2016年6月15日更新

【ほほ笑み猫】シャルトリューの魅力3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

響きの美しい名前を持つ「シャルトリュー」。その昔ネズミを取る目的でフランスの修道院で飼われ人々の役に立っていたといわれています。日本ではあまり見かけない品種ですが母国フランスではとても大切にされているシャルトリュー。

特徴的な毛色と“微笑み”をもった表情でなんとも愛らしい姿をしています。そのおおらかな性格でペットとしては最適だといわれています。

 

美しい毛皮と評される毛並み


画像出典:Gayle Trautman
シャルトリューの魅力1点目は短毛種なのに“高級な毛皮”と評される美しい被毛です。

かつてその美しさから毛皮のために狩られてしまい、絶滅の危機にひんした過去を持っています。しかしブリーダーたちに守られ現在に至ります。シャルトリューの毛は“ブルーグレー”。感触は柔らかく、よく見るとシルバーも混ざっていて、そのため艶やかで色とりどりの光沢があり心地よい毛ざわり。密度の濃い毛は撥水効果も併せ持っています。

長毛種のように細やかなブラッシングは必要ありません。少々のコーミングと優しく撫でてあげるだけでその美しさを保つことができます。

いつでも微笑んでいる表情

シャルトリューの魅力2点目は“微笑みの猫”とよばれる、口角のあがった可愛い顔。

目も頭もまんまるに近い形をしていて、ふっくらとした鼻下に左右ともにクイっと上がった口角を持っているのでなんとも愛嬌のあるスマイル顔なのです。瞳の色は濃い金色やオレンジ、いつでもぱっちりと開いていて表情豊か。耳がやや小さめなので丸顔が強調されています。

からだはずんぐりとしていて足は短く丸めの品種で、更に微笑んでいるような外見から可愛らしさを醸し出していて癒されてしまいます。その雰囲気とは裏腹に機敏な動きをするところも魅力的ですね。

 

人なつこくおとなしい性格


画像出典:Mike McCune

シャルトリューの魅力3点目は、人を好きになってくれておとなしい性格です。

がっしりとした外見ですが無邪気で遊ぶことが大好き。元気いっぱいで活発というより、一人でも楽しくおもちゃで遊んでいられるタイプ。「犬のようだ」といわれるほど従順で飼い主さんに愛情を注いでくれます。

しつけをしやすい賢さも持っていて環境に適応する能力も高い品種です。また、意外と鳴き声が小さく、ご家庭でも受け入れやすいのではないでしょうか。適度に甘えてくれますがマイペースでもあります。無理なスキンシップは禁物ですがめいいっぱい愛情表現してあげましょう。

トップ画像出典:Mike McCune