2016年6月29日更新

キムリックをお迎えしたい人に知ってほしい、キムリックのブリーダーについて

キムリックは、マンクスの被毛が長い猫種です。その長毛として産まれてくる確率はたった25%ほどと言われていて、とても希少な猫です。希少なキムリックの性格は、神経質で飼い主と認めた人間にしか懐きません。飼っている人を探すのも大変そうな、キムリックをお迎えする場合に、注意するべきはどんなところでしょうか?

画像出典:Stanton McCandlish

ブリーダーについて

ブリーダーからお迎えする上でのメリットは、精神的にも身体的にも健康な点です。

ペットショップで販売されている子猫も、元々はブリーダーで産まれた子猫です。しかし、生後間もなくにオークションに出され、長距離を移動している場合も多々あります。不特定多数の人間との接触もあるため、ストレスがかかり、免疫力が低下している可能性もあるでしょう。

そのうえ、ペットショップでは他の動物との接触があるため、感染症が心配されます。精神的にも、ペットショップの子猫は、生後間もなくに母猫や兄弟と離されてしまうために、甘えたり社会性を学ぶ機会がありません。家族という形を知ることもできないため、家にもなじみにくいでしょう。

一方、ブリーダーでは産まれた時から家族の一員として、暮らすことができます。長距離の移動や他の動物との接触も、ありません。広い室内を走り回り、兄弟と遊ぶことができるために、ストレスフリーの環境で育つことができます。

この生後数か月の過ごし方は、成猫になってからも影響します。ブリーダーから購入した猫のほうが、人間にも環境にも馴染むことができるでしょう。

ブリーダーからお迎えする時の注意点

希少な猫のブリーダーは、選べない場合が多いでしょう。他にいない場合も考えられます。ブリーダーを見つけることができたら、そこから購入することをお勧めします。キムリックの場合には、産まれる確率も低いため、購入の際には出産待ちになることもあります。希望した時に、すぐお迎えすることはできないでしょう。

優良なブリーダーを見分けるためには、動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか、確認をしましょう。キムリックについての知識もあるか確認ができると安心です。

見学に行った際には、人柄などに加え、猫舎の環境にもご注意ください。清潔に保たれていますか?いつでも新鮮な水が飲めるように配慮されているでしょうか?母猫や兄弟の様子も見てみましょう。

キムリックのブリーダーを探すには?

キムリックは、大変希少な猫種です。そのため、日本にはブリーダーも少ない可能性があります。また、ブリーダーは基本的に商売目的で開いていない可能性が高いです。ほとんど情報を出さずに、口コミだけで開かれている場合も多々あります。既に飼っている方に、問い合わせをしてみても良いでしょう。

下記のサイトは、海外からキムリックの取り寄せを行ってくれるサイトです。日本には、キムリックのブリーダーは非常に少ないため、確実に純血のキムリックを手に入れるためには、海外からの輸入が適しています。
インポートキャット

ブリーダー以外のお迎え方法

ブリーダー以外にもお迎えする方法はあります。ペットショップの中には、取り寄せを行ってくれる店舗もあるでしょう。問い合わせをしてみると良いかもしれません。

里親という選択もあります。キムリックを飼っている人自体も希少で、飼っている人は愛情を持って大切に飼っているでしょう。そうなると、よっぽどの理由がなければ、里親の募集はでないかもしれません。しかし、一度里親について詳しく調べてみてください。里親とはどういうものか、知っているのといないのとでは、お迎え方法も変わってくるかもしれません。

キムリックをお迎えするために

キムリックは、お迎えまでに相当な時間がかかるかもしれません。運よく日本でブリーダーを見つけることができたとしても、子猫が産まれているとも限りません。既に予約でいっぱいの場合もあるでしょう。根気強く、諦めずに探してみましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

バリニーズをお迎えしたい人に知ってほしい、バリニーズのブリーダーについて

バリニーズは、シャムの突然変異で生まれた猫です。その見た目もシャムと違うのは、被毛の長さだけで性格や体型などは、変わりません。猫らしいわがままな一面や、神経質で甘えんぼなその性格は、猫好きに……

猫を迎える際の注意

猫を飼っている方、必見!猫を飼うための環境づくりについて

猫を飼っていると部屋の中で猫が怪我をしてしまったり、大事な家具が猫によって壊されてしまったりというのはよくある話しです。 これから猫を飼おうと考えている人は猫を飼う前に、部屋の環境がど……

猫を迎える際の注意

【獣医師が解説】子猫を保護した時の緊急措置方法!必ず読んでください!!

母親のいない子猫を保護した場合、保護した子猫には人間がミルクを与えなくてはなりません。特に、生まれて間もない子猫は一日に何度もミルクを飲むことが必要です。本来、子猫の哺乳には子猫専用のミルク……

初めて猫を飼う心構え

マンクスをお迎えしたい人に知ってほしい、マンクスのブリーダーについて

マンクスの特徴は、ほとんど存在しない尻尾でしょう。マンクスと呼ばれるのは、尻尾がなく、短毛の種だけです。性格も、とても穏やかで大人しく、飼い主に対して愛情深い猫が多いようです。 そんな……

猫を迎える際の注意

【獣医師が解説】何がいつ必要なの?子猫に必要な検査や予防とは

子猫をお家に迎えた場合、できれば早めに一度動物病院で診てもらっておくことをお勧めします。その目的は健康診断ですが、家に先住猫がいる場合は、子猫が持っている病気が感染してしまうのを防ぐという意……

猫のワクチン接種