2016年6月15日更新

ブリーダーからワイヤー・フォックス・テリアを迎える時の選び方やメリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

まるで針金のような被毛と、折れた耳が特徴的なワイヤー・フォックス・テリアは、かつてはキツネの優秀なハンターとして活躍していました。今ではペットとしても人気が高いです。活発でけんかっ早い性質をしています。

ワイヤー・フォックス・テリアをブリーダーから迎える時の選び方、メリットなど、お話していきましょう。

 

ワイヤー・フォックス・テリアのブリーダーとは


画像出典:AHLN
ワイヤー・フォックス・テリアのブリーダーは、ドッグショーに出る犬を多数作出していたり、両親がチャンピオン犬だったりとこの犬種に誇りを持ち、スタンダート(ワイヤー・フォックス・テリアの基準となる体高・体重・体の部位の形など)を大切にしてブリーディングされている方がほとんどです。

ですから、ワイヤー・フォックス・テリアのブリーダーから子犬を入手することは、スタンダートに近い子犬が手に入れられるメリットがあります。子犬にとって大切な社会化期(生後3ヶ月位まで)を親兄弟犬や他の犬と一緒に過ごしているので、社会性の身についた犬ということも良い点ですね。

なんと言っても、ブリーダーから直接購入出来るとなると、中間マージンが必要ありませんので、安価で良い子犬が手に入るのも大きいです!

ワイヤー・フォックス・テリアをブリーダーから迎える時の注意点

まずは信頼出来る優良なブリーダーを見つけることから始まります。世の中には子犬を「物」として扱うような悪質なブリーダーがいます。

「パピーミル」とも呼ばれるような、子犬量産ブリーダーです。このようなブリーダーでは健全なブリーディングをしているとは思えません。また、社会化期を待たずして親から引き離され販売されるので、他の犬とのかかわり方が分からない犬に育ってしまう可能性があります。

このような悪質なブリーダーから犬は買わないように注意されてくださいね。見分け方としては見学を断ったり、親犬に繁殖期ごとに出産させていたりします。話して犬を大切にしていない様子も伝わってくるでしょうし、違和感を感じる場合は止めた方が良いでしょう。

法律で定められていることもあり、子犬を購入する時には必ず現物確認が必要となります。優良なブリーダーを見つけたら多少遠くても、犬舎に見学に行かれると良いでしょう。

ブリーダーとも直接話ができますし、子犬が普段どういう所で生活しているのかを見ることができます。運命の出会いが、待っていますよ!

 

ワイヤー・フォックス・テリアの優良ブリーダーの探し方


ここでは、優良ブリーダーを集めて紹介しているサイトや、ブリーダー自身のサイトをご紹介します。

*ブリーダー紹介サイト*

*ブリーダーサイト*

ブリーダー自身が運営しているサイトだとそのブリーダーの信念や犬舎の様子が良く分かります。ブリーダー紹介サイトですと複数のブリーダーが掲載されていると共に、紹介サイト独自の保証や特典がある場合がありますので、こちらもおトク感満載ですね!

ブリーダー以外の探し方

ブリーダー以外でワイヤー・フォックス・テリアを探すとしたら、「里親」という方法があります。日本ではあまり頭数の多くない犬種ですので、里親募集も少ないのが現状です。

詳しくは下記リンクよりご覧頂けますので、参考にされてくださいね。

ワイヤー・フォックス・テリアの里親になるには?