2016年5月10日更新

ペットの長寿のためにぜひ、受けたい。ペット健康診断「プロミペット」がサービス充実

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペットを家族の一員として大切にし、食べ物にもこだわる飼い主が増えたことでペットの寿命はかなり伸びてきました。最近では7歳以上の老犬は全体の54.6%、シニア猫は全体の42.1%を占め、高齢化が進んでいるのは人間だけではないことがわかります。当然、病気で病院に通う機会も増えるわけですが、できれば早期発見でペットにも飼い主さんにも負担のないようにしたいですね。シグニ株式会社はペットの健康診断サービス「プロミペットいますぐ検診」を提供していますが、2016年4月よりそのサービス内容を拡充しました。

 

「プロミペット」って何?


「プロミペットいますぐ検診」は1200を超える動物病院と獣医師の協力で作られたチケット制のペット健康診断システム。事前に内容を確認してチケットを購入し、提携する全国1,150以上から病院を選んで行くだけで安心して検診を受けることができます。

検診内容は、触診、問診、血液検査で(7,980円/税込み)。血液検査は「生化学16項目検査」と呼ばれる一般的な検査ですが、ペットに大きな負担を掛けることなく健康をチェックできる優れた検査。血液の中に含まれる特定物質の有無や量を調べることで、さまざまな臓器の状態を診ることができます。万が一、検査で病気が発覚しても初期であれば治療の負担や経済的な負担も少なくてすむでしょう。何より、検査でお世話になった病院にそのまま相談できるのが心強い点です。

ペットは症状を訴えることはありません。むしろ具合が悪くてもそれを隠す習性があり、病気の症状が出た時には手遅れになることも少なくありません。少なくてもシニアになったら、定期的に血液検査をしてあげてほしい・・・「プロミペットいますぐ診断」はそんな思いから飼い主さんと獣医師を結ぶ役割を担っているのです。

「プロミペットいますぐ診断」に診断項目が増えました

2016年4月1日より、「プロミペットいますぐ診断」の審査項目に赤血球、白血球、血小板などの数を測る血球検査が追加されました。血球検査で血液の状態を検査できるようになったため、いままではわかりにくかった貧血、感染症などの病気の早期発見が可能になりました。貧血はシニア猫に多い症状ですので、シニア猫にとっては特に朗報ですね。

 

シニアになったら定期的に検診を受ける習慣を


ペットが高齢になったら健康に見えても定期的に検診を受けることが大切です。しかしながら多くの飼い主さんは日々の忙しさや料金の心配などで、病院から足が遠のいているのではないでしょうか。「プロミペットいますぐ診断」は、決められた金額を事前に支払うことで料金の心配なく、検診を受けることができる便利なシステムです。ペットに長生きして欲しいと思ったら、一度、このシステムで検診を受けてみることをオススメします。

「プロミペットいますぐ診断」概要

  • 診断内容:問診、触診、血液検査(生化学16項目検査、血球検査)
  • 料金:7.980円(税込み)
  • 販売場所:プロミペット本店、プロミペット楽天市場、全国のヤマダ電機
  • 提携病院:全国に1,150軒あり。

詳しくはコチラ【http://pet.promiclos.co.jp/kenshin/about.jsp

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード