2016年6月15日更新

ブリーダーからウィペットを迎える時の選び方やメリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

細く引き締まった体格は美しく、そして機能的です。一気にトップスピードまで到達できる加速力、そして一瞬で方向転換する機敏さを持ち、優秀なスプリンターと言えるでしょう。

従順で献身的なので家庭犬としても飼いやすいです。そんなウィペットをブリーダーから迎える時の選び方、メリットなど、お話していきます。

 

ウィペットのブリーダーとは


ウィペットのブリーダーはあまり数は多くありませんが、多犬種をブリーディングしているブリーダーが多いように見受けられます。

やはり穏やかで賢いウィペットの性質を買っており、家庭犬として勧めています。ブリーダー歴が数十年と長いブリーダーや、訓練や一時預かり・長期預かりを受け付けてくれるブリーダーもいます。

優良ブリーダーからウィペットを迎えるメリットとしては、まず感染症など疾患の管理がきちんとされているので健康な子犬が手に入ることです。

また、中間業者が入らないので中間マージンがかからず安価で良い子犬が購入できるのも大きなメリットです。

ウィペットをブリーダーから迎える時の注意点

法律上も現物確認が義務付けられていますので、ブリーダーを訪れて実際のウィペットを見るか、どこかまでブリーダーに出張して貰い(対応地域が限られていることがあります)ウィペットに対面することが必要です。

できれば一度ブリーダーを訪れて犬舎を見学するのが1番良いですね。普段の犬の様子も見られますし、ブリーダーがどのようなブリーダーなのか、どのようなブリーディングを行っているかも分かります。

また、ブリーダーを訪れる際には事前に予約を入れておくようにしてください。ペットショップと違い突然訪れても、ブリーダーの都合によっては見学できない場合があります。

感染症予防の為に、同じ日に別のブリーダーやペットショップにはいかないことも守るようにしてください。感染症は1匹がかかるとその犬舎全滅、なんてこともありえます。充分に注意されてくださいね。

 

ウィペットのブリーダーの探し方


ここではウィペットの優良ブリーダーを紹介しているサイトと、ブリーダーのサイトをご紹介します。

*ブリーダー紹介サイト*

*ブリーダーサイト*
ガードレールケネル

可愛いウィペットが沢山掲載されています。是非ご覧になってみてくださいね!

ブリーダー以外の探し方

ブリーダー以外でウィペットを見つけようとしたら「里親」という手段もあります。ただ、ウィペットは日本ではまだまだ希少な犬種ですので、里親を募集しているウィペットには中々出会えないかもしれません。

それでも根気良く探してみたら出会える可能性はあります。諦めないことが大切ですね!ウィペットの里親になる詳しい方法は下記のリンクよりご覧ください。良いご縁がありますように!

ウィペットの里親になる方法

 
 

関連カテゴリ