初めて犬を飼う方に 子犬の飼い方・しつけ方

 

犬を飼うまで

犬を飼うということは、一生面倒をみるということです。食事や散歩だけでなく、排泄物の処理やしつけ、病気にかかったときには動物病院へ連れていかなければいけません。動物を飼うということは楽しいことばかりではありません。
まずは、犬を飼うことのメリット・デメリットなど、犬を飼うまえに考えてほしいことをご紹介します。

犬を飼うために必要なもの

「犬を飼いたい!」という気持ちがどんなに大きくても、犬を飼うために必要なものがそろっていなれけば家に迎え入れることができません。
ここでは、犬を飼うために準備するもの・飼育環境・費用についてご紹介します。

準備するもの

子犬を迎えるということは家族が増えるようなものです。犬を迎えたその日から必要なものもありますので、事前にしっかりと準備をしておきましょう。

飼育環境

犬はなるべく家族と一緒にいたい動物です。モノだけでなく環境にも注意をしましょう。犬を家に迎え入れる前に飼育環境を整える際のコツをご紹介します。

費用

犬を飼えば、当然お金もかかります。「お金がなくて動物病院に行けない」なんてことが起こらないよう、犬を飼うために必要な費用についてもしっかりと確認し計画をしておきましょう。

 

犬を飼うとき

犬にはたくさんの種類があります。犬を飼うのがはじめての方にはオススメできない犬種も存在します。
ここでは犬の選び方から犬を購入する方法の選び方、犬の里親についてご紹介します。

犬の購入・入手先の選び方

ペットショップやブリーダーなど、犬の購入方法・入手方法はいくつかあります。しかし、その中にはパピーミルのような動物を商売道具としか思っていないような悪徳業者も存在します。
信頼できるショップや団体を見つけるためにどういったことに注意すればよいのでしょうか?

犬の選び方

犬種よって、見た目だけでなく性格や特性も異なります。そのため、必要なケアが異なる場合もあります。同じ犬だから同じ飼い方ができるというわけではありません。
自身の生活にあった犬種を選ぶためにはどんなことに注意をしたらよいのでしょうか?

犬の里親になるには

犬を飼うことを考えているのであれば、是非、里親についても考えてみてください。今日も沢山の犬がアナタを待っています。

 

犬を飼いはじめたら

犬を飼う上で一番大変な時期は、犬を家に迎え入れた直後です。人間の子どもと同じように、一人だけで全く新しい環境に連れて行かれると不安でいっぱいになってしまいます。ご飯を食べてくれなかったり、夜泣きがやまない子もいるでしょう。
ここでは、子犬のケアや畜犬登録の方法など、犬を迎え入れたばかりの飼い主がまず最初にやるべきことをご紹介します。

新しい環境に慣れさせる


犬を迎えた直後はついついかまいたくなってしましますが、グッと我慢しましょう。まずは新しい環境に慣れてもらうことが第一優先です。特に子犬の場合、母犬の元を離れるということはとても辛い出来事です。夜泣きをしてしまうこともあるでしょうが、温かい目で見守ってあげてください。

トイレを覚えさせる

トイレのしつけは、犬を家に迎えたその日から始まります。すんなり覚えてくれる犬もいれば、なかなか覚えてくれない犬もいます。しかし、失敗をしても絶対に起こってはいけません。事前にトイレのしつけ方法を知っておきましょう。

食事の与え方

犬のエサは年齢や月齢によって異なります。また、市販のドッグフードにはたくさんの種類があり、どれを選べばよいのか迷ってしまうでしょう。子犬の食事の与え方やドッグフードの選び方をご紹介します。

狂犬病予防・混合ワクチンと健康診断


子犬を迎えたらなるべく早めに動物病院へ行き、健康診断を受けましょう。ペットショップなどですでに寄生虫や感染症にかかっている場合もあります。また、狂犬病の予防は飼い主の義務ですので、必ず受けさせるようにしましょう。混合ワクチンの接種は義務ではないですが、多くの伝染病を防ぐことができます。

触られることに慣れさせる

愛犬が生活環境に慣れてきたら、触られることに慣れさせましょう。愛犬に触れるということはスキンシップとしての意味合いだけでなく、健康チェックができるということです。体のどこでも触れられるようになるとよいでしょう。

犬と遊ぶ


雨の日やワクチン接種が終わっていない子犬の場合など、散歩に連れて行ってあげることができない日もあるでしょう。そんな日は愛犬とたくさん遊んであげましょう。遊ぶことで愛犬との信頼関係を築くことができます。また、しつけのコツも見えてくるでしょう。

社会に慣れさせる

生後3ヶ月までに犬の性格は決まるとも言われていて、この時期に社会に順応する力がつきます。たくさんの経験をさせて、愛犬を社会に慣れさせましょう。

噛み癖の対策

子犬の場合、歯の生え変わりもあり、いろんなものを噛みたくなってしまいます。飼い主さんが大切にしていたものがボロボロになってしまったり、犬が電源コードなどを噛んで怪我をしてしまうこともあります。そうなってしまう前に対策をして起きましょう。

お留守番に慣れさせる


愛犬と24時間ずっと一緒にいることはできません。飼い主が視界から消えるたびに鳴かれていてはご近所さんに迷惑をかけてしまいます。愛犬のためにもちゃんとお留守番ができるようにしつけましょう。

畜犬登録をする

畜犬登録は生後90日以上の全ての犬の飼い主に義務付けられています。畜犬登録をする方法をご紹介します。

犬に関する法律

狂犬病予防注射や畜犬登録は飼い主の義務です。犬を飼うと飼い主にはたくさんの義務が発生します。詳しくはこちら
ペットの法律、知ってますか?ペットに関する法律と飼い主の義務・罰則

お散歩の仕方


小型犬、大型犬など犬種によって必要な散歩時間は異なりますが、すべての犬の健康のためには散歩が不可欠です。ここでは、散歩の仕方をご紹介します。

去勢と避妊を検討しよう

去勢していない犬がそのまま発情期を迎えてしまうと、ケンカや病気などのさまざまな問題が生じます。去勢は生後6ヶ月からできますので、獣医師さんと相談のうえ決めましょう。

関連記事