2016年6月29日更新

ピクシーボブをお迎えしたい人に知ってほしい、ピクシーボブのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ピクシーボブは、野性の血を受け継いでいるものの、とても社交的で人間の言葉を、理解してくれるような賢い猫です。人間とのコミュニケーションを大切にするからこそ、構ってあげる時間を作ってあげましょう

。そんな可愛らしい性格のピクシーボブを、ブリーダーからお迎えするにあたり、注意すべきはどんなところでしょうか?

 

ブリーダーについて


画像出典:Nathalie Bent
ブリーダーからお迎えするメリットは、純血の子猫をお迎えできる点でしょうか。チャンピオンの血筋であることも珍しくありません。種として理想的な子猫をお迎えできるでしょう。

身体的にも健康である可能性が高い点もメリットです。ペットショップの子猫は、生後間もなく長距離の移動を経験しているかもしれません。それに加えて、複数の動物を取り扱っていたり、不特定多数の人間と接触する機会もあるために、感染症が心配です。ブリーダーでは、そんな心配は無用です。家族の一員として、不必要な接触はさせません。健康には、一番に気を配っているでしょう。

ブリーダーからお迎えする時の注意点

ブリーダーだからと言って、すべてのブリーダーが信用できるかといえば、そうではありません。なかには、生体管理をあまり行っていない場合もあるでしょう。信用できるブリーダーから、購入しましょう。

信用できるブリーダーを見分ける手段としては、まずは動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか確認しましょう。

疑問や心配事は、早めに相談をしてみましょう。質問には、的確な答えをしてくれたでしょうか?ピクシーボブに関する知識があるかどうかも、確認してください。飼育上の注意やかかりやすい病気についても、教えてくれましたか?

最後に、ピクシーボブに対する愛情は感じられましたか?希望した子猫の個性についても話してくれるでしょう。猫に対する愛情があるからこそ、飼い主の家族構成や住まいについても話が及ぶのではないでしょうか。

 

ピクシーボブのブリーダーを探すには?


画像出典:Nathalie Bent
ピクシーボブのブリーダーを探すには、時間を要するかもしれません。日本では、希少種であるためにブリーダーが少ないでしょう。どうしてもほしい方の中には、海外から取り寄せを行う方もいるようです。下記サイトは、海外から取り寄せを行ってくれるサイトです。
インポート・キャット

ブリーダーの中には、個人のHPを持たずに口コミだけで行っている場合も多々あります。TICAなどに取り扱っているブリーダーを問い合わせてみるのも良いでしょう。

ブリーダー以外のお迎え方法

ブリーダー以外のお迎え方法は、ペットショップや里親でしょうか。希少な猫種のために、ペットショップでも取り寄せになる可能性が高いでしょう。

里親という方法もあります。インターネットやSNSが普及している現代では、里親の募集を閲覧することも簡単です。しかし、ピクシーボブが掲載されていることはほとんどないでしょう。品種にそこまでこだわりがないようでしたら、里親という方法も選択肢の1つにしてください。あなたの行動次第で1つの命が救われます。

ピクシーボブをお迎えするために

ピクシーボブをお迎えするには、時間がかかるでしょう。国内のブリーダーがかなり少ないようであれば、海外から輸入する必要があるでしょう。まずは、里親の募集がないかどうか調べてみてからでも遅くはありません。飼い主にも、ピクシーボブにも負担のないお迎え方法が理想です。

 
 

関連カテゴリ