2016年6月29日更新

ターキッシュバンをお迎えしたい人に知ってほしい、ターキッシュバンのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ターキッシュバンは、水を泳ぐ猫とも言われています。とても賢く、愛情を持って接してくれます。ただ、野性的な一面もまだまだ残っているために長い時間抱っこされたり、撫でられるのはあまり好まないようです。アクティブな性格なのでおもちゃを使った遊びは大好きです。

そんなターキッシュバンをお迎えする注意点は、どんなところでしょうか?

 

ブリーダーについて


画像出典:Heikki Siltala
ブリーダーのメリットは、家猫として飼いやすい猫をお迎えできる点です。元々血統書付きの猫は、なかなか人に慣れずあまり触らせてくれないという声も聞かれます。しかし、ブリーダーのところで産まれ育った猫は、産まれた時から人間の手にも慣れています。そのため、家猫として飼いやすい猫が多いでしょう。

次に、身体的にも健康な子猫がお迎えできます。長距離の移動や他の動物との接触がペットショップなどと比べ少ない点は大きなメリットです。不特定多数の人間との触れ合も避けられるために、感染所の心配が少ないです。

ブリーダーからお迎えする時の注意点


画像出典:Suzie Tremmel
ブリーダーの中には、金銭目的のために販売をしている業者もいます。そういったブリーダーから、購入してしまうと、生まれつき疾患持っている場合もあります。

信頼できるブリーダーを見分けるために、まずは動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか、確認してください。日本で動物を販売、繁殖をするためにはこれらの登録が必須です。

ブリーダー自身の人柄ももちろん大切です。今後のお付き合いも長くなる可能性が高いので、人間同士の相性も確認しましょう。見学に行った際には、人柄などに加え、猫の生活環境にもご注意ください。清潔に保たれていますか?いつでも新鮮な水が飲めるように配慮されているでしょうか?母猫や兄弟の様子も見てみましょう。

 

ターキッシュバンのブリーダーを探すには?

ブリーダーは基本的に、あまり表立って売り込みはしていません。そのため、店舗を持っていることはあまりありません。ブリーダーを探すには口コミで探すのが良いかもしれません。下記のサイトは、ターキッシュバン専門のブリーダーなので安心してお迎えができるのではないでしょうか。

マロ&チャロ(ターキッシュバンブリーダー)

ブリーダー以外のお迎え方法

猫をお迎えする方法は、ブリーダーだけではありません。ペットショップは、全国規模であれば取り寄せを行ってくれる場合もあるでしょう。

最近では、SNSやインターネットが普及しているため里親という選択をする方も増えています。里親と聞くと、少し身構えてしまうかもしれませんが、そこまで難しいことではありません。是非、一度里親について調べてみてください。

ターキッシュバンの里親について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
ターキッシュバンの子猫の里親になる方法と里親を探す方法

ターキッシュバンをお迎えするために

ターキッシュバンのブリーダーはそう多くはありません。時間がかかるかもしれませんが、根気強く探してみましょう。まずは、自身の絶対条件を挙げてみましょう。もっとも条件に沿ったところからお迎えしましょう。

 
 

関連カテゴリ