2016年6月29日更新

コーニッシュレックスをお迎えしたい人に知ってほしい、コーニッシュレックスのブリーダーについて

コーニッシュレックスは、他の猫では見ることのないくるくるとした被毛が、特徴的です。このくるくるとした被毛は、突然変異で産まれたそうです。性格も、活発で人間と遊ぶのが大好きで、おもちゃを投げて持ってくるような遊びができたりと、賢い一面もあります。

そんなコーニッシュレックスをブリーダーからお迎えするにあたり、注意すべきはどんなところでしょうか?

画像出典:Anna-Stina Takala

ブリーダーについて

ブリーダーからお迎えするメリットは、家猫として飼いやすい点です。ブリーダーで生まれ育った子猫は、産まれた時から家族の一員として生活をします。そのため、譲り受けた家庭でも馴染むことができるでしょう。また、生後間もなく母猫や兄弟と離されることもないため、社会性を学ぶ時間もあります。成猫になったときにも、精神的に安定しています。家猫として生活する上で、もっとも重要なことでしょう。

ペットショップの子猫は、生後間もなく長距離の移動を強いられていることも少なくありません。不特定多数の人間と接する機会もあるうえに、他の動物に囲ませて生活をします。そうなると心配なのは、感染症です。ブリーダーではそういった心配がないために、健康な子猫をお迎えすることができるでしょう。

ブリーダーからお迎えする時の注意点


画像出典:Adam
ブリーダーの中には、金銭目的のためだけに繁殖をしている方もいます。近親交配なども行っている可能性もあります。そんな悪徳ブリーダーから購入しないために、まずは動物取扱業と動物取扱責任者の登録をしているか、確認をしましょう。日本では動物を繁殖・販売をするためには、上記の登録が必要です。

猫の生活環境にも、注意が必要です。清潔で猫たちは元気に、過ごしているでしょうか?見学の際には、確認をしてください。

ブリーダーとのお付き合いは、とても長くなる可能性が高いでしょう。購入後にも、疑問や注意点がある時には一番に、相談ができる相手である必要があります。人柄や相性も大切です。それから、コーニッシュレックスについての知識は豊富でしょうか。疑問に思ったときや飼育上の疑問など、相談ができるでしょうか?まずは、疑問に思ったことや不安を必ず尋ねてみましょう。

コーニッシュレックスのブリーダーを探すには?

コーニッシュレックスのブリーダーはそこまで多くはないかもしれません。希少種をお迎えするには、時間がかかる場合があります。しかし、インターネットで検索をするとコーニッシュレックスを取り扱っているブリーダーは、存在します。

下記のサイトでは、レックス種というくくりで繁殖をしているようです。レックスのマニュアルというページもあるほど、知識があるので、信用できるのではないでしょうか。
REX-BOX

ブリーダー以外のお迎え方法


画像出典:Anna-Stina Takala
猫のお迎え方法は、ブリーダーだけではありません。ペットショップは誰もが真っ先に思い浮かべるお迎え方法でしょう。

最近では、インターネットやSNSの普及により、里親としてお迎えする人も増えています。ぜひ一度、ブリーダー以外のお迎え方法について知ろうとしてください。希少な猫だと、それだけで選択肢は狭まってしまうかもしれませんが、知っているのと知らないのとでは、大きな差があるでしょう。

コーニッシュレックスをお迎えするために

コーニッシュレックスは、日本では希少な猫のため、お迎えするまでには時間がかかるかもしれません。しかし、諦めずに自身に合った猫をお迎えできるように探してみましょう。まずは、自身の希望をまとめましょう。そのうえで、お迎えする方法を決めると良いでしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師が解説】子猫の授乳をする時の注意点

生まれて間もない子猫を保護したら、その日から子猫への授乳を行なうことが必要です。生まれて間もない子猫への授乳を適切に行なうことは、子猫の命を守るためにとても大切なことなのです。ここでは、保護……

初めて猫を飼う心構え

保護猫を貰うとき☆知っておいて欲しい保護猫を移動する時の思いやり

「猫を拾ったから、あなたの家で貰ってくれない?」 年に何回かこんな連絡を貰います。親しい友人はみんな犬や猫好き。自分が飼えれば良いのですが、100%先住猫や犬がいる環境です。 ま……

猫のストレス

獣医師に聞いた! 犬・ネコとのスキンシップによる人体への感染のリスクとは

飼い主にとって、ペットの犬や猫は我が子同然、抱っこや頬ずりはもちろん、ときにはキスをしたくなりませんか? でもこの行為は人間の身体に影響はないのでしょうか? 実際、獣医師かつ、とよす動物病院……

犬を迎える際の注意

【獣医師が解説】猫を拾ったらなるべく早く獣医師へ診断しましょう。

母猫の育児放棄や病気など何らかの事情で母猫のいない子猫を保護したら、まずは動物病院を受診してください。動物病院を受診し、必要な検査や処置を受けることで子猫の生存率は上がるのです。今回は、保護……

初めて猫を飼う心構え

猫の多頭飼い、本当に大丈夫!?環境と猫の性格を考えることを忘れずに

猫にはそれぞれ性格があり、多頭飼いすることで猫との暮らしがますます楽しく幸せになる方も多くいます。一方で、なかなか猫同士が仲良くなることができず、お部屋を分けて暮らしているという方もいます。……

猫のストレス