々な犬のブリーディングを行っているようです。

中には、50年のブリーダー暦を持つ方もいらっしゃます。この方は過去にキャバリアのチャンピオン犬を作出されていたそうが、しばらくは柴犬のブリーディングに集中されておりました。

優良なブリーダーは、本当に犬が好きで、良い犬を作出しようと日々励んでおられます。このようなブリーダーから子犬を迎えることは、本当に質の良い犬を手に入れられる、最良の手段です。

キャバリアをブリーダーから迎える時の注意点

前述したような優良なブリーダーばかりだと良いのですが、世の中には母犬の負担は考えずにとにかく子犬を量産しようとする悪質なブリーダーもいます。

このようなブリーダーは、子犬をお金儲けの為の道具とした捉えておらず、ひどい時には売れない子犬は捨ててしまうこともあると聞きます。

子犬を決める時には、必ずブリーダーを訪れて見学をされるようにしてください。優良なブリーダーは見学を歓迎してくれますが、悪質なブリーダーは見学を断る傾向があります。

なぜなら、「パピーミル」だと言う実情を知られたくないからでしょう。「パピーミル」とは、子犬製造工場と揶揄される、子犬を量産しているブリーダーを指します。

お気をつけください。

キャバリアの優良ブリーダーの探し方


ここでは優良ブリーダーばかりを集めて紹介しているサイトや優良ブリーダーのサイトをご紹介させて頂きます。

是非、ご覧になってみてください。

*ブリーダー紹介サイト*

*専門ブリーダー*
キャバリアガーランド

ブリーダー以外の探し方

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルをブリーダー以外で手に入れるには、「里親」という手段があります。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの里親募集情報は比較的多いです。子犬ではないこともありますが、大切な命を救うことになります。是非、ご検討ください。

詳細は下記リンクより、ご確認頂けます。↓

キャバリア里親になるには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【動物看護師が解説】キャバリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大人しく、優しい性格のキャバリアは、小さな子供のいる家庭から、老夫婦まで、かなり幅広い世代で愛されている犬種です。個体によっては、活発で遊び好きなこともありますが、ほとんどは1日をゆったり過……

犬のトリミング

東京で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないことが……

犬の心臓の病気

【ペットシッターが解説】キャバリアとの暮らしで注意すること

キャバリアの性格と性質 性格 キャバリアは、とても明るく人に対して友好的な性格を持っています。長い耳、豊富な毛、くりっとした大きな目で思いっきり笑顔の表情を見ていると、こちらまで幸せ……

キャバリアの寿命など、飼う前に知っておきたい情報

イギリス王室で可愛がられた犬「国王の犬」として命名された世界的に人気のある犬種のひとつです。あまりにも長い名前である事と、別にキングチャールズスパニエルという別の犬種もいることから、簡単に「……

犬の習性

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの寿命や長寿の秘訣

中世チュダー王朝時代から癒しのスパニエルと呼ばれ、愛玩犬として人々に愛されてきたキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいると……

キャバリア