2016年5月25日更新

アフガン・ハウンド の寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

長く絹のような美しい被毛と流線型のバランスのよい体つきが特徴的なアフガン・ハウンド。貴族的な気品を感じさせる犬種です。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

 

アフガン・ハウンドの平均的な寿命は?

アフガン・ハウンド の平均的な寿命は12歳~14歳だといわれています。サルーキが12歳~14歳、イングリッシュ・グレイハウンドが10歳~12歳といわれているので、同じサイトハウンド種の中では平均的からやや長寿な犬種といえるのではないでしょうか。

ただしあくまでも平均寿命は1つの目安であって、犬の寿命はその犬の持っている体質や病気、育った環境によって異なります。とくに最近は犬の医療も充実してきていますし、市販のドッグフードも種類も質も向上していますので、平均的な寿命を越えて長く生きている犬も増えてきていますね。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

ストレスをためないためにもしっかりとした運動を!

アフガン・ハウンドもそうですが、サイトハウンド系の犬種は走ることに関してとても意欲の高い犬種です。そのため十分な運動量がえられないとストレスを感じ、問題行動を起こすようになってしまいます。1日2回1時間程度は思い切り運動させてあげましょう。

また散歩の場合はただ一緒に歩くだけでなく、ジョギングや自転車での並走などやや激しい運動を取り入れてあげるとよいでしょう。

ドッグランなどへ連れて行ってあげて、思い切り走らせてあげるのもよい方法ですね。ただしアフガン・ハウンドの跳躍力は大変なものなので、低いフェンスだと簡単に飛び越えて脱走してしまいます。広くフェンスの高い大型犬専用のドッグランを探してあげるとよいですね。

アフガン・ハウンドは独立心が強く人への依存心が薄い犬種のためしつけが入りにくいことでも有名で、特に呼び戻しなどの服従訓練は苦手だといわれています。狩猟犬としての素質が高い犬種なので、飼い主が呼んでいても鳥などの小動物が動いていると急にそちらへ走っていってしまうようなところがあるようで、リードから離れてしまうと思わぬ事故につながる可能性が高いようです。ドッグランなどのしっかりと囲いのあるフリースペース以外では、絶対にリードを離さないように注意しましょう。


画像出典:Wings and Petals

美しい被毛を保って熱中症と皮膚病を予防

アフガン・ハウンドはもともと気候の厳しいアフガニスタンの山岳地帯で生活をしていた犬種です。特徴的な長く美しい絹のような被毛は、厳しい寒さから身を守るために必要なもので、残念ながら日本の高温多湿な夏場の気候にはあまり向いておらず、熱や湿気を被毛の中にため込んでしまうので、熱中症や皮膚トラブルの原因になってしまいます。

冬場は2日~3日に1回のペースでもよいですが、夏場はできれば毎日しっかりとブラシングを行い、無駄毛をとるなど被毛の中の風通しをよくしてあげるとよいでしょう。ブラッシングの際はしっかりと毛を根本までかき分けて、皮膚の状態を確認しながら行うようにします。少しでも赤みや湿疹、膨らみなどがあるようなら、早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

また月に1回くらいのペースでグルーミングを行うとよいようです。きれいな姿を保つためのアフガン・ハウンドのグルーミング方法は少々特殊で、技術と知識が必要になります。アフガン・ハウンドのグルーミング経験のあるトリミングサロンを探しておくとよいですね。自宅で行う場合は1度しっかりと技術を学んでから行うことをおすすめします。

可愛い垂れ耳は外耳炎に注意が必要!

アフガン・ハウンドの特徴の1つである、美しい飾り毛のついた垂れ耳ですが、どうしても耳の中が蒸れやすく外耳炎になりやすいといわれています。

外耳炎はベタッとした匂いの強い耳垢がたまり、耳の外耳道といわれる部分に炎症を起こす病気です。激しいかゆみと痛みを伴うので耳や首の回りを引っ掻いたり、頭を振ることが多くなったりします。原因としてはダニの寄生によるものや菌類の感染などがありますが、早い時期にしっかりと治療をすれば完治する病気です。耳の回りを引っ掻く、耳の中が汚いなどの気になる症状がある場合は病院へ連れて行ってあげましょう。

予防するには耳のケアが大切です。週に1回くらいのペースで、耳の掃除をしてあげるとよいでしょう。

最近では専用のローションやウェットティッシュタイプのものなど、犬の耳ケア用品も様々なものが販売されています。色々なタイプを試して1番嫌がらない物を選んであげるとよいでしょう。また大きくなってからいきなり始めると嫌がってなかなかきれいにさせてもらえません。子犬の頃から耳ケアの癖をつけておくとよいですね。

 

シニアになったら注意してあげたいこと

アフガン・ハウンド のような大型犬の場合は、どうしても小型犬より老成が早いため5歳ころからはシニアとしての生活に切り替えていくとよいようです。

アフガン・ハウンド のような大型犬が急死する原因の1つとしてあげられているのが胃捻転という病気です。症状が現れてから数時間で死に至る可能性のある恐ろしい病気で、気が付かずに放置をすれば確実に命を落としてしまいます。胃捻転とは胃の1部が何らかの原因で捻じれをおこし、血流が止まって壊死を起こしてしまう病気です。捻じれる際に脾臓などの周囲の臓器を巻き込んでしまうことがあり、巻き込まれた臓器も一緒に壊死を起こすためとても死亡率が高い病気だといわれています。

この胃捻転は若年の犬よりもシニア以降の高齢の犬に多く発症することがわかっていて、原因としては年とともに胃が下へとたるんで行くために食べ物がたまりやすくなり、若年のころよりも発酵ガスが発生しやすくなることが原因だといわれています。

残念ながら胃捻転が発生するメカニズムは現在でもはっきりとわかっておらず、完全に予防することは難しいといわれています。ただし生活の中でいくつかのポイントを注意することで、発生のリスクを軽減することができるようです。主なものをいくつかご紹介しますので参考にしてください。

  • 食事の回数を増やしドカ食いをさせないよう1回の食事量を少なくする
  • 食事の前後1時間は安静にさせる
  • 運動後の飲み水の量は400cc程度と決めておく
  • ドライフードを食べさせるときはふやかしてから与える

また胃捻転の場合は早期に発見することがとても大切です。胃捻転の症状としては次のようなものがあります。

  • 吐き気があるようなのに吐しゃ物を出すことができない
  • 落ち着きなく動き回る
  • 腹部を舐め続ける
  • 腹部が膨れる
  • 水を大量に飲む
  • よだれが多くなる

これらの症状がみられたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。なかにははっきりとした症状を表すことができない犬もいるようです。日々のコミュニケーションを通じて、元気な時の様子をしっかりと把握しておきましょう。

また胃捻転の場合は緊急を要する治療であること、治療経験がないことなどの理由から、診察を断られてしまうようなケースもあるようです。胃捻転の治療経験があり24時間夜間も診察してくれる病院をいくつか見つけておくと安心ですね。


画像出典:Paul Dixon

長く一緒にいるためには

アフガン・ハウンドは大型犬の中では比較的丈夫で長生きな犬種だといわれています。

根気強くしつけを行う必要があるなど飼育には少々難しい点があるようですが、しっかりと犬と向き合うことができる余裕があれば、長く一緒に過ごすことができる犬種かもしれませんね。

ただしシニア期に入ると症状としては現れていなくても、潜在的な病気が発症している可能性が高くなります。半年に1回のペースで定期検診を受けるとよいでしょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

ブリーダーからアフガン・ハウンドを迎える時の選び方やメリットは?

古代エジプトから存在する最古の犬種で、その長い被毛と優雅な身のこなしが特徴的です。猫のような繊細さと独立心を持っており、感情はあまり表に出ない性質があります。猟犬として活躍してきた歴史があり……

アフガン・ハウンド

アフガン・ハウンド の寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

長く絹のような美しい被毛と流線型のバランスのよい体つきが特徴的なアフガン・ハウンド。貴族的な気品を感じさせる犬種です。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれ……

アフガン・ハウンド

アフガン・ハウンドの里親になるには?里親を探すには?

サイトハウンド系特有の優美な流線型の体と、長く絹糸のようなサラサラのヘアー。ちょっと中世の貴族を思わせる高貴な雰囲気の漂う犬ですよね。そんなアフガン・ハウンドの里親になるにはどうしたらよいか……

アフガン・ハウンド