2016年5月25日更新

サルーキの寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

耳や尻尾、足の美しい飾り毛が特徴的なサルーキ。威厳と気品をあわせもった表情と優雅な身のこなしが見る人を魅了する犬種ですね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

サルーキの平均的な寿命は?

サルーキ の平均的な寿命は12歳~14歳だといわれています。アフガン・ハウンドが12歳~14歳、イングリッシュ・グレイハウンドが10歳~12歳といわれているので、同じサイトハウンド犬種のなかでも平均的な寿命の犬種だといえるでしょう。

ただしあくまでも平均寿命は1つの目安であって、犬の寿命はその犬の持っている体質や病気、育った環境によって異なります。とくに最近は犬の医療も充実してきていますし、市販のドッグフードも種類も質も向上していますので、平均的な寿命を越えて長く生きている犬も増えてきていますね。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

被毛のケアで皮膚病を防ごう

サルーキは皮膚が弱く皮膚トラブルを起こしやすい犬種だといわれています。

サルーキがかかりやすい皮膚病は次のようになります。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎の初期症状の多くは腰回りに症状が現れることが多く、激しいかゆみを伴うので噛んだりするため、余計に皮膚を傷めひどくなってしまうことがあります。ひどい状態になると触ることを嫌がり、触ろうとすると噛みつくようなことあるようです。

アレルギーを起こす原因であるアレルゲンは数多くあり、どのアレルゲンに反応しているかは検査を受けなければはっきりと特定することは難しいものです。激しく痒がるなどの初期症状が見られたら1度検査を受け、検査結果をもとに住環境や食事の内容をアレルゲンを排除したものに変えてあげましょう。

甲状腺機能低下症が原因の皮膚炎

サルーキがかかりやすい病気の1つに甲状腺ホルモンの低下によって起こる、甲状腺機能低下症というものがあります。この病気は症状が進むと免疫力が低下し傷が治りにくくなるなっていきます。甲状腺機能低下症の初期症状は体や尻尾の脱毛が起こるといわれています。

どちらの症状も早い段階で気が付いてあげることがとても大切になります。日々の被毛のケアで皮膚の異常を確認するようにしましょう。

サルーキの普段の被毛のケアは比較的簡単です。短毛の部分はコミュニケーションを兼ねて時々ブラッシングをし、無駄毛を取り除いてあげましょう。飾り毛については週に1回~2回のペースでコーミングをして美しく整えてあげるとよいですね。

被毛のケアをする時は被毛の根元までしっかりとかき分けて皮膚の状態を確認するようにしましょう。すこしでも違和感を感じたら早めに動物病院で検査を受けるとよいですね。

心臓に負担をかけすぎない生活を

サルーキ のような大型犬の場合は体の大きさの割に内臓が小さく、普通に生活をしていても小型犬にくらべて心臓に大きな負担がかかるといわれています。そのため心疾患を持っている犬が多くなります。

サルーキも例外ではなく拡張型心筋症の発症例が多いようです。犬に多い心筋症の1つで心筋が伸び左心房と右心房の壁が薄くなり収縮力が低下してしまうため、全身に血液を送ることができなくなる病気です。

心筋症の初期症状は乾いた咳をする、食欲がなくなる、ぐったりして元気がないなどがあげられますが、あまりはっきりとした症状がみられず、急に原因不明の突然死につながってしまうこともあるようです。定期的に心臓の検査を受け心筋症を予防してあげましょう。

鼻の病気は早めの対応が大切

サルーキは鼻炎から副鼻腔炎を引き起こすことが多い犬種だといわれています。

副鼻腔炎とは鼻炎などで鼻腔内に発症した炎症が、つながっている小さな穴から副鼻腔へと侵入し、副鼻腔内でも炎症を起こす状態をいいます。炎症の結果副鼻腔内に膿がたまった状態を蓄膿症と呼び、症状が重くなると付近の骨の溶解や、脳への病原体の侵入などをおこす可能性がある怖い症状です。できるだけ鼻炎の状態で治してしまいたいですね。

鼻炎になるとまずはサラサラとした鼻水が止まらなくなり、しきりに鼻を気にするそぶりを見せたりくしゃみが多くなったりします。この症状をそのままにしておくと次第にネバネバしたいわゆる青っ洟と呼ばれる膿を伴った鼻水が出るようになります。

くしゃみが多くなった、鼻の周りがいつもよりひどく濡れているなどの症状がみられたら、早めに動物病院を受診し副鼻腔炎になる前に治療ができるように心がけましょう。

シニアになったら注意してあげたいこと

サルーキのような大型犬が急死する原因の1つが胃捻転です。症状が現れてから数時間で死に至る可能性のある恐ろしい病気で、気が付かずに放置をすれば確実に命を落としてしまいます。

胃捻転は若年の犬よりもシニア期以降の高齢の犬に発症することが多いことで知られています。その原因は胃の位置が年とともに下がっていくため、食べ物が胃の中に残ることが多くなり、若いころよりも発酵性のガスが発生しやすい状態になるためだといわれています。

胃捻転とは胃の1部が何らかの原因で捻じれをおこし、血流が止まって壊死を起こしてしまう病気です。捻じれる際に脾臓などの周囲の臓器を巻き込んでしまうことがあり、巻き込まれた臓器も一緒に壊死を起こしてしまう場合があります。

残念ながら胃捻転が発生するメカニズムは現在でもはっきりとわかっておらず、完全に予防することは難しいといわれています。ただし生活の中でいくつかのポイントを注意することで、発生のリスクを軽減することができるようです。主なものをいくつかご紹介しますので参考にしてください。

  • 食事の回数を増やしドカ食いをさせないよう1回の食事量を少なくする
  • 犬の首が水平な状態で食べられるように高さのあるスタンドを用意する
  • 食事の前後1時間は安静にさせる
  • 運動後の飲み水の量は400cc程度と決めておく
  • ドライフードを食べさせるときはふやかしてから与える

また胃捻転の場合は早期に発見することがとても大切です。胃捻転の症状としては次のようなものがあります。

  • 吐き気があるようなのに吐しゃ物を出すことができない
  • 落ち着きなく動き回る
  • 腹部を舐め続ける
  • 腹部が膨れる
  • 水を大量に飲む
  • よだれが多くなる

これらの症状がみられたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。なかにははっきりとした症状を表すことができない犬もいるようです。日々のコミュニケーションを通じて、元気な時の様子をしっかりと把握しておきましょう。

また胃捻転の場合は緊急を要する治療であること、治療経験がないことなどの理由から、診察を断られてしまうようなケースもあるようです。胃捻転の治療経験があり24時間夜間も診察してくれる病院をいくつか見つけておくと安心ですね。

またシニア期に入ると胃捻転の他にも、症状としては現れていない潜在的な病気が進行している可能性もあります。半年に1回のペースで定期検診を受けるとよいですね。


画像出典:Renée Johnson

長く一緒にいるためには

はっきりとした理由はいまでもわかっていませんが、サルーキのような大型犬は小型犬より老成が早いといわれています。そのため小型犬に比べて大型犬は一緒に過ごす時間が短くなってしまう傾向があるようです。

犬にとって長く生きることだけが幸せなことではありません。1日1日が飼い主とともに充実した毎日であることが、なによりも1番の幸せなのです。

サルーキのような大型の犬を飼う時は、どうか一緒にいられる時間を大切にしてあげてください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

最古の歴史を持つ犬 サルーキおすすめブログをご紹介します!

とても線が細いけれど意外と丈夫です。性格は感受性が強く内気な所もありますが賢く優しいので子供と接する事もできます。暑さ寒さには弱いので室内飼いに向いている犬です。古代エジプトで王家に飼育され……

サルーキ

ブリーダーからサルーキを迎える時の選び方やメリットは?

優雅な羽のような被毛をまとったスピードスター、サルーキ。古代の中東で、高貴な犬として扱われており、狩猟犬としても重宝されてきました。現在でもウサギ狩りに使われる犬もいますが、神秘的な外見が多……

サルーキ

サルーキの寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

耳や尻尾、足の美しい飾り毛が特徴的なサルーキ。威厳と気品をあわせもった表情と優雅な身のこなしが見る人を魅了する犬種ですね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるとい……

サルーキ

サルーキ の価格は?購入する方法・里親になる方法は?

古代エジプトの時代から人間とともに時を過ごしてきたサルーキ。超然とした美しさと優秀なハンターとしての野生を兼ね備え、主人と認めた家族には献身的な愛情を示してくれます。そんなサルーキの価格の相……

犬の購入・入手方法

サルーキの里親になるには?サルーキの里親を探すには?

すらりと伸びた長い足に、房飾りのような耳と尻尾。長い首を高々と持ち上げ大地を踏みしめて立つ姿は、威厳と気品を感じさせます。そんなサルーキの里親になるにはどうしたらよいか?里親になるためには何……

犬・小犬の里親になる