2017年5月17日更新

ブリーダーからコーギーを迎える時の選び方やメリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

今も昔も変わりなく人々に愛されているウェルシュ・コーギー・ペンブローク。キツネのような外観と短い足が可愛らしさを演出しています。昔は南ウェールズの農家では不可欠な牧畜犬だったのですよ!

賢く機転のきくウェルシュ・コーギー・ペンブロークをブリーダーから迎える時の選び方やメリットをお伝えします。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのブリーダーとは


ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのブリーダーは、この犬種を専門としてブリーディングをされている方が多いようです。

ドッグショーに出場してチャンピオンになるような犬を作出しているブリーダーもいます。親犬がチャンピオン犬の子犬もいます。

このようなブリーダーからウェルシュ・コーギー・ペンブロークを迎えることには沢山のメリットがあります。

まず、愛情たっぷりに子犬を育てていること、子犬の成長に大切な社会化期を親兄弟犬と過ごしている為に社会性のある人なつこい犬が育ちます。

ペットショップと違って中間マージンがいらないので、安価で良い子犬が手に入るのも大きな魅力です。感染症の管理もなされている為に健康なこともポイントですね。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークをブリーダーから迎える時の注意点

法律で定められていることもあり、子犬を購入する時には必ず現物確認が必要になります。犬舎の様子を知るためにも、一度見学に行かれると良いでしょう。

ブリーダーと直接話をすることで、信頼出来るブリーダーなのか、どういうブリーディングを行っているのかを知ることができます。納得の上で子犬の購入を決められます。

また、世の中には優良なブリーダーもいれば、「パピーミル」と呼ばれるような子犬を量産する工場のようなブリーダーも存在しています。そのようなブリーダーの元で産まれた子犬は、可哀想ですが健康とは言い難く、感染症などの管理もきちんとされているとは思えません。

犬舎の見学を断られたり、繁殖計画にムリがあったり(繁殖期ごとに出産させているなど)、犬を物のように扱っていたりした時には、そのブリーダーとは付き合わない方が賢明です。

見学に行く際には、必ず事前に予約を入れるようにされてください。ペットショップと違い、突然訪問してもブリーダーの予定で対応出来ないこともあります。

また、感染症防止の為に同じ日に他のブリーダーを訪れたりペットショップに行ってから見学に行くのも避けてください。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの優良ブリーダーの探し方


ここでは、優良ブリーダーを集めて紹介しているサイトや、専門ブリーダーのサイトをご紹介致します。

*ブリーダー紹介サイト*

*専門ブリーダーサイト*

ブリーダー紹介サイトでは、ブリーダーの保証以外にサイト独自の保証や特典がある場合がほとんどです。おトクですよね!

専門ブリーダーのサイトはその犬舎の様子や信念などが詳細に分かります。沢山の良いブリーダーがいるので迷ってしまいそうですね。

ブリーダー以外の探し方

ブリーダー以外でウェルシュ・コーギー・ペンブロークを探すには「里親」という方法があります。人気がある犬種ですので、里親募集している犬を探すのは比較的容易です。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの里親になる方法は、下記のリンクよりご覧頂けます。是非、チェックしてみてください!

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの里親になる方法