2016年5月30日更新

最も古い歴史を持つ犬種の1つバセンジーの魅力4選

アフリカはコンゴ生まれのバセンジー。正方形に近い体つきと膝から下が長い足をしているのが特徴です。ピンと立った耳やくるりと巻いた尻尾、鼻筋のとおったすっきりした顔立ちがどこか日本犬に似ていて親しみを感じます。でもバセンジーの魅力は見た目だけではありません。バセンジー の魅力的な世界を少しご紹介します。

長い歴史も魅力の1つ

バセンジーの魅力を語るうえで絶対に知っておきたいことは、バセンジーの持つちょっと特殊な長い歴史です。

バセンジーは全犬種の中でも最も古い歴史を持つ、原種に近い犬種の1つだといわれています。原産地は中央アフリカのコンゴで、なかでも交通の便がよくないかなり孤立した地域が出産地になります。そのため他の犬種との交わりもなく、数千年に渡ってバセンジーの純粋性が保たれてきたといわれています。

バセンジーに対する最も古い記録は、古代エジプトのファラオにバセンジーが献上されたというもので、同時代の遺跡の中から出土する美術品にもバセンジーによく似た犬が描かれていることからも、バセンジーが古代エジプトの王族たちによって保護されてきたことがわかります。

エジプト王朝の滅亡後は、コンゴの奥地でピグミー族とともに主には猟犬として、アフリカの大地に根付いた野性的な生活を送ってきたと考えられています。

このような歴史が他の犬種とはかなり異なる、特殊な犬種バセンジーを生み出したのです。

予測のつかない行動が中毒性を呼ぶ?

他の犬種との交わりのなかったバセンジーは、犬らしいというよりは猫のようなオオカミのような、一般的にペットとして飼われている犬種とはちがう、一風変わった行動をとることが多いようです。

たとえば排泄をしたあと、多くの犬種は自分の排せつ物の臭いをかいだり土をかけたりその場にいることが多いと思いますが、バセンジーの多くはその場から走って逃げようとする犬が多いようです。

またとても狭いところに閉じ込められることが嫌いで、バリケンにいれれば壊してでも外に出ようとするし、跳躍力がすごいのでサークルにいれても飛び出して脱走してしまうようです。そのため一緒に移動するときは公共の交通機関を利用することは難しく、大型犬と同じように自家用車で移動しなければならないようですね。

その他にも多頭飼いをするとお互いを猫のようになめ合ってグルーミングしたり、尻尾を振ることがなかったりもするそうです。

このように他の犬種にはない一風変わった行動をとるバセンジーは、誰にでも飼える飼いやすい犬種とはいえませんが、しっかりとバセンジーと向き合うことのできる人にとっては、バセンジーを飼ったら他の犬種は面白くないとまでいわせてしまうほど中毒性の高い魅力的な犬種のようです。

ほとんど吠えないのでご近所トラブルになりにくい

バセンジーは他の犬種のように威嚇や警戒のために、いわいるワンワンというような吠え声は出しません。だからといってまるで鳴かないというわけではなく、他の犬が遠吠えをしたような時や嬉しい時などに独特の声で鳴くことがあるようです。この独特の鳴き声をスイスのヨーデルにかけて、バセンジーはヨーデルのような鳴き声で鳴くとよくいわれています。

またバセンジー同士が喧嘩をする時は猫のような甲高い声を出したり、甘えたい時は喉にかかったようなちょっと不思議な声を出すといわれています。

ただバセンジーがほとんど吠えないのは事実のようですね。無駄吠えもなくまた獣臭も少ない犬種なので、マンションなどの集合住宅でも飼いやすいのも魅力的です。

小型ながらタフで機敏

バセンジーは柴犬と同じくらいのサイズの小型犬ですが、引き締まった筋肉質な体をしておりタフでとても運動能力の高い犬種です。前にも書いたとおりサークルなどの柵を飛び越えることができるほどの跳躍力を持っており、ダブルサスペションギャロップといわれる前足と後ろ足を同時に動かし背中を使って走る走法もこなすことができます。

バセンジーは長い間ピグミー族の猟犬として飼育されてきました。その狩りの方法はバセンジーの首に大きな鈴をつけて、集団で獲物を罠へと追い込む方法だったようです。数千年もの長い時間、アフリカの熱く広大な自然の中で獲物を追って走り回ることが仕事だったわけですから、タフでパワフルなのは当然なのかもしれません。

ただ野性味が強く、頑固で独立心も旺盛な犬種なのでトレーニングはとても難しいといわれています。特に呼び戻しの訓練が入りにくいことで有名なので、ドッグスポーツなどにはやや不向きな犬種かもしれませんね。

自由気ままに長い時間をかけてウォーキングを楽しむような人には、最高のパートナー犬になってくれそうです。

魅力溢れるバセンジーの世界

いかがでしたか?

ここにご紹介したのはバセンジーの魅力のほんの1部です。人にも個性があるように犬も1匹1匹違った個性を持っていますから、その魅力もまた十人十色です。

ただその魅力を引き出すためにはしっかりとしたしつけと、社会性がきちんと身についていることが前提になります。バセンジーの場合は警戒心が強く、急に人に手を出されたりすると噛んでしまうようなこともあるようです。また夢中になると周りが見えなくなる傾向が強いようで、迷子や交通事故の危険性も指摘されています。

バセンジーとの生活を魅力あふれるものにするためには、十分な準備とバセンジー に対する正しい理解が大切なことは忘れないでください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

バセンジーの歴史、性格、寿命、特徴

バセンジーの歴史 中央アフリカ、コンゴの奥地にある孤立した村で狩猟犬として活躍していた犬が、バセンジーのルーツといわれています。 古くはエジプトの壁画にも描かれているとも言われており……

犬の習性

ブリーダーからバセンジーを迎える時の選び方やメリットは?

「バセンジー?」洗剤か何かの名前のような、あまり聞いたことのない犬種ですが、れっきとした古代からいる犬種なのです。あのクレオパトラにも愛された犬だとか。大きな耳とクルっと巻いた尻尾の吠えない……

バセンジー

バセンジーの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

吠えないことや、発情の周期が年に1回しかないことなど特殊な特徴を持つバセンジー。勝気なところがテリアのようだとも、内向的なところが猫のようだともいわれています。そんなバセンジーの価格の相場は……

犬の購入・入手方法

犬種ごとに『発情期』に違いはある?獣医師が解説します!!

犬は年に2回発情期があるということを聞いたことがある人は多いでしょう。それでは、年に1回しか発情期を迎えない犬種があることは知っていますか?また、初めての発情を迎える時期に小型犬と大型犬で違……

オス犬の去勢手術

バセンジー の寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

日本犬ではないのにどこか親近感を覚える見た目のバセンジー。吠えない、発情期が年1回しかないなど独特な生態でも有名な犬種です。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいると……

バセンジー