2016年6月29日更新

バーミーズをお迎えしたい人に知ってほしい、バーミーズのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

バーミーズは、他の猫の原種でもある猫種です。他の猫や子供とも一緒に暮らすことができますし、滅多に鳴かないことから、慈悲深い猫とも言われています。

そんな慈悲深い猫、バーミーズをブリーダーからお迎えするには、どんなことに注意すればよいのでしょうか?

 

ブリーダーについて

ブリーダーからお迎えするメリットは、どんなところにあるでしょう?ブリーダーでは、基本的に個人の自宅で開かれている場合が、ほとんどです。そのため、生後間もない子猫が接触する人間は限られています。他の生き物との接触も最小限でしょう。このことから、感染症などの疑いがほとんどない、健康的な子猫をお迎えできます。これは大きなメリットです。

社会性の高い猫が多いというのもメリットの1つです。ペットショップなどで売られている子猫は生後間もなく親猫の元を離れなければなりません。反対にブリーダーのもとで育った猫は母猫や兄弟猫と遊ぶ時間がたくさんあるため、社会性のある猫が多いのです。

ブリーダーからお迎えする時の注意点


画像出典:shellac
ブリーダーと一口に言っても、猫に対する愛情を持って、真摯に繁殖活動をしている方だけではありません。中には、金銭目的のために、健康状態に配慮せず繁殖を行っている場合もあるでしょう。ブリーダーを探す時には、ブリーダー自身も観察してください。

信頼できるブリーダーを探すために、まずは動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか、確認してください。日本では、動物を繁殖して販売するためにはこれらの登録が必要です。ブリーダーさんとの付き合いは長くなるため、気軽に相談できる人柄であるか、バーミーズについての知識は豊富かなどを確かめましょう。

 

バーミーズのブリーダーを探すには?

バーミーズのブリーダーは、多くないかもしれません。しかし、根気強く探してみましょう。下記のサイトでは、全国でバーミーズを取り扱っているブリーダーを紹介しています。ブリーダーごとの、口コミ情報もあるので、是非参考にしてください。

ブリーダー以外のお迎え方法


画像出典:ollie harridge
お迎えする方法は、ブリーダーだけではありません。ペットショップでは、好みの条件を伝えるだけで全国から探して最寄りのショップまで、届けてくれるサービスもあるようです。

最近では保護猫の里親になる方も多くいます。インターネットやSNSが普及したおかげで、保護猫を簡単に探すことができるようになりました。里親という選択肢も、一度考えてみてはいかがでしょうか?

バーミーズをお迎えするために

バーミーズは、アメリカン、ヨーロピアンともに人間が好きで穏やかな性格で、家猫として飼うのにとても向いています。そんなバーミーズは里親としてお迎えしても、きっと一緒に楽しく暮らせることでしょう。是非、それぞれのメリットデメリットを知り、自身が納得できる方法でお迎えすることが良いでしょう。

 
 

関連カテゴリ