2016年6月29日更新

マンクスをお迎えしたい人に知ってほしい、マンクスのブリーダーについて

マンクスの特徴は、ほとんど存在しない尻尾でしょう。マンクスと呼ばれるのは、尻尾がなく、短毛の種だけです。性格も、とても穏やかで大人しく、飼い主に対して愛情深い猫が多いようです。

そんなマンクスをブリーダーからお迎えするには、どんなところに注意が必要でしょうか?

画像出典:ismael villafranco

ブリーダーについて

ブリーダーからお迎えするメリットは、家猫として飼いやすい猫をお迎えできる点でしょう。不特定多数の人間と触れ合う必要がある、ペットショップの子猫たちと違い、ブリーダーの家で産まれ育った子猫は、人間にも慣れ精神的に安定しています。夜中に寂しがったり、お留守番ができなかったりといった、心配も少ないでしょう。産まれた時から、家族の一員として過ごしているため、別の家族の一員になったとしてもすぐに馴染むことができるようです。

ペットショップの子猫たちは、生後間もなく長距離の移動を余儀なくされています。他の動物との接触や人間との接触も多いため、感染症が心配です。ブリーダーでは、感染症の心配はないに等しいでしょう。

心身ともに健康な子猫をお迎えすることができることは、ブリーダーの大きなメリットです。

ブリーダーからお迎えする時の注意点


画像出典:Alan
残念ながら、ブリーダーの中には母猫に無理な繁殖をさせたり、金銭だけを目的とした悪徳ブリーダーも存在します。悪徳ブリーダーから購入しないためには、まず動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか、確認しましょう。

また、マンクスについての知識は豊富でしょうか?ブリーダーからお迎えした場合、ブリーダーとの付き合いは長いものになります。知識がしっかりとしていないと、相談もできません。購入する前に、かかりやすい病気や飼育上の注意などについても質問してみましょう。

見学に行った時には、母猫や兄弟の様子も確認してください。猫の生活環境は清潔に保たれているか、確認してみましょう。

マンクスのブリーダーを探すには?

マンクスのブリーダーは、かなり少数かもしれません。探すまでには、かなりの時間を必要とするでしょう。下記のサイトでは、全国のブリーダーを紹介しているサイトですが、残念ながら現在は募集が出ていません。時間はかかっても、根気強く探してみましょう。

みんなのマンクス子猫ブリーダー

ブリーダー以外のお迎え方法


画像出典:Alan
猫をお迎えする方法は、他にもあります。ペットショップはもちろんですが、最近ではインターネットやSNSで里親という選択をする人も、増えています。

里親になると聞くとハードルが高く感じられるかもしれませんが、まずは里親について詳しく知るところから始めてください。ペットショップでは、お金を出せば、購入することができます。それに比べると、手間はかかるかもしれませんが、それでも命を救うことができます。

マンクスをお迎えするために

お迎えする方法は、様々です。それぞれにメリットデメリットがあるでしょう。自身が重要視する条件をはっきりさせて、どこからお迎えするのが最適か考えましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫を飼う前にまず猫カフェで猫について学んでみてはいかがでしょうか

どんな猫が我が家に向いているのか ちょっと前までは、捨て猫や野良猫と出会う機会がよくありましたが、今ではその出会い方そのものが少なくなりつつあります。 猫を飼ってるお宅からの「子……

初めて猫を飼う心構え

【獣医師が解説】猫を拾ったらなるべく早く獣医師へ診断しましょう。

母猫の育児放棄や病気など何らかの事情で母猫のいない子猫を保護したら、まずは動物病院を受診してください。動物病院を受診し、必要な検査や処置を受けることで子猫の生存率は上がるのです。今回は、保護……

初めて猫を飼う心構え

猫をマンションで飼う時に注意したいこと、考えておきたいこと

猫との楽しい暮らしをマンションで過ごす方も多いものです。しかし、マンションはたくさんの方が住んでいるからこそ、ルールを守ることが必要です。また、お部屋の中でも、気をつけておきたいことがたくさ……

猫のストレス

マンクスをお迎えしたい人に知ってほしい、マンクスのブリーダーについて

マンクスの特徴は、ほとんど存在しない尻尾でしょう。マンクスと呼ばれるのは、尻尾がなく、短毛の種だけです。性格も、とても穏やかで大人しく、飼い主に対して愛情深い猫が多いようです。 そんな……

猫を迎える際の注意

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意1 先住の犬や猫がいる場合の注意

「子猫を保護したものの自宅にはすでに犬や猫がいる」という場合、保護した子猫から先住の犬や猫への感染症や、先住の犬や猫と保護した子猫がうまくやっていけるかなどの心配事があることでしょう。今回は……