2016年7月7日更新

【獣医師監修】犬の小脳障害〜原因・症状と対策

犬の小脳障害とは犬の小脳が正常に機能しなくなってしまった状態のことを指します。小脳はバランス感覚や眼球の動きといった運動機能に関係するはたらきを担っており、犬が小脳障害になると歩様の乱れや眼球の動きの異常、ひどい場合には歩けなくなるなどの症状が引き起こされる可能性があります。犬の日常生活の質の低下につながってしまう恐れがあるので、早急に対処しなければなりません。ただ犬の小脳障害の原因の中には予防できないものが含まれています。本記事では犬の小脳障害の原因や症状、対策についてご紹介します。

犬の小脳障害の原因

犬の小脳障害の主な原因は以下の通りです。

  • 細菌感染(ウイルス感染)
  • 腫瘍
  • 外傷
  • 栄養失調
  • 脳の老化
  • 先天的なもの

犬の小脳障害は以上のような原因で引き起こされると言われています。細菌感染やウイルス感染、栄養失調に関しては根治的な治療ができると考えられますが、それ以外の原因については対処が難しく、予後はあまり良くないと思われます。先天的な原因については以下で詳細にお伝えします。

小脳低形成症

先天的に小脳低形成症(生まれながらにして小脳が委縮した状態になっていること)を発症していると、その結果として小脳障害を引き起こすことがあると言われています。小脳低形成症を発症しやすい犬種は以下の通りです。

小脳変性症

先天的に小脳変性症を発症し、その結果小脳障害を引き起こすことがあると言われています。小脳変性症には進行性のものと非進行性のものがあり、それぞれを発症しやすい犬種については以下の通りです。

進行性小脳変性症

  • コリー
  • ブルドッグ
  • ブリタニー

非進行性小脳変性症

  • コリー
  • ボーダーコリー
  • チャウチャウ
  • ビーグル
  • ラブラドールレトリバー

犬の小脳障害の症状

犬の小脳障害の主な症状は以下の通りです。

  • 歩行がふらつく
  • 歩様の乱れ(歩き方が変わる)
  • うまく立ち上がれない
  • 眼球が動く
  • 距離感がなくなる

犬の小脳障害の対策

後天性の小脳障害に関してはウイルス感染や細菌感染、外傷、栄養失調などであれば飼い主さんの心掛けひとつである程度予防することができますが、先天性の小脳障害については予防することが難しいと言わざるを得ません。後天的な小脳障害の原因をひとつでも多く取り除くことに努めてください。特に犬の生活環境の中に危険なものが置いてあったり高い段差などがあったりすると怪我をしてしまう可能性が高まるので早めに取り除いてあげましょう。またウイルス感染や細菌感染に関しては散歩中に著しく感染リスクが上がると考えられるので、他の犬の糞便や汚染された土壌の上を歩かせないなどの配慮をしてあげると効果的です。適切な方法で犬の小脳障害のリスクを軽減してあげてください。

犬の小脳障害の治療

後天性の小脳障害で原因が明確である場合にはそれに対する治療を施します。ただ先天性の小脳障害や治療することが難しい後天性の小脳障害については根治的な治療法がない可能性があり、その場合は犬の介護をしてあげることにより少しでも生活しやすいようにしてあげることしかできないと言われています。もしもそのような状況に陥ってしまったときには飼い犬のためにできることを考えてみてください。

まとめ

犬の小脳障害の原因や症状、対策についてご紹介しました。犬の小脳障害は先天的な原因によって発症することがあり、その場合には根治的な治療法がなく、病気を治すことができない可能性があるようです。とはいえ小脳障害と思われる症状が出た段階では治療を行える可能性があるので、犬の症状から小脳障害の症状を察知し、早めに動物病院に連れて行ってあげてください。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬の小脳障害〜原因・症状と対策

犬の小脳障害とは犬の小脳が正常に機能しなくなってしまった状態のことを指します。小脳はバランス感覚や眼球の動きといった運動機能に関係するはたらきを担っており、犬が小脳障害になると歩様の乱れや眼……

犬の小脳障害