2016年7月7日更新

【獣医師監修】犬のキー・ガスケル症候群〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬のキー・ガスケル症候群は原因がわからない自律神経失調症のことを指します。神経系の病気なので症状が悪化すると体の機能障害によって命に関わります。さらに犬のキー・ガスケル症候群は予後が悪い病気と考えられており、犬にとっての難病のひとつと言えるでしょう。キー・ガスケル症候群の症状を察知し、早急に動物病院に連れて行ってあげてください。本記事では犬のキー・ガスケル症候群の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

犬のキー・ガスケル症候群の原因

犬のキー・ガスケル症候群の主な原因はボツリヌス中毒症(ボツリヌス菌)や化学物質の中毒であると考えられています。ただ現状では詳しいことがわかっておらず、それらの原因についても推測の域を出ていないようなので確かなことは言えません。とはいえ何らかの中毒によって自律神経が損傷してしまっている可能性が高いと考えられていることは事実です。特に汚染された食べ物に付着している可能性があるボツリヌス菌には十分に注意してください。

犬のキー・ガスケル症候群の症状

犬のキー・ガスケル症候群の主な症状は以下の通りです。

  • ドライアイ
  • 排泄障害
  • 呼吸困難
  • 口臭の悪化
  • 腹部の張り
  • 消化器系の蠕動(ぜんどう)運動障害
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 食欲不振
  • 元気がなくなる

キー・ガスケル症候群は以上のように多種多様な症状を引き起こす可能性があります。特に神経系の病気である点を踏まえ、身体に機能障害が起こっているという可能性があると思われる症状が表れているときにはキー・ガスケル症候群の可能性を考えるようにしてください。キー・ガスケル症候群は症状の進行によって呼吸困難などの命に関わる症状を引き起こすことがあると言われています。飼い犬の命を第一に考えた行動をしてあげましょう。

 

犬のキー・ガスケル症候群の対策

犬のキー・ガスケル症候群は詳しい原因がわかっていないため、予防は困難です。そのためキー・ガスケル症候群の症状をいち早く察知し、すぐに動物病院に連れて行って適切な治療を受けさせてあげることが最大の対策と考えられます。日頃から飼い犬の健康状態を気にかけ、病気を早期発見できるように観察することを習慣化しておいてください。

犬のキー・ガスケル症候群の治療

犬のキー・ガスケル症候群は直接的な原因がわかっていないので有効な治療法がないと言われています。そのため症状を緩和するための対症療法を中心に、キー・ガスケル症候群の症状が深刻化してしまわないような治療を施すことになるようです。キー・ガスケル症候群が重症化すると呼吸困難や心臓発作を引き起こして命に関わる恐れがあります。またキー・ガスケル症候群は予後が悪く、場合によってはそのまま死に至ってしまうことがあり、症状が回復したとしても自律神経に後遺症が残ってしまうと考えられます。もし飼い犬がキー・ガスケル症候群を発症してしまったときには飼い主として覚悟を決め、飼い犬のためにできることを意識的にしてあげてください。

まとめ

犬のキー・ガスケル症候群の原因や症状、対策についてご紹介しました。キー・ガスケル症候群は目に見えて明らかな症状が出ることが多いですが、一方で治療が難しく、適切な治療を施して治してあげられないというもどかしさを感じやすい病気のひとつです。もしも飼い犬がキー・ガスケル症候群を発症してしまったときには、飼い犬にとっての幸せを考え、飼い犬のための行動をしてあげてください。犬はどんなに自身の体調が悪く、辛い思いをしていたとしても飼い主のことを想い続ける動物です。飼い主としてできることをしてあげてください。

 
 

関連カテゴリ