2016年6月29日更新

ジャパニーズボブテイルをお迎えしたい人に知ってほしい、ジャパニーズボブテイルのブリーダーについて

ジャパニーズボブテイルは、その短い特徴的なしっぽが、海外でも人気があるそうです。しかし、その特徴的なしっぽを両親ともに有していなければ、ボブテイルは産まれません。

そんなジャパニーズボブテイルを、ブリーダーからお迎えするときの、注意点はどんなところでしょう?

ブリーダーについて

ブリーダーからお迎えるメリットは、そもそもどんなところでしょうか?まず、挙げられるのは精神的に安定している猫をお迎えできる点です。産まれた時から、ブリーダーの家族の一員として生活を送ります。その中で、母猫や兄弟から社会性を学び、人間への甘え方も教わるでしょう。ストレスフリーの環境で、のびのびと育つことができるため、飼いやすい猫に成長するでしょう。

身体的にも安心ができます。ペットショップの子猫たちは、生後間もなく長距離の移動を余儀なくされています。しかし、ブリーダーで産まれた子猫たちは、移動は最低限で済みますし、他の動物との接触はほぼないでしょう。感染症の心配もなく、健康な子猫をお迎えできます。

ブリーダーからお迎えする時の注意点

ブリーダーの中には、金銭目的のために近親交配を行っていたり、劣悪な環境で飼育している可能性もあります。悪徳ブリーダーから購入しないために、まずは動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか、確認してみましょう。

それから、ジャパニーズボブテイルに対する知識は、しっかりとあるでしょうか?ブリーダーとは、長い付き合いになるでしょう。何か問題があったときや、飼育上の注意があれば、問い合わせる必要もあります。知識も経験もあるブリーダーであれば安心です。

長い付き合いになる以上、人柄も重要です。ジャパニーズボブテイルに対して、愛情は感じられたでしょうか?メールや電話の対応はどうでしょうか。心配なことがあれば、しっかりと質問をしておきましょう。

ジャパニーズボブテイルのブリーダーを探すには?


画像出典:ようてい
ジャパニーズボブテイルのブリーダーは、そう多くはないようです。ブリーダーを探すまでに、相当時間を要するかもしれません。下記サイトでは、全国のブリーダーを紹介しています。しかし、残念ながら掲載は少ないようです。
みんなのジャパニーズボブテイル子猫ブリーダー

ブリーダー以外のお迎え方法

ブリーダー以外にも、お迎え方法は様々あります。誰でも一度は、ペットショップへ足を運んだことがあるでしょう。最近では、インターネットやSNSが普及しているため、里親という方法もあります。まずは、希望する条件を考えてみましょう。そのうえで、自身に合ったお迎え方法を選択してください。

ジャパニーズボブテイルをお迎えするために


お迎え方法は多様にあり、その中にもメリット、デメリットがあるでしょう。それぞれを理解したうえで、選択できると安心です。また、ジャパニーズボブテイルの血統書付き子猫を求めている場合、探すまでには時間がかかるでしょう。血統書や子猫にこだわらなければ、選択肢は広がります。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師が解説】何がいつ必要なの?子猫に必要な検査や予防とは

子猫をお家に迎えた場合、できれば早めに一度動物病院で診てもらっておくことをお勧めします。その目的は健康診断ですが、家に先住猫がいる場合は、子猫が持っている病気が感染してしまうのを防ぐという意……

猫のワクチン接種

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意1 先住の犬や猫がいる場合の注意

「子猫を保護したものの自宅にはすでに犬や猫がいる」という場合、保護した子猫から先住の犬や猫への感染症や、先住の犬や猫と保護した子猫がうまくやっていけるかなどの心配事があることでしょう。今回は……

オリエンタルをお迎えしたい人に知ってほしい、オリエンタルのブリーダーについて

オリエンタルという猫は、元々はシャム猫からきているそうです。性格は、優しく甘えたがりな子が多いようです。でもやきもち焼きな一面もあるようで、長期間放っておかれるとスネてしまうようです。そんな……

猫を迎える際の注意

【獣医師が解説】子猫に必要な世話のひとつ、排泄の介助

生まれて間もない子猫を保護した時、 「保温」と「授乳」と合わせて、子猫に必要な世話のひとつに「排泄の介助」があります。母猫がそばにいる場合、子猫は自力で排泄できるようになるまでは、母猫が子猫……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫の住環境。生後1カ月までの子猫の場合。

子猫を保護したら、子猫が穏やかに暮らし、健やかに成長できるような住環境を整えましょう。適切な住環境を整えることは、子猫だけでなく、子猫を保護した人やその家族の健康や安全を守るためにもとても大……

初めて猫を飼う心構え

猫をマンションで飼う時に注意したいこと、考えておきたいこと

猫との楽しい暮らしをマンションで過ごす方も多いものです。しかし、マンションはたくさんの方が住んでいるからこそ、ルールを守ることが必要です。また、お部屋の中でも、気をつけておきたいことがたくさ……

猫のストレス

【獣医師が解説】子猫がどうしてもミルクを飲んでくれないときは・・・異変が起きる前に確認しておきましょう。

子猫にどうしてもミルクを飲ませることができない時には、まずは落ち着いて子猫の状態をよく見てあげてください。子猫が明らかにぐったりしていて元気がない場合や、保温しているにも関わらず子猫の体温が……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意2 人に伝染る病気に注意

子猫を保護した時、気になることのひとつが感染症ですね。子猫がもつ病原体の中には、時に人の体に害を及ぼすものもあります。子猫と家族が健康に暮らしていくにはきちんとした感染症対策が必要です。今回……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫の授乳をする時の注意点

生まれて間もない子猫を保護したら、その日から子猫への授乳を行なうことが必要です。生まれて間もない子猫への授乳を適切に行なうことは、子猫の命を守るためにとても大切なことなのです。ここでは、保護……

初めて猫を飼う心構え

ターキッシュバンをお迎えしたい人に知ってほしい、ターキッシュバンのブリーダーについて

ターキッシュバンは、水を泳ぐ猫とも言われています。とても賢く、愛情を持って接してくれます。ただ、野性的な一面もまだまだ残っているために長い時間抱っこされたり、撫でられるのはあまり好まないよう……

猫を迎える際の注意

【獣医師が解説】猫を拾ったらなるべく早く獣医師へ診断しましょう。

母猫の育児放棄や病気など何らかの事情で母猫のいない子猫を保護したら、まずは動物病院を受診してください。動物病院を受診し、必要な検査や処置を受けることで子猫の生存率は上がるのです。今回は、保護……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】哺乳瓶からミルクを飲んでくれない時は…慌てないでこちらをお読みください!

保護した子猫を動物病院へ連れて行って健康診断や必要な処置を受け、哺乳瓶などの授乳グッズをそろえ、いざ、自宅での子猫への授乳をスタート。でも、子猫が哺乳瓶からミルクを飲んでくれない…。そんなこ……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】子猫を保護した時の緊急措置方法!必ず読んでください!!

母親のいない子猫を保護した場合、保護した子猫には人間がミルクを与えなくてはなりません。特に、生まれて間もない子猫は一日に何度もミルクを飲むことが必要です。本来、子猫の哺乳には子猫専用のミルク……

初めて猫を飼う心構え

バーミーズをお迎えしたい人に知ってほしい、バーミーズのブリーダーについて

バーミーズは、他の猫の原種でもある猫種です。他の猫や子供とも一緒に暮らすことができますし、滅多に鳴かないことから、慈悲深い猫とも言われています。 そんな慈悲深い猫、バーミーズをブリーダ……

猫を迎える際の注意

ピクシーボブをお迎えしたい人に知ってほしい、ピクシーボブのブリーダーについて

ピクシーボブは、野性の血を受け継いでいるものの、とても社交的で人間の言葉を、理解してくれるような賢い猫です。人間とのコミュニケーションを大切にするからこそ、構ってあげる時間を作ってあげましょ……

猫を迎える際の注意