2016年7月7日更新

【獣医師監修】猫の毛づやが悪い時に考えられる病気【被毛の症状】

 
 

猫の魅力はたくさんありますが、美しくなめらかな被毛もそのひとつでしょう。せっせと毛づくろいをする猫は、健康であれば良く整ってふんわりした毛並をもっています。パサパサと荒れた様子で、向きも一定でないときには、どこか悪いのかもしれません。

時には単なる表面上の問題ではなく、大きな病気が隠れていることもあります。猫の毛づやが悪い時には、どのような病気が考えられるのか見ていきましょう。


猫の毛には食べ物が反映される?


身体をしっかりと覆う被毛は、猫にとってとても大切なものです。食べ物から得たタンパク質の大部分が、毛の成長に使われます。猫の毛の生え方は、人間の毛とかなり違っています。主毛、または上毛と呼ばれる太くて長い毛にプラスして、副毛、または下毛と呼ばれる数本の毛がセットになっています。副毛には柔毛と剛毛があり、一個の毛穴には最大6本の主毛が生えるため、被毛の密度はかなり高くなります。体毛を形成しているのは、ケラチンと呼ばれるタンパク質。猫が必要とするタンパク質は、体重1kgに換算すると、人間の約5倍といわれます。そしてそのほとんどは、このたっぷりとした被毛の生え変わりに使われているというわけです。

猫の毛穴にも皮脂腺という皮脂を分泌する器官はありますが、柔らかな猫の毛全体には行き渡りません。猫の毛はあまり水をはじくことができず、濡れると体温が奪われてしまいます。水の苦手な猫が多いのはこのためです。

1年を通し、多少の抜け代わりはありますが、猫の換毛期は3月と11月頃から始まる年2回です。換毛に関わるのは、日照時間。日の長さにより、生え変わりの時期が決まります。そのため、室内飼いで人工的な光が多い環境下では、換毛期が不規則になることもあります。


猫の毛づやが悪くなる原因

猫の具合が悪くなると、普段念入りに行っている毛づくろいをしなくなります。くしの歯ようなザラザラの舌でほこりを払い、だ液と毛並を整える行為によって保たれていた被毛はつやが失われます。