2016年5月25日更新

ワイヤー・フォックス・テリアの寿命って?長寿の秘訣とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ゴワゴワとした硬い毛とマズルの長い威厳のある顔立ちが特徴的なワイヤー・フォックス・テリア。テリアらしい気性も魅力の犬種ですね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

 

ワイヤー・フォックス・テリアの平均的な寿命は?

ワイヤー・フォックス・テリアの平均的な寿命は13歳~14歳だといわれています。ウェルシュ・テリアが12歳~15歳、レイクランド・テリアが12歳~16歳といわれているので、中型のテリア犬種としては平均的な寿命の犬だといえるでしょう。

ただしあくまでも平均寿命は1つの目安であって、犬の寿命はその犬の持っている体質や病気、育った環境によって異なります。とくに最近は犬の医療も充実してきていますし、市販のドッグフードも種類も質も向上していますので、平均的な寿命を越えて長く生きている犬も増えてきていますね。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

食事の管理と被毛のケアで皮膚トラブルを予防

ワイヤー・フォックス・テリアはアレルギー性の皮膚炎など、皮膚トラブルが多い犬種だといわれています。

もともとワーキング・テリアとして天候に左右されることなく活動する必要性があったワイヤー・フォックス・テリアは、被毛の撥水性を保つために皮脂を多めに分必する習性があると考えられています。

室内での飼育が一般的になっている現在では、適度な油分は必要ですが必要以上の皮脂は肌トラブルの原因になってしまいます。皮脂を抑えるためには油分の少ない食生活を心がけることが大切です。小さいころからライトやシニアの食事を与えるなどの工夫をするとよいでしょう。

また皮脂による肌トラブルだけでなく、食事やダニ、花粉などのアレルギーによる肌トラブルも多い犬種だといわれています。アレルギー検査を受けてアレルゲンを特定し、食事や散歩の際に注意してあげることで予防してあげましょう。

普段の被毛のお手入れは週に2回~3回のペースでブラッシングを行いますが、ブラッシングの際は皮膚の状態を確認しながら行うようにします。少しでも赤みや湿疹、膨らみなどがあるようなら、早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

独特のゴワゴワとした針金のような被毛を保つために、ワイヤー・フォックス・テリアの場合ストリッピングという特殊な被毛の管理を行いますが、最近ではショードッグではなく家庭犬として飼育する場合はバリカンを使用することが多くなっているようです。ストリッピングは被毛のカラーや毛質を保つためだけでなく、新陳代謝を促し皮膚の免疫力をあげる効果があるといわれています。

ただし正しい方法で行わないと犬に苦痛を与え、逆に肌を傷める結果になってしまうこともありますので、しっかりとしたトリミングサロンを選ぶか、自宅で行う場合は1度プロから正しい技術を学んでから行うようにしましょう。

運動はたっぷりと!

ワイヤー・フォックス・テリアは小柄ながらもパワフルでタフな犬種です。「疲れた犬はよい犬」などということわざがあるほどで、運動量が足りていないとストレスから反抗的でイライラとした態度をとることが多いようです。

1部の研究では落ち着きがあり穏やかな性格の犬の方が、縄張り意識の強い攻撃的な犬よりも寿命が長いといわれています。ストレスをなくし落ち着いた状態で生活できるように、十分な運動量を確保してあげるとよいですね。

特に動くことが好きなワイヤー・フォックス・テリアの場合は1日2回、1回1時間程度の早や足から走るようなペースでの散歩が望ましいでしょう。また遊ぶことも大好きな犬種なので、公園やドッグランなど広くて犬を自由に遊ばせることができる場所があれば、一緒にボール遊びやフリスビーなどに挑戦してみるのもよいですね。

目の病気は早めの眼科検査で予防

ワイヤー・フォックス・テリアは比較的健全な犬種だといわれていますが眼病には注意が必要なようです。ワイヤー・フォックス・テリアがかかりやすいといわれている目の病気は主に次のとおりです。

二重睫毛

瞼の内側にも睫毛が生えてしまう症状で、遺伝によるものが多いといわれています。常に睫毛が目を刺激する状態となるため、目を痒がる、目やにが多いなどの症状が現れます。

チェリーアイ

正式には第三眼瞼腺脱出といいます。外側に赤く第三眼瞼が飛び出した様がさくらんぼに似ていることから、チェリーアイと呼ばれています。

チェリーアイの発症原因は先天性のものと、外傷などによる後天性のものに分けられます。ワイヤー・フォックス・テリアの場合は先天的なものが多いといわれています。

軽度の場合は点眼薬での治療が行われますが、症状が軽減しない場合は外科的な手術が必要になります。

目の病気に場合は目の周りを引っ掻いたり歩きたがらなかったりなど、いつもと違う行動が見受けられることが多くあります。少しでもおかしな行動がみられた時は、早めにできれば眼科を中心に診察している動物病院を探して検査を受けるようにしましょう。

 

シニアになったら注意してあげたいこと

ワイヤー・フォックス・テリアのような中型犬は、6歳ころからはシニアとしての生活が始まり、10歳からは本格的な老化と向き合うようになるといわれています。

前にも書いたとおり、ワイヤー・フォックス・テリアは比較的皮膚のトラブルが多い犬種です。特にシニア期に入ると新陳代謝が落ちるため、若年の頃よりもトラブルを起こすことが多くなっていく傾向があります。だからといって代謝を促すためにストリッピングを行うのは、シニア期に入った犬に対しては負担が大きくなってしまいます。シニア期に入ったら薬湯を利用するなど、犬に負担をかけず肌を清潔に保つ工夫をしてあげましょう。

また体を動かすことに対する欲求が強いワイヤー・フォックス・テリアの場合は、シニア期に入っても動くこと遊ぶことへの意欲が高い傾向があるようです。しかしシニア期に入ってからの激しい運動は心臓や臓器への負担も大きく、骨折などのケガのリスクも高くなってしまいます。急に運動量を減らすことはストレスにつながってしまいますが、少しずつ年齢にあわせた運動量へと移行してあげるとよいですね。


画像出典:AHLN

長く一緒にいるためには

テリア犬種はもともと丈夫な犬が多く長寿な犬種だといわれています。ワイヤー・フォックス・テリアも遺伝性の疾患も少なく、比較的安定した遺伝子を持つ健全な犬種ですので、性質やかかりやすい病気などをしっかりと理解して生活を送れば、長く一緒に過ごすことができるかもしれませんね。

ただしシニア期に入ると症状としては現れていなくても、潜在的な病気が発症している可能性が高くなります。半年に1回のペースで定期検診を受けるとよいですね。