2016年5月27日更新

【獣医師が解説】人間にとって不快な湿気は犬猫にとっても不快なの?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

じめじめした湿気が気になる季節が近づいてきました。日本の梅雨から夏にかけての湿度の高い気候が苦手な人も多いでしょう。それでは、犬や猫にとってもやはり湿気は不快なものでしょうか。高い湿度が体に及ぼす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。今回のテーマは、「犬猫も湿気を不快に感じるのか?」そして、「犬猫の湿気対策」です。

 

犬や猫が快適に感じる湿度と温度とは?

犬_素材dog-1194077_640
一般的には、犬や猫は湿度40〜60%程度、気温22℃前後が快適に感じると言われています。犬に比べると暑さには強い猫でも、高温多湿はやはり不快に感じ、体への負担も大きくなります。湿気を不快に感じたり、多湿が体への負担となったりして、食欲が落ちたり、活動量が落ちたりする犬や猫もいるでしょう。

ただ、快適に感じる湿度や温度は、犬種や猫種、生活している地域の気候や生活環境により異なります。また、個体差もありますので、愛犬や愛猫の様子を見ながら、快適な環境を見極めるようにしてください。

多湿が原因で犬に起こりやすい問題

湿度が高いことは、不快なだけでなく、様々な健康上の問題をもたらします。

皮膚や耳のトラブル


多湿によって細菌やカビが繁殖しやすくなるため、梅雨から夏にかけては、皮膚や耳のトラブルが増加しやすくなります。特に垂れ耳の犬種や、被毛が密で皮膚が蒸れやすい犬種では注意が必要です。治療が難しくなることも少なくないため、湿気対策とともに、定期的な耳掃除やブラッシングといったケアが欠かせません。

熱中症

imasia_11102818_S
犬は人間のように汗をかくことによる体温調節ができません。パンティングといって、呼気から水分を蒸発させること(蒸散作用)によって体温調節を行ないます。湿度が高いと、この蒸散作用が効率よく進まないため、体温調節がうまくできなくなってしまうのです。そのため、湿度が上がると熱中症のリスクが非常に高くなります。

特に、短頭種やダブルコートの犬種は熱中症を起こしやすいため注意してください。また、体温調節機能が十分でない子犬や老犬、肥満の犬も熱中症にかかりやすいことが知られています。

熱中症は命に関わる病気です。特に湿度が60%を超えるような時には、特別暑いと感じる日でなくても、必ず湿気対策をするようにしましょう。

 

多湿が原因で猫に起こりやすい問題

犬と比べると猫は暑さには強いものの、高温に加えて多湿となる環境下では、やはり体への負担は大きく、健康上の問題が起こることがあります。

熱中症


猫も犬と同様に、汗腺が少なく、口や鼻から水分を蒸発させて体温調節をしています。そのため、60%を超えるような特に高い湿度となると、猫も熱中症を起こす可能性があります。

犬や猫が快適に暮らす為の湿気対策


脱走に十分に気をつけながら定期的に風通しをよくして、室内にこもった湿気を逃がすようにしてください。また、ケージや寝床の下にすのこを敷くなどして、風通しをよくすることも効果的です。

エアコンを使うのであれば、28℃程度の高めの温度設定で除湿運転にすることで、愛犬や愛猫の生活環境が冷え過ぎることを防いでください。その際、ペット用のクーリングマットを敷くなどして、愛犬や愛猫が自由に涼める場所を作っておくとよいでしょう。

愛犬や愛猫に留守番をさせるときには特に注意が必要です。

8606063002_c1c8be54f3_z
外の気温がそれほど高くないからと思って油断をしていると、日の当たる、閉めきった室内は、非常に蒸し暑い状態になっていることがあります。留守中に愛犬や愛猫が熱中症を起こさないために、風通しをよくする、直射日光が当たらないようにするなどの対策をしてください。それでも室内が蒸し暑くなる場合には、除湿運転などでエアコンを適切に使用しましょう。

上手に湿気対策をして、元気に快適な夏を迎えましょう


人と同じように、犬や猫にとっても、高温多湿は不快なものですし、体に大きな負担となります。是非、うまく湿気対策をしながら、快適な夏を迎えましょう。特に、命に関わる熱中症は必ず防がなくてはなりません。まだ外の気温がそれほど高くない時期でも油断せずに、しっかりとした対策をとるようにしてください。