2016年6月29日更新

アメリカンボブテイルをお迎えしたい人に知ってほしい、アメリカンボブテイルのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

アメリカンボブテイルという猫をご存知でしょうか?中々日本では、有名ではないようですが、アメリカでは人気がある猫です。尻尾がほとんどないのが特徴で、アメリカでは珍しいために、人気があるようです。日本では繁殖しているブリーダーも、少ないようですが、注意点はどんなところでしょうか?

 

ブリーダーについて

ブリーダーからお迎えするメリットは、心身ともに健康な子猫をお迎えできる点でしょう。ペットショップでは、取り寄せサービスを行っている場合もあり、人間的にはかなり便利です。しかし、生後間もない子猫にしてみれば長距離の移動は、ストレスでしかありません。他にも、母猫や兄弟から離されてしまうことで、社会性を学ぶ機会が失われてしまうデメリットがあります。

ブリーダーでは、産まれた時から家族の一員として暮らしているため、人間に甘えたり母猫や兄弟と遊んだり、ストレスフリーで過ごすことができます。成猫になったときに、この差は大きく、精神的に安定している猫に育ってくれるでしょう。また、移動もしていないために、感染症の危険も少ないでしょう。


画像出典:torbakhopper

ブリーダーからお迎えする時の注意点

ブリーダーの中には、悪徳ブリーダーも存在しています。金銭目的のために、繁殖をしているようなブリーダーから購入しないように気を付けましょう。

見分ける方法は、まず、動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか、確認しましょう。日本で繁殖、販売を行うためには、登録が義務付けられています。何より、ブリーダーがアメリカンボブテイルに対する愛情を持って、繁殖をしているでしょうか?

そしてその愛情は、猫の生活環境にも反映されているでしょう。清潔に保たれているでしょうか?いつでも新鮮な水が飲めるように配慮されているでしょうか?母猫や兄弟の様子も見てみましょう。

 

アメリカンボブテイルのブリーダーを探すには?

アメリカンボブテイルのブリーダーは、日本にはほとんどいないようです。また、ブリーダーはあまり商売的ではないので、個人のHPを持っていない場合も多々あります。そのため、口コミのみで販売をしている場合もあるでしょう。実際に今日本で飼っている方に、聞いてみるなど実地的に調べてみる方法しかないでしょう。

日本にブリーダーがいないようであれば、アメリカからの輸入も考える必要があります。下記のサイトでは、輸入のお手伝いをしてくれるそうです。どうしても見つからない場合には、利用してみてはいかがでしょうか?

インポートキャット

ブリーダー以外のお迎え方法

お迎え方法は、ブリーダーだけではありません。ペットショップで探してもらうという方法もあります。全国規模で展開している店舗であれば、探してくれるかもしれません。

里親という方法もあります。里親としてお迎えするには、アメリカンボブテイルは希少種です。まず、飼っている方を探すことが難しいかもしれません。しかし、里親についての知識があるとないとでは、見方も変わります。ぜひ一度、里親について調べてみることをお勧めします。

アメリカンボブテイルをお迎えするために

アメリカンボブテイルは、日本ではなかなか見ない猫種でしょう。そのため、お迎えするまでには時間がかかるかもしれません。まずは、自身の中で絶対条件を挙げてみましょう。譲れるところは妥協して探してみると、すぐにお迎えできるかもしれません。

 
 

関連カテゴリ