2016年6月2日更新

【動物法務のプロが解説】多頭飼育禁止の賃貸住宅で多頭飼育をしていたらどうなる?

体が小さくスペースもとらない小型犬や超小型犬、また猫の飼育者の増加などもあり、賃貸住宅での多頭飼育の飼い主さんも今では珍しくありません。しかし、いくらペットと暮らせる賃貸住宅であっても、頭数無制限というわけにはいきませんから、一般的には賃貸借契約書等の規定に頭数制限があることがほとんどでしょう。そういった多頭飼育が禁止されている賃貸住宅で多頭飼育をしていた場合はどうなるでしょうか?賃借人・賃貸人の各視点でみていきましょう。

賃借人の立場から


当然ですが、契約違反は明らかですから、是正しなければならないということになります。そのまま放置するのは契約解除につながりますので、好ましい状況とはいえません。とはいえ、すでに飼育を継続してきている場合は、手放すのは容易なことではないでしょう。

しかし、飼い主の責任において何とかしなければならないのもまた事実です。まだばれていないからという場合でも、隠れてこのままという考えは、飼い主とペットともに窮屈な生活を強いられることになるので、好ましくはないでしょう。

賃貸人や他室賃借人との個別交渉という手段もありますが、必ず認められるというものではありません。賃借人はすでに契約違反により信頼関係を破壊しているともいえるため、交渉を断られても文句は言えないでしょう。

他室賃借人との関係もありますし、賃借人自身で新たな飼い主探しをしなければならなくなったり、退去の選択をしなければならなくなったりと、いずれ苦渋の決断をしなければならないときがやってきます。契約というものを軽く考えてはいけません。

賃貸人の立場から

SONY DSC
賃貸人にとっては他室賃借人との関係もあるので、賃貸人という立場からは放っておくことはできないでしょう。契約違反ですので、改善を促すことになるのですが、賃貸人が賃借人への改善を書面で行う等、対応履歴を書面に残すとよいでしょう。事実を積み重ねておくことが後の対応に役に立ちます。

ペットも入居者と考えると、契約前には十分な審査や説明、契約後においてもペットの写真、プロフィール等判別できる登録台帳の整備など、情報把握できるような工夫も必要でしょう。

最後に

少数ではかわいそうとの心理が働いてしまうものなのかもしれませんが、違反は違反です。トレーニングや日常のケアなども必要な場合もありますが、ペットが寂しい思いをしないよう飼い主が十分な愛情を注ぎ、絆を深め、共に快適に暮していけるようにしましょう。

今回のようなケースにかかわらず、どうしても手放さなければならない時がやって来るかもしれません。もちろん飼い主の責任として終生飼養しなければなりませんが、万が一の時に備えて助け合いや相談ができる仲間作りなどをしておくことも必要かもしれません。

執筆協力:伊藤成規(行政書士 (一社)どうぶつ法務福祉協会・賃貸住宅ペット問題担当アドバイザー)

山口 一哉



(一社)どうぶつ法務福祉協会・代表理事(行政書士)

一般社団法人どうぶつ法務福祉協会・代表理事/行政書士横浜いずみ共同事務所・代表。(一社)ペットライフデザイン協会理事。幼少期に犬を飼っていたことと、捨て猫との暮らしをきっかけに、何か出来ることはないかと模索していたところ、「動物法務」の存在を知り、開業を決意。平成21年行政書士事務所開業、平成23年横浜市に移転。成年後見、遺言、人と動物に関する許認可等各種手続や書類作成の支援が主な業務。平成27年一般社団法人どうぶつ法務福祉協会設立、同代表理事に就任。1級愛玩動物飼養管理士、愛護動物虐待防止管理士、少額短期保険募集人の資格を保有。

一般社団法人どうぶつ法務福祉協会HP
行政書士横浜いずみ共同事務所HP
ブログ

関連記事

【動物法務のプロが解説】ペットを飼っている場合の原状回復ってどこまで?

賃貸住宅でペットを飼っていれば、ペットによる物件への汚れや傷をつけた場合など、退去する時の原状回復が気になる方は多いかと思います。何か特別な注意が必要なの?ペットを飼っている場合の原状回復っ……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】ペット不可の賃貸住宅で犬猫を飼育したらどうなる?

ペットと暮らせる賃貸住宅は、入居者がペットと一緒に暮らしたいとのニーズもあり、増えてきてはいるものの、まだまだ十分な数があるとは言えません。またマンション、アパート等集合住宅では、賃貸借契約……

犬の法律

ペットの法律、知ってますか?ペットに関する法律と飼い主の義務・罰則

ペットは法律上では「物品」として扱われていますが、命ある大切な存在であることは人間と変わりません。 昭和48年に施行された動物愛護管理法は動物を虐待から守るための法律でしたが、その後、……

犬の健康と病気

【動物法務のプロが解説】犬同士がケンカをしてケガをした/させた

犬は日頃からしつけをしていても、性格や相性の問題というものがどうしてもありますので、散歩ですれ違ってもまったく気にしない場合もあれば、遠くからでも声や姿に反応して興奮状態になる場合もあります……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】ペット可賃貸住宅で犬猫が苦手な人に文句を言われてしまったら…

ペット飼育可の賃貸住宅でも、賃借人のなかには様々な事情からペットを飼育していない方、あるいは、犬猫が苦手な方が入室していることも考えられます。多数の人々が同じ建物で暮らす集合住宅では、ちょっ……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】多頭飼育禁止の賃貸住宅で多頭飼育をしていたらどうなる?

体が小さくスペースもとらない小型犬や超小型犬、また猫の飼育者の増加などもあり、賃貸住宅での多頭飼育の飼い主さんも今では珍しくありません。しかし、いくらペットと暮らせる賃貸住宅であっても、頭数……

犬の法律

「災害時のペット同伴避難所の開設を!」の署名活動をしています

「災害時のペット同伴避難所の開設を!」の署名活動 9月23日(金曜日)に多くの国会議員の前で「ペット同伴避難所の必要性」を講演することになった すごーいでしょ(^○^)何がすごい……

犬のニュース

飼っている犬や猫に自分の財産を残すことはできる?ペットに遺産相続する方法とは?

2011年「世界で最もお金持ちの猫」としてブラッキーという猫がギネスブックに認定されました。 ブラッキーは映画製作者ベン・リー氏が飼っていた猫でしたが、遺言により彼の死後にその財産のす……

犬の幸せ

愛犬家には嬉しい!NYの法案がまもなく実施

世界有数の愛犬国であるアメリカ。 昨年の10月にニューヨークで愛犬家には嬉しいとある法案が可決されました。 どんな法案? 「Dining with Dogs(犬と食事)」というこの……

犬のニュース

【動物法務のプロが解説】犬同士のトラブル・散歩中にほかの犬に咬まれた!

街なかを歩いていると、様々な場所や時間に犬を散歩させている人をよく見かけるようになりました。なかには小型犬から大型犬まで、多頭で一人の方が連れて散歩している姿を目にすることもあります。多くの……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】知らない犬に咬まれてケガをしたら?

あなたが街中を歩いているとき、目の前から犬がやってきたとします。普通であればそのまま通り過ぎると思うのですが、そのときに犬が何らかのキッカケで興奮状態だった場合、もしかするとその犬があなたに……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】犬猫を飼っていることで嫌がらせを受けている…どうすればいい?

ペットブームといわれて久しいところですが、数年以上前と比べて飼い主さんのマナーが向上し、モラルが浸透してきているとは思われます。何より、犬・猫を家族同様に接していることの現われだといえるでし……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】賃貸住宅でペットをベランダに出してもOK?考えられるトラブルとその対処法

近年ペット飼育を可とする賃貸住宅が増えてきています。ペットは共に生活していく家族の一員であると捉え、ペット共生賃貸住宅と表現されるところも見られます。当初からペット飼育可や専用とする物件や、……

犬の法律

犬が大好きな人でも意外と知らない?!犬の雑学 5選

飼い主さんなら毎日身近なところにいる家族のような犬ですが、調べてみると意外な事実がたくさんあります。そこで今回は、まだあまり知られていない犬の体の秘密、犬の歴史、ギネスに登録されている犬など……

犬の雑学

【動物法務のプロが解説】犬同士のトラブル・追いかけられて犬がケガをした

ペットは命ある存在であり、思わぬ行動に出ることもあります。犬が他の犬に追いかけられてケガをするという犬同士のトラブルが起きることもあり得ます。そういった場合に法的にはどうなるでしょうか?民法……

犬の法律