2016年12月2日更新

【獣医師監修】【全身の症状】猫の体重増加・ふとってきた時に考えられる病気

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ぽっちゃりした猫は可愛らしいですが、肥満はさまざまな病気の原因となります。「あれ?うちの猫こんなに大きかったっけ」と違和感をもったら、そのままにせず必ずチェックをしておきましょう。食べ過ぎによる体重増加は食事の管理が基本ですが、その他の病気が原因である可能性も考えられます。ふとった様に見えているだけで、実は内臓疾患をもっている場合もあります。
猫の体重が増加する原因と、可能性として考えられる病気について見ていきましょう。

 

猫の太り過ぎって何キロ?チェックの方法は?

素材_shutterstock_200259704
猫の一般的な平均体重は、1歳以降は3.0~4.5kgといわれています。ただ、猫の種類によっても変わってくるため、大型の猫種によっては7kgを超えても肥満であるとはいえません。個別に判断するときの基準値として、その猫の種類の平均値より、120%以上の体重があれば肥満とされます。獣医による定期健診の際に、正常値の範囲を確認しておくと良いでしょう。急激な体重増加がある場合には、生活環境などの変化について獣医に報告し、指示を仰ぎます。
体重以外で猫の健康状態を判断するためには、身体を触って確かめる方法があります。この方法では、次の3つのポイントをチェックします。

  • 肋骨に触れることができる
  • 上から見た時に腰がくびれている
  • 腹部に脂肪がついていないか

体重の変化と合わせて、日頃からスキンシップする際に意識しておくと良いですね。

猫の体重が増加する原因

人間と同じく猫も年齢とともに基礎代謝が落ち、消費カロリーが減少します。若い頃と同じ食事内容であっても、自然と体重増加につながってしまいます。大人の猫は子猫と違い、一日の大半を寝て過ごすようになります。運動量が落ちるとともに、筋肉量が減ることも肥満の原因となります。
避妊・去勢後もホルモンバランスが崩れ、太りやすくなります。生殖機能を維持するためのエネルギーは、メスの場合全体の3割ともいわれます。去勢によってエネルギー消費が減り、異性への関心が食欲に向かうことで体重増加がおこるようです。
病気による体重増加では、体内の水分量が調節できなくなるむくみが見られることがあります。また、ホルモンの過剰分泌によっても異常に食欲が増進し、体重が増加します。その他、体内に腫瘍ができることで体重は減っていても、腹部が膨らんだような状態となっていることがあります。

 

猫の体重が増える時に考えられる病気

素材_shutterstock_329135567
急激な体重増加や、腹部のたるみに波打つような感じがある場合には、病気の可能性があります。猫の体重に増加がみられるときに、疑われる病気には次のようなものがあります。

腎不全

腎不全では、主に体重減少がみられますが、むくみとともに体重増加を起こす場合もあります。水を良く飲む割に尿の量が減り、体内からの水分の排出に問題があることがわかります。猫は年齢が高くなるにつれて、腎臓病のリスクが高くなります。7歳頃から定期的に健診を受け、予防に努めましょう。腎臓の機能が正常に働かず、尿毒症を併発する場合もあります。

甲状腺機能亢進症

甲状腺ホルモンの分泌に異常が起こる病気です。心臓の活動が激しくなり、人間でいうところの頻脈になります。エネルギー消費が多くなるため、多食多飲になります。急激な体重増加の後、体重減少に転じます。大量に糞をするのが特徴です。甲状腺機能亢進症の治療の予期しない結果として甲状腺機能低下となり、体重増加につながる場合もあります。

副腎皮質機能亢進症

副腎皮質ホルモンが過剰に分泌される病気で、クッシング症候群とも呼ばれます。副腎皮質ホルモンの過剰分泌では、高血糖がみられます。最終的には過剰な血糖が脂肪となって体に沈着することで、体重増加につながります。また、糖尿病を併発すると、多飲多食になります。尿の回数が増え、おなかが膨れる、脱毛が起こるなどの症状が現れます。

上皮小体機能亢進症

上皮小体は副甲状腺として知られ、血液中のカルシウム濃度の調節をにないます。上皮小体ホルモンが過剰に分泌されることで、高カルシウム血症を発症し、多飲多食の症状が現れます。原因としては、腎機能の低下、腫瘍によるもの、栄養の偏りが挙げられます。体重の増加とともに、骨密度が低下して骨折しやすくなったり、尿路結石が発生する場合もあります。

妊娠

妊娠は病気ではありませんが飼い主が、多少太ったものと勘違いしていることもあります。外見からはわかりにくいものですが、妊娠中期には総体重の20~30%程度の増加がみられます。避妊前のメスで体重増加がある場合には、念のため早めに受診させた方が良いでしょう。

極端な体重増加には要注意

健康的な猫であっても、過度の肥満は身体に悪影響を与えます。食生活の改善などをしながら、解決していかなければなりません。太ることについて猫の体重減少より気にしない飼い主さんもいますが、体重増加の陰には重大な病気が潜んでいることもあります。定期的な体重チェックを行い、気になる変化があった場合には、放置せずに獣医師に相談するようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ