2016年7月7日更新

【獣医師監修】犬の感染性関節炎〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬の感染性関節症は関節に病原体が侵入して炎症が起きている状態を指します。犬が感染性関節症を発症していると関節に腫れや痛みが出て身体を動かすことが困難になることがあります。早めに治療をすることが大事になるので、症状から感染性関節炎を察知し、動物病院に連れて行ってあげてください。また犬の感染性関節症は様々な経路で病原体が関節に侵入して発症すると考えられています。予防できるものは適切に予防してあげてください。本記事では犬の感染性関節炎の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

犬の感染性関節炎の原因

犬の感染性関節炎の根本的な原因は病原体が関節の中に侵入することです。病原体の主な侵入経路は傷口からの直接的な侵入パターンと血液の流れによって関節の中に病原体が侵入してくるパターンのふたつが考えられます。ただ仮に病原体が関節の中に侵入したとしても免疫系によって病原体を撃退できることが多いと言われているので、感染性関節炎を発症した時点で免疫力が低下している可能性があります。免疫力を低下させる何らかの病気が関係していることがあるようなのでそのあたりにも十分に配慮してあげてください。犬の感染性関節炎の原因となる主な病原体については以下の通りです。

  • ブドウ球菌
  • マイコプラズマ
  • 大腸菌
  • レンサ球菌
  • スピロヘータ
  • クリプトコッカス
  • ブラストミセス
  • コシシジオイデス

犬の感染性関節炎の症状

犬の感染性関節炎の主な症状は以下の通りです。

  • 足を引きずる
  • 関節の腫れ
  • 関節に触れると痛がる
  • 運動意欲の低下
  • 元気がなくなる
  • 外傷を負っている

ひとつの部位に限って痛みや腫れが出ているときは外傷によって病原体が関節の内部に侵入したと考えられますが、いくつもの部位に同時に感染性関節炎の症状が表れているときには血液の流れによって病原体が運ばれている可能性が高まります。また関節の内部に炎症が起きているだけではなく、化膿している(化膿性関節炎)状態になっていると強い痛みを伴うことがあるようです。

 

犬の感染性関節炎の対策

犬の感染性関節炎を予防するためには犬が外傷を負わないように配慮してあげることが大事になります。特に活発な性格の犬は元気に走り回り、転倒して外傷を負ってしまう可能性が考えられます。飼い犬がそのような性格をしているときには十分に注意してあげてください。また外傷を負っていなくても血液の流れによって病原体が運ばれ、感染性関節炎を発症しているときには免疫力が低下している可能性が高いです。何らかの病気が引き金となって感染性関節炎を発症していることもあると言われているので、早めに獣医さんの診察を受けさせてあげましょう。

犬の感染性関節炎の治療

犬の感染性関節炎の主な治療法は投薬治療と外科治療になります。関節の内部に水が溜まってしまっているときには注射器で水を抜き、関節の中に膿が溜まっているときには同時に関節の内部をきれいに洗浄します。また病原体が明らかである場合はそれを撃退するための薬剤や炎症や痛みに対する薬を投与し、痛みがひどいときには鎮痛剤や抗炎症薬を投与することもあるようです。

まとめ

犬の感染性関節炎の主な原因や症状、対策についてご紹介しました。犬の感染性関節炎は病原体によって関節に炎症が起こる病気です。関節に痛みがあると歩くことが嫌になり、運動不足になりやすくなります。犬にとって動けなくなる(動きたくなくなる)ということはストレスの原因となり、精神的な負担が大きくなってしまう恐れがあります。感染性関節炎は早めに治療を施してあげれば簡単な治療によって治すことを期待できる病気です。少しでも早く治してあげられるように行動してあげてください。