2016年6月22日更新

【動物法務のプロが解説】ペット可賃貸住宅で犬猫が苦手な人に文句を言われてしまったら…

ペット飼育可の賃貸住宅でも、賃借人のなかには様々な事情からペットを飼育していない方、あるいは、犬猫が苦手な方が入室していることも考えられます。多数の人々が同じ建物で暮らす集合住宅では、ちょっとしたことからトラブルに巻き込まれることもあります。

ペット飼育可の賃貸住宅であっても、犬猫が苦手な人から文句を言われることも起こり得るかもしれません。そういった文句を言われた場合はどのように対処すべきでしょうか? その時に慌てないために参考になる基本的な心構えなどをみていきましょう。

基本的な考え方

SONY DSC
ペット飼育可であっても近隣に迷惑をかけてはいけないということは誰もが持つ共通認識かと思いますが、きちんとルールを守り、まわりに実害が及ばないよう適正に犬や猫を飼育しているのに、価値観や感じ方、飼育方法の認識などの違いから、クレームがつくかもしれません。

このような場合、基本的にはペットを飼育している賃借人に賃貸借契約条項の違反や、社会通念上近隣の迷惑となる行為などがなければ、他室賃借人とのお話しは当該物件賃貸人がするべきでしょう。管理業者がいれば管理業者も交えて話し合いをするようにしましょう。

日頃からの備え

imasia_195365_S
日頃のご近所付き合いやコミュニケーションもとても大事なことです。マンションでペットクラブやペットの会などの組織があるのであれば、相談してみるのもよいでしょう。それと、じっくりと見ることがないという方が多いかと思われますが、賃貸借契約書などの該当する規定を確認しておいたり、飼い主とペットに関係する法規を確認しておいたりすることは、トラブル予防やいざという時の安心材料になるでしょう。

飼い主とペットに関係する法規としては、動物の愛護及び管理に関する法律 (昭和48年10月1日法律第105号)や、同法に基づく「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」(平成14年環境省告示第37号)、各自治体の動物愛護管理関係の条例・規則などに規定があります。いずれもペットを飼うにあたって飼い主が知っておかなければならないことが規定されています。

その他の参考資料

「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」

環境省では、「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」(出典:環境省HP・報道発表資料http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=12244)を策定しています。「住宅密集地」にはマンション等の集合住宅を含んでいます。

このガイドラインは、環境省が「人と犬や猫が調和した快適な居住環境の維持向上、人と犬や猫が共生できる町づくりを図るための基本的な配慮事項等をまとめた」ものとして、平成22年に作成されたもので、HPよりダウンロード(環境省HP「動物愛護と適正な管理」http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/info/index.html)できます。参考になるものですので、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

執筆協力:伊藤成規(行政書士 (一社)どうぶつ法務福祉協会・賃貸住宅ペット問題担当アドバイザー)

山口 一哉



(一社)どうぶつ法務福祉協会・代表理事(行政書士)

一般社団法人どうぶつ法務福祉協会・代表理事/行政書士横浜いずみ共同事務所・代表。(一社)ペットライフデザイン協会理事。幼少期に犬を飼っていたことと、捨て猫との暮らしをきっかけに、何か出来ることはないかと模索していたところ、「動物法務」の存在を知り、開業を決意。平成21年行政書士事務所開業。平成23年横浜市に移転、事務所名をいずみ代書に変更。成年後見、遺言、人と動物に関する許認可等各種手続や書類作成の支援が主な業務。平成27年一般社団法人どうぶつ法務福祉協会設立、同代表理事に就任。1級愛玩動物飼養管理士、愛護動物虐待防止管理士、少額短期保険募集人の資格を保有。

一般社団法人どうぶつ法務福祉協会HP
行政書士横浜いずみ共同事務所HP
ブログ

関連記事

【動物法務のプロが解説】賃貸住宅でペットをベランダに出してもOK?考えられるトラブルとその対処法

近年ペット飼育を可とする賃貸住宅が増えてきています。ペットは共に生活していく家族の一員であると捉え、ペット共生賃貸住宅と表現されるところも見られます。当初からペット飼育可や専用とする物件や、……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】犬の鳴き声がうるさい場合

最近はペットブームということもあり、犬を飼う家が一戸建て・マンションを問わず非常に増えてきました。そうなると必ずといってよいほど出てくる問題の一つが、「犬の鳴き声・騒音」です。犬というのは元……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】犬同士がケンカをしてケガをした/させた

犬は日頃からしつけをしていても、性格や相性の問題というものがどうしてもありますので、散歩ですれ違ってもまったく気にしない場合もあれば、遠くからでも声や姿に反応して興奮状態になる場合もあります……

犬の法律

【動物法務のプロが解説】知らない犬に咬まれてケガをしたら?

あなたが街中を歩いているとき、目の前から犬がやってきたとします。普通であればそのまま通り過ぎると思うのですが、そのときに犬が何らかのキッカケで興奮状態だった場合、もしかするとその犬があなたに……

犬の法律

飼っている犬や猫に自分の財産を残すことはできる?ペットに遺産相続する方法とは?

2011年「世界で最もお金持ちの猫」としてブラッキーという猫がギネスブックに認定されました。 ブラッキーは映画製作者ベン・リー氏が飼っていた猫でしたが、遺言により彼の死後にその財産のす……

犬の幸せ