2016年5月25日更新

ウィペットの寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

美しい流線型の体と艶のある短毛が魅力的なウィペット。究極のスプリンターと呼ばれる走りは、見る人を圧倒する迫力があります。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

ウィペットの平均的な寿命は?

ウィペットの平均的な寿命は12歳~15歳だといわれています。ベドリントン・テリアが12歳~14歳、イングリッシュ・コッカー・スパニエルが12歳~15歳といわれているので、このタイプの犬種としては平均的な寿命の犬だといえるでしょう。

ただしあくまでも平均寿命は1つの目安であって、犬の寿命はその犬の持っている体質や病気、育った環境によって異なります。とくに最近は犬の医療も充実してきていますし、市販のドッグフードも種類も質も向上していますので、寿命を越えて長く生きている犬も増えてきています。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

高速走行はけがに注意が必要

ウィペットの最大の魅力はまるで馬のような速さと美しさで走る姿ですね。でもこの時速60kmにも達するといわれる高速な走行は、急停止の際には足や腰に大きな負担をかけてしまいます。

また高速で走行していても瞬時に方向を転換させる俊敏さもウィペットの特徴ですが、その際は曲がる方向に重心が偏ることによって、偏った側の骨や靭帯に大きな負担がかかるといわれています。

そのためウィペットの場合は、骨折や靭帯の損傷には十分に注意が必要になります。

ただウィペットはもともと走ることが大好きな犬種ですので、けがを心配するあまり運動をさせないのはストレスの元になってしまいます。ストレスなく長く健康でいてもらうためには、広く余裕のあるスペースで安全に走れる場所を確保しておくことが大切ですね。

防寒と日光対策が大切

ウィペットは短毛種の中でもとても短い毛質をしている犬種です。そのため冬の寒さに大変弱く、防寒をしないと免疫力の低下や胃腸障害などを起こしやすくなります。

冬場の室温は20℃~26℃が適温だといわれています。エアコンやヒーターなどを利用して快適な温度を保ってあげましょう。ヒーターも最近ではペット用にやけどに注意した商品も販売されています。留守にすることが多い場合などはペット用のものを利用するのもよいでしょう。

ウィペットの場合は冬の防寒服は必需品になりますが、通常のペットショップで販売されているものは、首と足が長く胴体が細いウィペットの体型にあうものがなかなかみつからないのが現状です。

インターネット上にウィペットやイタリアングレーハウンド専用の洋服を販売しているサイトがありますので、ウィペット、防寒服などで検索して体型にあう洋服を用意してあげましょう。また防寒服にもさまざまな種類がありますので、室内用の服と外出用のコートなど用途によって用意しておくとよいですね。

冬の寒さに弱い分夏の熱さには強いと思われがちですが、直射日光や照り返しで肌を傷めることも多くあります。夏場の外出は日差しの強い時間帯を避け、できるだけ日陰を選んで歩くなどの予防をしましょう。肌を直射日光から守るためにクールシャツやベストを利用するのもよい方法です。

ストレスのかからない生活を

ウィペットのようなサイトハウンド系の犬種は、感受性が強くやや神経質な面があります。

特に飼い主の気持ちにとても敏感で、しつけなどでもイライラとした態度ばかりとっていると、どんどんと萎縮してますますできなくなってしまうようなところがあります。またとてもさびしがり屋で、飼い主と離れること対して強いストレスを感じる犬種でもあります。

ストレスが万病の元であることは、人間でも犬でもかわりはありません。

ウィペットはサイトハウンド系の犬種の中では、比較的しつけが入りやすい犬種だといわれていますので、しつけの際は大きな音や叩くなどの威圧的な態度は避けて、冷静に穏やかに接してあげるとよいでしょう。

また犬にとっての大きなストレスの1つが長時間の留守番です。でも留守番をさせずに生活をすることは難しいですよね。

留守番をさせる場合はいきなり長時間の留守番からさせるのではなく、短い時間から徐々に慣らしていくとよいでしょう。またできるだけこれから留守番だという合図は作らない方がよいといわれています。留守番をすることが自然なことにしてあげることが大切なようですね。

シニアになったら注意してあげたいこと

ウィペットのような中型犬は、6歳ころからはシニアとしての生活が始まり、10歳からは本格的な老化と向き合うようになるといわれています。

シニア期に入るとどうしてもエネルギー代謝が悪くなっていきます。そのため若いころと同じような食生活を続けていると肥満になる傾向があります。

もともと細身の体型をしているウィペットの場合は肥満になると骨への負担が大きく、関節の病気や骨折のリスクが高くなってしまいます。できるだけ噛む力や胃腸の動きにあわせて、硬さやカロリーがコントロールされたフードを選んであげるとよいでしょう。体質にあわせたフードを選ぶためにはかかりつけの獣医師に相談するのもよい方法ですね。

また走ることが好きなウィペットの場合は、シニア期に入ってもドッグランなどで走りたがる傾向があるようです。しかしシニア期は青年期よりも骨折やけがのリスクが高くなりますし、万が一けがなどを負った場合は治癒するまでに時間がかかることが多いので、寝たきりにつながる可能性が考えられます。

だからといって急に運動量を減らすことはストレスにつながってしまいますので、ゆっくりと回数や遊ばせる時間を減らすなど、ストレスを感じさせない工夫をしながらコントロールしてあげるとよいですね。

長く一緒にいるためには

ウィペットは血統によっては大きな遺伝性の疾患を持っている場合もありますが、基本的には遺伝的に安定した健全な犬種だといわれています。かかりやすい病気などに注意しながら過ごしていけば、長く一緒にいることができるかもしれませんね。

ただしシニア期に入ると症状としては現れていなくても、潜在的な病気が発症している可能性が高くなります。半年に1回のペースで定期検診を受けるとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

オシャレさNo.1!ウィペットおすすめブログ 6選

都会的な雰囲気で室内飼いしやすい大きさ。無駄吠えも少なく、女性も飼い易い犬種です。お手入れも簡単で性格はケンカ嫌いです。ですので、他の犬とも仲良くやっていける温和な性格です。うるさくないので……

ウィペット

ウィペットの価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

グレイ・ハウンドを小型にしたような、美しい流線型の曲線が特徴的なウィペット。正統派のサイトハウンドの中で、もっとも飼い主の指示に従順で献身的な性格をしているといわれています。そんなウィペット……

犬の購入・入手方法

ブリーダーからウィペットを迎える時の選び方やメリットは?

細く引き締まった体格は美しく、そして機能的です。一気にトップスピードまで到達できる加速力、そして一瞬で方向転換する機敏さを持ち、優秀なスプリンターと言えるでしょう。 従順で献身的なので……

ウィペット

ウィペットの寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

美しい流線型の体と艶のある短毛が魅力的なウィペット。究極のスプリンターと呼ばれる走りは、見る人を圧倒する迫力があります。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわ……

ウィペット

ウィペットの飼い方・性格情報まとめ

ウィペットと聞いてドッグレースを思い浮かべる方も少なくないでしょうが、一説にはドッグレース用のウィペットと家庭犬やドッグショー用のウィペットは異なった交配がされていると言われています。現在は……

犬の習性