2016年6月29日更新

バリニーズをお迎えしたい人に知ってほしい、バリニーズのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

バリニーズは、シャムの突然変異で生まれた猫です。その見た目もシャムと違うのは、被毛の長さだけで性格や体型などは、変わりません。猫らしいわがままな一面や、神経質で甘えんぼなその性格は、猫好きにはたまらないでしょう。

そんなバリニーズをブリーダーからお迎えするときの、注意点をご紹介します。

画像出典:Carol VanHook

 

ブリーダーについて

ブリーダーからお迎えするメリットは、精神的に安定している子猫をお迎えできる点です。ペットショップで販売されている子猫も、元々はブリーダーで産まれた子猫です。しかし、生後間もなく、母猫や兄弟と離されてしまうため、社会性や猫との関わり方を学ぶことができません。それに加え、人間にも母猫にも甘えられる時間が与えられません。

これでは、成長した時にも精神的に安定せずに、家猫として飼いにくくなってしまいます。ブリーダーで産まれ育った子猫は、母猫や人間に甘えることを知っています。そのため、環境にもすぐに慣れて甘えたり遊んだりができるようになるでしょう。精神的にも安定していて、家猫として一緒に生活を送りやすい子猫を、お迎えできるでしょう。

また、ブリーダーからお迎えするメリットは、純血種であることはもちろんですが、チャンピオンの血統などにもこだわることができます。ブリーダーで親猫として繁殖をさせる猫は、基本的に種として優秀な猫である場合が多いでしょう。そのため、大会などで優勝していたりする猫の子孫を、譲ってもらえる場合も多々あります。ペットショップでは、愛玩目的でしか販売されていませんが、もし興味があれば血統についても聞いてみましょう。

ブリーダーからお迎えする時の注意点

ブリーダーだからと言って、すべてのブリーダーが優良な子猫を扱っているかと言えば、そうではありません。なかには、金銭目的のためだけに、近親交配などを行っている場合もあるでしょう。そういった悪徳ブリーダーから購入しないために、まずは動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか確認してみましょう。日本で動物を繁殖販売するためには、これらの登録が絶対に必要です。

バリニーズに関する知識が、あるかどうかも重要です。ブリーダーとの付き合いは、長くなる可能性が高いでしょう。そのため、飼育上の不安なことや疑問をぶつけてみましょう。知識が豊富で質問にもしっかりと答えてくれるブリーダーを選びましょう。

見学に行った際には、人柄などに加え、猫の生活環境にもご注意ください。清潔に保たれていますか?いつでも新鮮な水が飲めるように配慮されているでしょうか?母猫や兄弟の様子も見てみましょう。

 

バリニーズのブリーダーを探すには?


画像出典:Kristin Nador
バリニーズは日本では、希少な猫です。そのため、ブリーダーを探すこと自体が困難となるかもしれません。全国のブリーダーを紹介しているサイトでも、掲載されていないことがあります。

こちらのブリーダーでは、他の猫種とあわせてバリニーズを取り扱っているようです。
catterynoblu

ブリーダー以外のお迎え方法


画像出典:Carol VanHook
ブリーダーについてご紹介しましたが、お迎えする方法はブリーダーだけではありません。ペットショップでの購入は、誰でも手軽にできるため一番多いかもしれません。

最近ではインターネットやSNSが普及しているために、里親としてお迎えする方も増えているようです。里親と聞くと、ハードルが高く感じられるかもしれませんが、ぜひ一度、里親について詳しい情報を知ってみてください。考えているほど、難しくはありません。

バリニーズをお迎えするために

バリニーズをお迎えするまでには、かなりの時間を要するかもしれません。しかし、こだわりがあるようであれば探してみましょう。まずは、譲れない条件を明確にしてみましょう。それぞれに合った方法で、お迎えができるようにメリットデメリットを考えてみてください。