2016年7月7日更新

【獣医師監修】犬の骨軟骨症〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬の骨軟骨症は軟骨が正常に骨にならなくなった状態のことを指します。軟骨は静止軟骨、増殖軟骨、成熟軟骨、石灰化軟骨といった層で形成されています。それらの層が増殖しているにも関わらず正常に骨が作られなくなっているともろい骨が出来上がり、折れやすくなる原因になると考えられます。また骨軟骨症は生後間もない犬が発症してしまうことがあり、成長期にある犬にとっては特に深刻な問題となります。飼い主としてしてあげれられることをしてあげてください。本記事では犬の骨軟骨症の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

犬の骨軟骨症の原因

犬の骨軟骨症の原因については詳しいことがわかっていないようです。骨軟骨症の原因だと考えられている原因については以下の通りです。

  • 感染症
  • 免疫不全症
  • ストレス
  • 栄養不足(特にビタミンC)
  • 栄養過多(特にカルシウム)
  • 肝臓の障害
  • 体の急激な成長

また骨軟骨症を発症しやすいと言われている犬種については以下の通りです。

  • ロットワイラー
  • ラブラドールレトリバー
  • グレートデン
  • オールドイングリッシュシープドッグ
  • ニューファンドランド
  • バーニーズマウンテンドッグ
  • イングリッシュセター

犬の骨軟骨症の症状

犬の骨軟骨症の主な症状は以下の通りです。

  • 運動意欲の低下
  • 足を引きずる
  • 関節の内部に水が溜まる
  • 関節を曲げると痛がる
  • 歩様が乱れる
  • 筋肉が萎縮する

犬の骨軟骨症は基本的には左右の両方の同じ部位に症状が出やすいと言われています。また四肢の関節に症状が出ることが多いと考えられているので、歩いている姿に違和感を抱いたときは骨軟骨症の可能性を考えるようにしてください。犬の骨軟骨症は子犬で多くみられ、成長期にもろい骨が出来上がってしまうと怪我をしやすくなる恐れがあります。早めの対処を心がけましょう。

 

犬の骨軟骨症の対策

犬の骨軟骨症の原因についてはわかっていないことが多く、ある日突然発症することがあると言われているので予防をすることが難しい病気だと言わざるを得ません。まずは日頃から犬の健康について気を配り、どこかおかしいところがないか観察することを習慣化してください。犬の仕草の中には注意深く見ていなければ発見できない変化があります。細かいところまで気を配ってあげましょう。もしも飼い犬が骨軟骨症を発症してしまったと思われるときにはすぐに動物病院に連れて行き、獣医さんの診察を受けさせてあげることが大事になります。骨軟骨症を発症した後に出来る対策については以下の通りです。

  • 体重を管理する
  • エサを与え過ぎない
  • 激しい運動をさえない
  • 床ずれをしないように気を付ける
  • 炎症を抑えるために患部を冷やす
  • 安静にさせる

以上のような点に配慮してあげれば犬が豊かに生活できる可能性を高められます。骨軟骨症によって犬の行動が制限されてしまうと、犬にとってストレスになるだけではなく、生活の質が低下する要因にもなってしまう可能性があります。犬の健康と生活の質を維持するための配慮をしてあげましょう。

犬の骨軟骨症の治療

犬の骨軟骨症は明確な治療法が確立されておらず、根本的な治療を施すことが難しいと言われています。そのため骨軟骨症の症状を緩和するための対症療法(投薬治療など)を施すことになると思われます。

まとめ

犬の骨軟骨症の原因や症状、対策についてご紹介しました。犬の骨軟骨症は原因についてわかっていない点が多く、不確定な要素が多いので予防の難しい病気であると考えられます。骨軟骨症を予防することが難しいからこそ、発症してしまったときには少しでも犬の生活の質を向上させられるように配慮した行動をしてあげてください。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード