2016年6月15日更新

ブリーダーからプーリーを迎える時の選び方やメリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「活発な動くモップ」とでも表現したら良いのでしょうか?大変特徴的な被毛を持つ、ハンガリー原産の犬種です。外見は重そうに見えますが実はとても身軽で機敏です。番犬としても家族をしっかりと守ってくれます。

日本でも非常に希少なプーリーですが、ブリーダーから迎える時の選び方やメリットなどはあるのでしょうか?

 

プーリーのブリーダーとは


画像出典:Anita Ritenour
プーリーのブリーダーは非常に少ないです。子犬の販売情報もとても珍しいですね。もしプーリーの子犬が販売されていたら迷わず購入、くらいでないと手に入らないかもしれません。

または、希望の子犬を探してくれるサービスに申し込んで、出産前の子犬を予約する、という手もあります。詳細は後ほど詳しく記載しますね。

プーリーはとても珍しい犬種ですので、探すのもタイミングが合わないと見つからない、ということですね。でも、出会えた時は運命を感じられる程、感動するでしょう!

プーリーをブリーダーから迎える時の注意点

前述したように、中々見つからない犬種なので子犬の販売情報を見つけた時が「買い」だということです。もし躊躇して逃してしまったら、次はいつになるか分かりません。

もしプーリーの子犬を見つけた時には是非ブリーダーの元へ会いに行き、金額や育て方など、納得がいけば購入されると良いでしょう。

ブリーダーの元を訪れる際には必ず事前に連絡をしておくことと、感染所予防の為に同じ日に他のブリーダーやペットショップは訪れない、ということを守ってくださいね。

 

プーリーのブリーダーの探し方


画像出典:Anita Ritenour
プーリーと同じく、数少ないブリーダーが掲載されているサイトをご紹介致します。

プーリーの子犬情報が掲載されていない時は、問い合わせをされてみてください。運が良ければ出産情報を聞ける場合もありますよ!

また、どうしても手に入れたいという場合は、海外のブリーダーから直接輸入する、という手段もあります。

Import Dogs

こちらのサイトは、海外のプーリーのブリーダーを探すと共に、ブリーダーと連絡をとる際の翻訳サービスや輸入の手続きサポートなどをしてくれます。

費用と時間はかかりますが、どうしても、という方には強い味方となってくれるでしょう。

ブリーダー以外の探し方

ブリーダー以外でプーリーを探すとしたら「里親」という手段がありますが、希少犬種ですので、保護されている可能性はゼロに等しいかもしれません。しかし絶対にない!とも言えませんので諦めないことが必要です。

里親になる方法は下記のリンクよりご覧頂けますので、ご興味のある場合は是非ご一読ください。良いご縁があることをお祈りしています!

プーリーの子犬の里親になる方法