2016年5月25日更新

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク の寿命は?長寿の秘訣は?

コロコロとした胴長短足な体つきが可愛らしいウェルシュ・コーギー・ペンブローク。小柄ながらも活発ですばしっこい犬種です。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの平均的な寿命は?

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク の平均的な寿命は12歳~14歳だといわれています。柴犬が12歳~15歳、ビーグルが12歳~15歳といわれているので、小型犬としてはやや大きいサイズの犬種として平均的な寿命だといえるでしょう。

ただしあくまでも平均寿命は1つの目安であって、犬の寿命はその犬の持っている体質や病気、育った環境によって異なります。とくに最近は犬の医療も充実してきていますし、市販のドッグフードも種類も質も向上していますので、平均的な寿命を越えて長く生きている犬も増えてきていますね。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

肥満に注意して椎間板ヘルニアを予防

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク は軟骨異栄養症の遺伝子を持った、軟骨異栄養性犬種に含まれています。この軟骨異栄養性犬種とは骨の成長期から椎間板の変性が始まる可能性がある犬種のことで、椎間板の変性がおこると2歳~7歳くらいにハンセンⅠ型の椎間板ヘルニアを発症する確率が高いようです。

ハンセンⅠ型の椎間板ヘルニアは軟性ヘルニアとも呼ばれるもので、柔らかい髄核が脱出し脊髄神経を圧迫することで起こるヘルニアです。軽度の場合はケージレストと呼ばれる安静による治療で治癒する可能性があります。

椎間板ヘルニアを予防するには肥満にならない食生活をすることと、腰に負担のかからない生活を心がけることが大切です。

まず食生活についてですが、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは食べることへの欲求が強い犬が多い犬種です。欲しがるままにあげてしまうと際限なく食べてしまいます。食事やおやつは1日に与える量と回数を決めておくとよいでしょう。

また人間の食べるものは犬にとっては糖分、塩分、油分が多く肥満の原因につながります。人間の食べ物と犬の食べ物はしっかりとわけておきましょう。

室内飼育の場合は室内での犬の動線を考えて、滑りやすいフローリングの床には貼り付け式のカーペットを敷く、ソファーやベッドなど高いところへの移動にはスロープを付けるなど、足腰に負担がかからないような工夫をしてあげるとよいでしょう。

おしっこの状態を確認して尿石症を防ぎましょう

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのかかりやすい病気に尿石症という病気があります。腎臓から尿道までのどこかに結石ができてしまう病気で、尿路が詰まったり排尿に痛みを感じたりします。

症状は結石ができた場所によって異なります。

尿管や尿道、膀胱にできた場合

排尿の際などに結石が動くため周囲の壁を傷つけ、激しい痛みを引き起こします。ひどい場合は激痛でうずくまったり、触ることを嫌がるようになります。初期の症状としては1回の尿の量が少なくなる、残尿感が残り頻尿になるなどで、症状が進行すると血尿が出るようになります。

腎結石の場合

結石が腎臓内にできる場合を腎結石といいます。腎結石の場合は尿管や尿道にできる結石のように、痛みなどが伴わないため気付かずに進行してしまい、腎不全を起こしてから初めて気が付くような場合が多いようです。

結石ができる原因として考えらることは、尿道や膀胱などの細菌感染、尿石の材料になるミネラル(カルシウム、マグネシウム、ケイ酸など)の過剰摂取、水分摂取量の不足による尿の凝縮などがあげられます。

予防方法としては食事を見直し尿石の原因となるミネラルを多く含む食事を避ける日常的に十分な水分摂取を心がけるなどです。

また尿石症の場合は重症化すると尿毒症などの危険な症状を引き起こしますので、早期の発見が重要です。毎日の排尿の様子をよく観察し、排尿の回数が増えた、1回の排尿量が少ない、色が濃くなったなどの様子がみられたら、早いうちに動物病院へ連れて行きましょう。

皮膚の病気には注意が必要!

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは皮膚の病気には注意が必要な犬種です。かかりやすい皮膚病としては、主にアレルギー性の皮膚炎や内分泌性皮膚炎、急性湿性皮膚炎などがあげられます。

皮膚無力症(エーラス・ダンロス症候群)や皮膚筋炎などの、効果的な治療のない難しい病気にかかる可能性もありますので、皮膚の状態は常に確認しておくとよいですね。特に足が短いためお腹周りの毛は床や地面についてしまい、ほこりやゴミ、ダニなどの虫がつきやすくなるので注意が必要です。

皮膚病の予防のためには毎日スリッカーブラシなどを使用してブラッシングをしてあげるとよいでしょう。その際はしっかりと毛の根元までかき分けながら、皮膚の状態を確認しながら行いましょう。少しでも赤みや湿疹、腫れなどがみられたら、早めに動物病院を受診するとよいですね。

シニアになったら注意してあげたいこと

シニア期に入るとどうしてもエネルギー代謝が悪くなっていきます。そのため若いころと同じような食生活を続けていると肥満になる傾向があります。椎間板ヘルニアへの注意が必要なウェルシュ・コーギー・ペンブロークにとって、シニア期からの肥満は発症の可能性が高くなるため、食生活には十分な注意が必要です。

また噛む力や胃腸の動きが弱くなっていきますので、しっかりと噛んで食べることができる硬さの、カロリーコントロールされたフードを選んであげましょう。体質にあわせたフードを選ぶためにはかかりつけの獣医師に相談するのもよい方法ですね。

また激しい運動も椎間板ヘルニアを誘発しやすくなります。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは体を動かすことが大好きな犬種なので、急に運動量を減らしてしまうのはストレスにつながってしまいますが、散歩の時間を短くしたりドックランへ行く回数を減らすなど、少しずつ年齢にあわせた運動量に変えてあげるとよいですね。

>

長く一緒にいるためには

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは比較的丈夫で健全な犬種だといわれています。

体型から来る椎間板ヘルニアなどの病気や、皮膚病などのかかりやすい病気をよく理解し、日々の生活を送ることができれば、長い時間をともに過ごすことができるかもしれませんね。

ただしシニア期に入ると症状としては現れていなくても、潜在的な病気が発症している可能性が高くなります。半年に1回のペースで定期検診を受けるとよいでしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの寿命・性格・飼い方など

最近はイギリス王室御用達犬として有名なウェルシュ・コーギー・ペンブロークですが、本来は牛追いを仕事とする牧畜犬として農家で飼育されていました。ウェルシュ・コーギーはイギリス原産の犬でペンブロ……

犬の習性

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

胴長短足な体つきに、ピンと立った大きな三角の耳が特徴的なウェルシュ・コーギー・ペンブローク。活発で動き回ることが大好きなエネルギッシュな犬です。そんなウェルシュ・コーギー・ペンブロークの価格……

コーギー

ブリーダーからウェルシュ・コーギー・ペンブロークを迎える時の選び方やメリットは?

今も昔も変わりなく人々に愛されているウェルシュ・コーギー・ペンブローク。キツネのような外観と短い足が可愛らしさを演出しています。昔は南ウェールズの農家では不可欠な牧畜犬だったのですよ! ……

コーギー

ウェルシュ・コーギーの病気〜獣医師が解説するウェルシュ・コーギーのかかりやすい病気〜

どことなくキツネを思わせる知的な表情と、がっしりした体に長い胴、短い足が特徴的なウェルシュ・コーギー。イギリスで昔から人気の犬種ですが、近年は日本でも安定した人気を誇っています。ウェルシュ・……

コーギー

王と王妃に寵愛されたウェルシュ・コーギー・ペンブロークの里親になる方法

元々は牧羊犬で、農家に飼われていた事が多かったウェルシュ・コーギー・ペンブロークですが、ドッグショーに出るようになってからも人気はイマイチでした。しかし、ジョージ6世とエリザベス2世に寵愛さ……

コーギー