2016年12月24日更新

犬に嫌われるのにはワケがある?犬に嫌われる6つの行動とは?

 
 

「自分は犬が大好きなのに犬に嫌われる」「大勢いる中でなぜか自分だけ犬に避けられる」・・・もし、あなたがそう悩んでいるのであれば、その理由はあなたの行動にあるのかもしれません。犬には犬独自の行動パターンや習性があり、それを無視すると犬はあなたに懐きません。一体、どんな行動が犬に嫌われるのか探ってみましょう。


犬にいきなり手を出す


初対面でいきなり犬に触れようとしたり、高い位置から犬に手を出そうとすると犬は警戒して身を引いたり、吠えたりすることがあります。犬にとって人間は大きな動物です。その大きな動物がいきなり近づいてきたら、犬は自分を守るために警戒せざるを得ないでしょう。人間の場合でも知らない人がいきなり触ろうとしてきたら同じように警戒するはず。犬の気持ちを自分に置き換えれば、嫌われる理由は分かりますね。

犬に触る場合には、なるべく身を低くして犬の目線まで下がり、落ち着いた声で話しかけながら近づくこと。犬の方から顔を近づけ匂いを嗅いできたらそのまま匂いを嗅がせましょう。その上で犬があなたに興味もっているようなら優しくタッチするのがオススメです。初めての犬の場合は飼い主さんに触っても大丈夫かどうか事前に確認することも大切です。


すぐに怒る


犬が言うことを聞かない時にいきなり怒る人に対して犬は懐きません。犬は「なぜ、怒られているのか」理解できませんし、湧き出てくるのはお詫びの気持ちではなく、恐怖心や戸惑いです。

飼い主さん側としてはしつけの一環だと思っているかもしれませんが、叱責はしつけにはなりません。しつけをする場合にはむしろ辛抱強く何度も教え、正しい行いをしたら褒めるというルールで行わなければならないのです。

 
 

ペット生活

編集部