2016年6月15日更新

ブリーダーからバセンジーを迎える時の選び方やメリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「バセンジー?」洗剤か何かの名前のような、あまり聞いたことのない犬種ですが、れっきとした古代からいる犬種なのです。あのクレオパトラにも愛された犬だとか。大きな耳とクルっと巻いた尻尾の吠えない犬、バセンジー。

犬の常識をひっくり返すような不思議な犬ではありますが、ブリーダーから迎える時の話をしていきましょう。

 

バセンジーのブリーダーとは


バセンジーのブリーダーはあまり数多くはいないようです。チャンピオン犬を作出していたり、親犬がチャンピオン犬という子犬を飼育していたりします。

優良ブリーダーの元では犬達は衛生管理や感染症管理がされた環境で育っていますので、健康です。特に子犬は、「社会化期」と言われる他の犬との関わり方を覚える大切な時期を、親兄弟犬と過ごしているので社会性が身に付いた犬になります。

ペットショップのように中間業者が沢山入り、中間マージンがかかる、ということもありませんので安価で良い子犬が手に入るのも大きなメリットです。

バセンジーをブリーダーから迎える時の注意点

法律で定められていることもあり、子犬を購入する時には必ず現物を確認することが必要です。できれば、ブリーダーを訪れて犬舎へ見学に行くことをオススメします。

家族になるかもしれない犬がどういう所で育っているのかを見ることができます。ブリーダーと直接話をすることで分かることも沢山あります。

見学に行かれる前に必ず予約を入れるようにされてください。突然訪れてもブリーダーの予定が合わずに見学出来ないことがあります。

また、感染症予防のため、同じ日に他のブリーダーやペットショップに行かないようにされてくださいね。

 

バセンジーの優良ブリーダーの探し方


ここでは、バセンジーの優良ブリーダーを集めて紹介しているサイトや、ブリーダーのサイトをご紹介致します。

*ブリーダー紹介サイト*

*ブリーダーサイト*

ブリーダー紹介サイトですとブリーダーの保証以外にサイト独自の保証や特典を付けています。ブリーダーサイトからは、犬舎の様子やブリーディングに対するブリーダーの信念などを詳しく知ることができます。

是非一度、訪れてみてくださいね!

ブリーダー以外の探し方

ブリーダー以外でバセンジーを探す方法として「里親」が挙げられます。ですがバセンジーは日本では頭数が少ないので、里親募集をしている犬を探すのには少々骨が折れるでしょう。

詳しくは下記のリンクからご確認頂けますので、チェックされてみてください。良い出会いがあると良いですね!

バセンジーの里親になるには?

 
 

関連カテゴリ