2016年5月25日更新

スタンダード・シュナウザーの寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

口髭と長い眉毛が特徴的なスタンダード・シュナウザー。警戒心が強く活発で遊び好きな性格は家庭犬として最適だといわれています。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

スタンダード・シュナウザーの平均的な寿命は?

スタンダード・シュナウザーの平均的な寿命は13歳~16歳だといわれています。ジャーマン・ピンシャーが12歳~14歳、ケリー・ブルー・テリアが13歳~15歳といわれているので、同じサイズの犬種では平均的な寿命の犬種だといえるでしょう。

ただしあくまでも平均寿命は1つの目安であって、犬の寿命はその犬の持っている体質や病気、育った環境によって異なります。とくに最近は犬の医療も充実してきていますし、市販のドッグフードも種類も質も向上していますので、平均的な寿命を越えて長く生きている犬も増えてきていますね。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

肥満防止のためには食生活の管理が大切!

スタンダード・シュナウザーがかかりやすい病気の1つに股関節形成不全というものがあります。具体的には成長とともに大きくなるはずの骨盤がうまく発育せず、太ももの骨がうまく骨盤にはまらなくなることで様々な症状を引き起こす病気です。兆候は生後6か月あたりからみられるようになります。

  • 歩行時に腰が左右に揺れる
  • うさぎ跳びやスキップのようなしぐさをする
  • 座る時などに後ろ足をうまく折りたためない

などが股関節形成不全の主な症状です。

関節の病気を予防するには肥満にならないように生活することが大切です。

もちろんしっかりとした運動量を確保して、体重を適正にコントロールしてあげることも大切ですが、体重が重い状態で激しい運動を繰り返すとかえって関節に負担をかけてしまうことになります。

特にスタンダード・シュナウザーは食欲旺盛で太りやすい体質の犬が多いといわれています。毎日の食事やおやつの量と回数をしっかりと決めて、カロリーコントロールをしてあげましょう。また人間の食べ物は犬にとって塩分、糖分、油分などが多く、決して体によいものではありません。味が濃いため美味しく感じるようで、犬の食事を食べなくなってしまうことも多いようです。犬の食べ物と人間の食べ物はしっかりとわけておきましょう。


画像出典:Ellie Attebery

アレルギー性皮膚炎には要注意!

スタンダード・シュナウザーはアレルギーを持っていることが多い犬種だといわれています。特にアレルギー性の皮膚炎には注意が必要です。

アレルギー性の皮膚炎は若齢の犬が発症しやすいといわれており、初期の症状は目や口の周り、耳、わきの下、お腹や足先に激しいかゆみをともなう皮膚の赤みができます。慢性化してしまうと膿皮症などの2次的な皮膚病を引き起こしたり、外耳炎や結膜炎などを合併してしまうこともあります。

犬のアレルギーの主な原因はダニだといわれていますが、花粉や食物などでアレルギーを起こす場合もあります。アレルギー検査を受けてアレルゲンを特定し、生活環境を清潔に整え、食事や散歩の際に注意してあげることで予防してあげましょう。

耳のケアで外耳炎を予防しましょう

スタンダード・シュナウザーは半立耳か垂れ耳で、耳の中に多くの毛が生えています。そのため熱がこもりやすく外耳炎になりやすいといわれています。

外耳炎はベタッとした匂いの強い耳垢がたまり、耳の外耳道といわれる部分に炎症を起こす病気です。激しいかゆみと痛みを伴うので耳や首の回りを引っ掻いたり、頭を振ることが多くなったりします。原因としてはダニの寄生によるものや菌類の感染などがありますが、早い時期にしっかりと治療をすれば完治する病気です。耳の回りを引っ掻く、耳の中が汚いなどの気になる症状がある場合は病院へ連れて行ってあげましょう。

予防するには耳のケアが大切です。週に1回くらいのペースで耳の掃除をしてあげるとよいでしょう。

最近では専用のローションやウェットティッシュタイプのものなど、犬の耳ケア用品も様々なものが販売されています。色々なタイプを試して1番嫌がらない物を選んであげるとよいでしょう。

また耳の中に生えた毛も定期的に抜いてあげるとよいですね。ローションなどで抜きやすくしてから抜いてあげると、比較的痛みを感じさせることなく抜くことができるようです。心配な場合は動物病院で耳のチェックもかねて抜いてもらうのもよいですね。

耳のケアは大きくなってからいきなり始めると嫌がってなかなかきれいにさせてもらえません。子犬の頃から耳ケアの癖をつけておくとよいでしょう。

シニアになったら注意してあげたいこと

スタンダード・シュナウザーのような胸の深い体型をしている犬種が急死する原因の1つが胃捻転です。症状が現れてから数時間で死に至る可能性のある恐ろしい病気で、気が付かずに放置をすれば確実に命を落としてしまいます。

胃捻転は若年の犬よりもシニア期以降の高齢の犬に発症することが多いことで知られています。その原因は胃の位置が年とともに下がっていくため、食べ物が胃の中に残ることが多くなり、若いころよりも発酵性のガスが発生しやすい状態になるためだといわれています。

胃捻転とは胃の1部が何らかの原因で捻じれをおこし、血流が止まって壊死を起こしてしまう病気です。捻じれる際に脾臓などの周囲の臓器を巻き込んでしまうことがあり、巻き込まれた臓器も一緒に壊死を起こしてしまう場合があります。

残念ながら胃捻転が発生するメカニズムは現在でもはっきりとわかっておらず、完全に予防することは難しいといわれています。ただし生活の中でいくつかのポイントを注意することで、発生のリスクを軽減することができるようです。主なものをいくつかご紹介しますので参考にしてください。

  • 食事の回数を増やしドカ食いをさせないよう1回の食事量を少なくする
  • 食事の前後1時間は安静にさせる
  • 運動後の飲み水の量は400cc程度と決めておく
  • ドライフードを食べさせるときはふやかしてから与える

また胃捻転の場合は早期に発見することがとても大切です。胃捻転の症状としては次のようなものがあります。

  • 吐き気があるようなのに吐しゃ物を出すことができない
  • 落ち着きなく動き回る
  • 腹部を舐め続ける
  • 腹部が膨れる
  • 水を大量に飲む
  • よだれが多くなる

これらの症状がみられたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。なかにははっきりとした症状を表すことができない犬もいるようです。日々のコミュニケーションを通じて、元気な時の様子をしっかりと把握しておきましょう。

また胃捻転の場合は緊急を要する治療であること、治療経験がないことなどの理由から、診察を断られてしまうようなケースもあるようです。胃捻転の治療経験があり24時間夜間も診察してくれる病院をいくつか見つけておくと安心ですね。

長く一緒にいるためには

スタンダード・シュナウザーは遺伝的な病気も少なく丈夫な犬種だとわれています。

かかりやすい病気に気をつけて、たっぷりの運動とカロリーコントロールされた食事を心がけることで、長く一緒にいることができるかもしれません。

またシニア期に入ると胃捻転の他にも、症状としては現れていない潜在的に病気が進行している可能性もあります。半年に1回のペースで定期検診を受けるとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ブリーダーからスタンダード・シュナウザーを迎える時の選び方やメリットは?

全てのシュナウザーの原型とも言えるスタンダード・シュナウザーは、結構珍しい犬種でもあります。活発で頭も良いですので、家族を守ってくれる良い家庭犬となります。 少し頑固な面もあり、ときに……

スタンダード・シュナウザー

スタンダード・シュナウザーの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

長い顎鬚と長い眉毛がどこか思慮深い表情に見えるスタンダード・シュナウザー。シュナウザーの中で最も古い歴史を持ちシュナウザーの原型ともいえる犬です。そんなスタンダード・シュナウザーの価格の相場……

犬の購入・入手方法

シュナウザーの原型!スタンダード・シュナウザーの里親になる方法。

シュナウザーには、「ジャイアント・シュナウザー」「スタンダード・シュナウザー」「ミニチュア・シュナウザー」の3種類ありますが、スタンダード・シュナウザーはその中でも一番古く、シュナウザーの原……

犬・小犬の里親になる

シュナウザーの中のシュナウザー!スタンダード・シュナウザーの魅力3選

ジャイアント、スタンダード、ミニチュアと3種類あるシュナウザーの中でもっとも古い歴史を持つスタンダード・シュナウザー。丈夫でがっしりとした体つきが実直で力強い印象を与えます。でもスタンダード……

スタンダード・シュナウザー

スタンダード・シュナウザーの寿命はどのくらい?長寿の秘訣とは?

口髭と長い眉毛が特徴的なスタンダード・シュナウザー。警戒心が強く活発で遊び好きな性格は家庭犬として最適だといわれています。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるとい……

スタンダード・シュナウザー