2016年6月29日更新

オリエンタルをお迎えしたい人に知ってほしい、オリエンタルのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

オリエンタルという猫は、元々はシャム猫からきているそうです。性格は、優しく甘えたがりな子が多いようです。でもやきもち焼きな一面もあるようで、長期間放っておかれるとスネてしまうようです。そんな大変愛らしいオリエンタルをお迎えするにあたって、注意点はあるでしょうか?

 

ブリーダーについて

ブリーダーからお迎えをするメリットは、純血の血統が良い子猫をお迎えできる点でしょうか。血統書は案外簡単に発行できてしまいます。しかし、ブリーダーで繁殖されている子猫は、間違いなく純血で、飼いやすい家猫同士を掛け合わせているので、お迎えしても大変飼いやすい家猫になるでしょう。

母猫や兄弟から社会性を学んでおり、ブリーダーである人間に甘えることも知っているので、手もかからず人間にも慣れていて、とても愛らしい猫となるでしょう。これも、ブリーダーからお迎えするメリットとなるでしょう。

ブリーダーからお迎えする時の注意点


ブリーダーの中には、金銭目的で繁殖販売を行っているブリーダーもいるかもしれません。そういった悪徳ブリーダーから購入しないためには、注意しなければならない点があります。

まず、日本で繁殖販売をするためには、動物取扱業と動物取扱責任者の登録が必要です。登録がなされているか、確認をしてみましょう。次に、オリエンタルについての知識はあるでしょうか?かかりやすい病気や、飼育上の注意などをちゃんと説明してくれたでしょうか?大事な子猫を譲る相手ですから、家族構成や自宅環境などについても話が及ぶかもしれません。

見学に行った際には、人柄などに加え、猫の飼育環境にもご注意ください。清潔に保たれていますか?いつでも新鮮な水が飲めるように配慮されているでしょうか?母猫や兄弟の様子も見てみましょう。

 

オリエンタルのブリーダーを探すには?

オリエンタルのブリーダーは、そこまで多くはないかもしれません。好みの子猫をすぐに見つけることができるとも限りません。まずは、下記のサイトなどで、ブリーダーを探してみましょう。問い合わせをして、実際に子猫が産まれているか確認をしましょう。場合によっては、次回出産まで待つ必要があったり、予約で埋まってしまっている可能性もあるかもしれません。
みんなのオリエンタルショートヘア子猫ブリーダー

ブリーダー以外のお迎え方法


お迎えする方法は、ブリーダーだけではありません。ペットショップでは、全国から取り寄せを行ってくれる店舗もあるでしょう。里親という選択をする方も、増えています。それぞれのお迎え方法に、メリットやデメリットがあります。まずは、自身の絶対条件をリストアップしてみましょう。

オリエンタルをお迎えするために

オリエンタルは、日本にもブリーダーが存在します。しかし、そこまで多くないために、子猫を譲ってもらうまでに時間がかかるかもしれません。国内にブリーダーはいるので、まずは問い合わせをしてみましょう。

 
 

関連カテゴリ