2016年5月25日更新

プーリーの寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

モップのような独特の見た目をしているプーリー。羊の背中に飛び乗って方向転換させられる曲芸のような機敏さも目を引く犬種ですね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

 

プーリーの平均的な寿命は?

プーリーの平均的な寿命は12歳~16歳だといわれています。プーミーが12歳~13歳、ベリガマスコ・シェパード・ドッグが13歳~15歳といわれているので、このタイプの犬種としては平均的な寿命の犬だといえるでしょう。

ただしあくまでも平均寿命は1つの目安であって、犬の寿命はその犬の持っている体質や病気、育った環境によって異なります。とくに最近は犬の医療も充実してきていますし、市販のドッグフードも種類も質も向上していますので、寿命を越えて長く生きている犬も増えてきています。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

しっかりとした運動量が長寿につながる

プーリーは家庭で飼育していても本能で家畜の管理ができるといわれるほど、活発で与えられた仕事をこなすことが大好きな犬種です。基本的に忙しく動き回ることを好む傾向があるため普段から多くの運動量が必要で、十分に体を動かすことができないとストレスを感じてしまいます。

1部の研究では落ち着きがあり穏やかな性格の犬の方が、縄張り意識の強い攻撃的な犬よりも寿命が長いといわれています。ストレスをなくし落ち着いた状態で生活できるように、十分な運動量を確保してあげるとよいですね。

プーリーの場合は普段は1日2回1回30分~1時間程度のジョギングなどを取り入れた散歩をしてあげるとよいでしょう。また仕事を与えられることに喜びを感じる犬種であり、警察犬としても活躍できるほど高い知能と訓練性をあわせもっているので、休日などを利用してアジリティー競技やフライングディスクなどの、知能と運動量の両方を満足させてあげることができる競技に一緒に挑戦するとよいようです。


画像出典:Tanja

皮膚病の予防のために適切な被毛のケアが必要

プーリーのモップに似た独特の見た目を作り出しているのは、コーテッドコート(縄状毛)と呼ばれる特殊な被毛です。この被毛は柔らかい下毛とウェーブやカールがかかった上毛が、伸びていくにしたがって絡んでいくことで、縄状の房がいくつも作られる構造になっています。

プーリーらしい見た目を保つためには、きれいなコーテッドコートを維持してあげたいところですが、この被毛はゴミや汚れが絡まりやすく排せつ物が付いてしまうことが多いことや、シャンプーやブラッシングなどがかなり難しいことでも知られています。皮膚病は症状が進んでからの治療は長引く傾向があります。

皮膚のトラブルを防ぐためにもコーテッドコートの構造を理解して、しっかりと時間をとって日ごろから適切な被毛ケアをしてあげることが大切です。少しでも違和感を感じるようなら早めに動物病院へ連れて行ってあげるとよいですね。

またどうしても被毛のケアに時間が取れない場合は、定期的にトリミングに出して短く被毛をカットしてしまうのも1つの方法かもしれません。

目の病気にも注意が必要

プーリーは比較的健全な犬種だといわれていますが眼病には注意が必要なようです。プーリーがかかりやすいといわれている目の病気は主に次のとおりです。

進行性網膜萎縮症

網膜にある光を受容する部分に異常が生じることで網膜が徐々に萎縮し、最終的には失明にいたる病気です。この病気には確かな治療法がありません。しかし痛みを伴うようなことがなくゆっくりと進行する病気なので、犬の症状にあわせてストレスがないように生活させてあることが大切です。

ぶどう膜炎症

ぶどう膜とは犬の眼球にある虹彩(光を調節する機能)、毛様体(虹彩の絞り込みを調整する筋肉)、脈絡膜(眼球や網膜に栄養と酸素を送る機能)、に発生した炎症の総称です。

ぶどう膜炎症はウィスルや菌、寄生虫などの感染症から発症する場合や、あらかじめ持っていた角膜炎、結膜炎、歯周病などが原因の可能性が高く、早期に発見することが発症原因を含めての治療につながっていくといわれています。

ぶどう膜炎の初期症状は角膜が濁って見えたり、虹彩部分から出血があったり、虹彩が変形して見えるなど見ただけでわかる症状が多いようです。日ごろからコミュニケーションの時間をとって、こまめにチェックしてあげるとよいでしょう。

目の病気に場合は目の周りを引っ掻いたり歩きたがらなかったりなど、いつもと違う行動が見受けられることが多くあります。少しでもおかしな行動がみられた時は、早めにできれば眼科を中心に診察している動物病院を探して受診するとよいでしょう。

 

シニアになったら注意してあげたいこと

プーリーのような中型犬は、6歳ころからはシニアとしての生活が始まり、10歳からは本格的な老化と向き合うようになるといわれています。

シニア期に入るとエネルギー代謝も悪くなっていきますし、徐々に寝ている時間が増えていきます。そのため若いころと同じような生活をしていると、どうしても肥満になる傾向があります。特にプーリーの場合は糖尿病の発症の危険性が高い犬種だといわれていますので、シニア期からの肥満には十分に注意が必要になります。

シニアの犬は運動での肥満対策は難しいので、食事管理で体重をコントロールするとよいようです。また少しずつ噛む力も弱り胃腸の動きも鈍くなってきますので、しっかりと噛むことのできる硬さのカロリーコントロールされたフードを選ぶとよいでしょう。体質にあわせたフードを選ぶためにはかかりつけの獣医師に相談して、その時の犬の状態にあわせたフードを紹介してもらうのもよいですね。


画像出典:Anita Ritenour

長く一緒にいるためには

プーリーは体も丈夫で遺伝性の疾患の少ない、比較的に健全な犬種だといわれています。かかりやすい病気などに注意しながら過ごしていけば、長く一緒にいることができるかもしれませんね。

ただしシニア期に入ると症状としては現れていなくても、潜在的な病気が発症している可能性が高くなります。半年に1回のペースで定期検診を受けるとよいですね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

プーリーの子犬の里親になる方法と里親を探す方法

プーリーは、顔を認識できないほどドレッド風の被毛に覆われている中型犬です。 その独特な見た目から、一度見たらファンになってしまいます。 頭も良く、好奇心旺盛で性格も非常に愛らしいようです……

犬・小犬の里親になる

プーリーの価格の相場はどのくらい?購入する方法・里親になる方法は?

羊のような柔らかい下毛とウェーブやカールのかかった上毛が作り出す、モップのような独特な毛並みが特徴的なプーリー。優秀な牧畜犬としの血は健在で、瞬発力のある活動的な犬です。そんなプーリーの価格……

犬の購入・入手方法

まるで動くモップのよう!モコモコの被毛が魅力的なプーリー

独特のドレッドヘアーのような被毛を持つプーリー。まるで生きているモップのような見た目が可愛らしいですね。モコモコとした被毛を揺らしながら、小股で軽快にステップするように歩くのも特徴的です。で……

プーリー