2016年7月7日更新

【獣医師監修】犬のキー・ガスケル症候群〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


犬のキー・ガスケル症候群は原因がわからない自律神経失調症のことを指します。神経系の病気なので症状が悪化すると体の機能障害によって命に関わります。さらに犬のキー・ガスケル症候群は予後が悪い病気と考えられており、犬にとっての難病のひとつと言えるでしょう。キー・ガスケル症候群の症状を察知し、早急に動物病院に連れて行ってあげてください。本記事では犬のキー・ガスケル症候群の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

犬のキー・ガスケル症候群の原因

犬のキー・ガスケル症候群の主な原因はボツリヌス中毒症(ボツリヌス菌)や化学物質の中毒であると考えられています。ただ現状では詳しいことがわかっておらず、それらの原因についても推測の域を出ていないようなので確かなことは言えません。とはいえ何らかの中毒によって自律神経が損傷してしまっている可能性が高いと考えられていることは事実です。特に汚染された食べ物に付着している可能性があるボツリヌス菌には十分に注意してください。

犬のキー・ガスケル症候群の症状

犬のキー・ガスケル症候群の主な症状は以下の通りです。

  • ドライアイ
  • 排泄障害
  • 呼吸困難
  • 口臭の悪化
  • 腹部の張り
  • 消化器系の蠕動(ぜんどう)運動障害
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 食欲不振
  • 元気がなくなる

キー・ガスケル症候群は以上のように多種多様な症状を引き起こす可能性があります。特に神経系の病気である点を踏まえ、身体に機能障害が起こっているという可能性があると思われる症状が表れているときにはキー・ガスケル症候群の可能性を考えるようにしてください。キー・ガスケル症候群は症状の進行によって呼吸困難などの命に関わる症状を引き起こすことがあると言われています。飼い犬の命を第一に考えた行動をしてあげましょう。

 

犬のキー・ガスケル症候群の対策

犬のキー・ガスケル症候群は詳しい原因がわかっていないため、予防は困難です。そのためキー・ガスケル症候群の症状をいち早く察知し、すぐに動物病院に連れて行って適切な治療を受けさせてあげることが最大の対策と考えられます。日頃から飼い犬の健康状態を気にかけ、病気を早期発見できるように観察することを習慣化しておいてください。

犬のキー・ガスケル症候群の治療

犬のキー・ガスケル症候群は直接的な原因がわかっていないので有効な治療法がないと言われています。そのため症状を緩和するための対症療法を中心に、キー・ガスケル症候群の症状が深刻化してしまわないような治療を施すことになるようです。キー・ガスケル症候群が重症化すると呼吸困難や心臓発作を引き起こして命に関わる恐れがあります。またキー・ガスケル症候群は予後が悪く、場合によってはそのまま死に至ってしまうことがあり、症状が回復したとしても自律神経に後遺症が残ってしまうと考えられます。もし飼い犬がキー・ガスケル症候群を発症してしまったときには飼い主として覚悟を決め、飼い犬のためにできることを意識的にしてあげてください。

まとめ

犬のキー・ガスケル症候群の原因や症状、対策についてご紹介しました。キー・ガスケル症候群は目に見えて明らかな症状が出ることが多いですが、一方で治療が難しく、適切な治療を施して治してあげられないというもどかしさを感じやすい病気のひとつです。もしも飼い犬がキー・ガスケル症候群を発症してしまったときには、飼い犬にとっての幸せを考え、飼い犬のための行動をしてあげてください。犬はどんなに自身の体調が悪く、辛い思いをしていたとしても飼い主のことを想い続ける動物です。飼い主としてできることをしてあげてください。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】愛犬にも起こるかもしれないてんかんの原因・症状・治療方法まとめ

人間にてんかんという疾患があることは、みなさんご存知かと思います。 このてんかんは犬も発症する恐れがある病気です。今は元気な愛犬がある日、急に発作を起こし、生涯てんかんとうまくつき合っ……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬の小脳障害〜原因・症状と対策

犬の小脳障害とは犬の小脳が正常に機能しなくなってしまった状態のことを指します。小脳はバランス感覚や眼球の動きといった運動機能に関係するはたらきを担っており、犬が小脳障害になると歩様の乱れや眼……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬の腕神経叢裂離〜原因・症状と対策

犬の腕神経叢裂離(わんしんけいそうれつり)は腕神経という頸椎のあたりから前肢に向かって伸びる神経に起きる異常です。腕神経叢裂離を発症していると感覚の麻痺によって足が不自然に折れ曲がった状態に……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬や猫が突然痙攣を起こしたら? ペットの「てんかん」の原因と治療

「てんかん」の原因とは? 「てんかん」とは「てんかん発作」といわれる体の痙攣に代表される発作を繰り返してしまう疾患のことをさします。「てんかん」では、脳そのものに腫瘍や炎症といった病気がな……

猫の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬の前庭神経炎〜原因・症状と対策

犬の前庭神経炎は前庭神経と呼ばれる脳神経に炎症が起きている状態のことを指します。前庭神経はバランス感覚などをつかさどっている三半規管とつながっているため、前庭神経炎を発症すると歩行がふらつく……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬のダニ麻痺症〜原因・症状と対策

犬のダニ麻痺症はその名の通りダニが原因となって発症する犬の筋肉の麻痺です。ただ日本国内に生息しているダニによってダニ麻痺症を発症する可能性は高くなく、主に海外に生息しているダニが原因で発症す……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬の水頭症〜原因・症状と対策

犬の水頭症という病気をご存知でしょうか。水頭症は読んで字のごとく、頭の中に水が溜まっている状態で神経機能にさまざまな影響をもたらす病気です。犬でもまれに発症することがある病気で、愛犬の生活に……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬のジステンパー性神経症〜原因・症状と対策

犬が打たなくてはいけないワクチンにジステンパーウィルスワクチンがありますが、ジステンパーがどういったものかわからないという人は多いのではないでしょうか。犬がジステンパーウィルスに感染してしま……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬の認知症〜原因・症状と対策

犬の認知症とは脳の老化などによって犬が以前は問題なく出来ていたことが出来なくなることを指します。近年では高齢まで生きられる犬が増加しているので、それに伴って認知症を発症する犬が増加しています……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬のキー・ガスケル症候群〜原因・症状と対策

犬のキー・ガスケル症候群は原因がわからない自律神経失調症のことを指します。神経系の病気なので症状が悪化すると体の機能障害によって命に関わります。さらに犬のキー・ガスケル症候群は予後が悪い病気……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】犬の肝性脳症〜原因・症状と対策

犬の肝性脳症という病気をご存知でしょうか。あまり聞きなれない言葉ですが、肝性脳症は肝臓の機能が働かなくなってしまうことが原因で脳に障害を与えてしまう病気です。肝臓の機能障害がなぜ脳に重篤なダ……

犬の神経系の病気

【獣医師監修】小型犬がかかりやすい危険な病気と予防法

小型犬は大型犬、中型犬と比べるとなんだか病弱そうなイメージを持っていませんか? 実際は、体が小さいからといって、他の犬種よりも際立って病気に弱いということはありません。しかし、遺伝的に……

犬の心臓の病気