2016年5月13日更新

【ゆめねこ譲渡会/第二部】譲渡会で運命の猫との出会い方ご紹介します。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

自分とご縁のつながった運命の猫を探しに出掛けましょう。猫たちが新しい飼い主さんを待っています。第二部は「ゆめねこ譲渡会」へ見学に行った時の注意点や自分にピッタリの猫の探し方をご紹介します。

 

まずは行く前にチェック

出かける前にご自身が猫を飼える状況なのか考えてみましょう!下のチェック項目を考えてみて、引っかかる点はないでしょうか?

  • お住いはペット可の物件ですか?
  • ご家族は猫を飼うことに賛成していますか?
  • 経済的に猫を飼う余裕があるでしょうか?
  • 終生飼育・完全室内飼育・不妊去勢手術を了承頂けますか?
  • 転勤・結婚・出産などの環境変化があっても飼い続けることができるかよく考えてみましょう。

   
条件満たしてれば行ってみましょう。 

Q.譲渡会に必要な持ち物は?また家族全員で行ってもいいのでしょうか?

A.譲渡会で必要な書類はありません。できるだけご家族一緒でお越しいただき、猫を決めてください。

譲渡会で猫を見ましょう!

猫2
猫のケージの前に、プロフィールが書いてある紙があります。分からないことはボランティアさんに聞いてみましょう。触ったり、抱っこしたい場合は、ボランティアさんに必ず声をかけてください。

猫の見学の仕方

Q.どんな猫が合っているかというのがあれば教えてください。

A.初めて猫を飼う方は、人慣れしている扱いやすい猫が良いので会場担当者にご相談ください。高齢の方は万が一の場合は頼める親族の方が必要です。共働きの方はお留守番可能な生後4ヵ月以上の猫ちゃんをお勧めします。

Q.ハンディのある猫は譲渡の条件が健常な猫と変わりますか?

A.片目、エイズ陽性などハンディがあっても普通に室内で生活できる猫なので譲渡条件は同じです。

猫の譲渡条件は一般的に、完全室内飼い、脱走防止策、避妊去勢手術を必ずする、などがあります。それ以外に、猫の性格によって条件が増えることがあります。
例)他の猫がダメな猫の場合。→ 先住猫がいない事、1匹飼いを約束してくれる方
例)子猫の場合 → 子猫の場合は体調の変化など何があるか分からないため、一人暮らしや留守番の多い家がNGとなることがあります。

猫の個性を確認し譲渡条件を事前に保護主さんやボランティアさんと話してみましょう。

Q.避妊去勢の時期を里親さんとどのように取り決めてますか?

A.譲渡の際に生後6ヵ月頃に避妊去勢をする誓約書をお願いしています。

飼いたい猫が見つかったら

猫2_a

猫の性格や譲渡条件など、詳しいことを担当の方に確認してから申込みをします。当日里親さん候補が複数いた場合には後日ご連絡になる場合もあります。先着順ではありません。完全室内飼いができない、猫だけのお留守番の時間が長くて無理な場合など、お断りの可能性もあります。トライアルで一定期間、猫がその環境に馴れるかなどを確認する事もあります。条件が決まったら、お互いの認識に間違いがないか再度確認と、猫が来るまでに必要な環境づくり、グッズを確認しましょう。医療費などの寄付も確認しましょう。

猫の譲渡会では

譲渡会に参加している保護主さんやボランティアさんは、猫の一生を決める里親さん探しに真剣に取り組んでいます。猫を飼いたいと思ったら、ゆめねこ譲渡会へ見学に行ってみてください。運命の猫と出会えるかもしれません。

第三部は【ゆめねこ譲渡会/第三部】猫が我が家にくるまでの準備をご紹介します。こちらからどうぞ!

 
 

関連カテゴリ