2016年6月17日更新

【ペットシッターが解説】パグとの暮らしで注意すること

パグの性格と性質

性格


パグは、その独特な大きくて丸い頭、つぶれた鼻、しわくちゃの顔で愛嬌ある表情から、愛される人気の犬種です。落ち着きもあるので、子どもや高齢の方がいる家庭でも飼いやすく、家族の一員として一緒に過ごすことができます。

落ち着いた性格を持ちながらも、陽気な面を持っているパグは、遊ぶことも大好きです。はしゃぎまわったり、思いっきり遊んだかと思えば、いびきをかいて寝てしまうそんなコミカルな面が人気でもあります。しかし、ユーモアがありながらも、頑固な面を持っていますので、しつけはとても大切だといえます。

攻撃的になることは少ないですが、しつけをする時は根気よく教えていく必要があります。しかし、家族やリーダーとのコミュニケーションが大好きなで人の気を引くこともとても上手なパグですので、楽しくトレーニングできるでしょう。

性質


パグは、短毛である為、普段の手入れもしやすいものです。パグは、ペットとしての歴史が古く、17世紀にはすでにヨーロッパの貴族達の中で愛される存在でした。手入れのしやすさもありますが、どんな環境でも馴染みやすく、アパートなどの賃貸物件でも飼うことができるのは、今も人気の理由のひとつと言えます。

パグのつぶれた鼻は特徴的ですが、呼吸には注意してあげるようにしましょう。いびきをかくパグですので、寝室は別にするという方も少なくありません。しかし、室温の変化によって、呼吸が乱れたり、夏の暑さに熱中症になりやすいという危険性もあります。日頃からお部屋の温度には十分注意しておく必要があります。

しつけ易い方ですが、頑固な一面を持っていますので、時間がかかることもあります。また、集中力はそんなに長い時間続かない為、よい行動をたくさん褒めて、忍耐強くしつけをしていくことが必要です。

パグの飼育の注意点

室内環境

パグは短毛のダブルコートで、暑さにも寒さに弱い体質です。その為、夏と冬は、エアコンを使いながら、室温管理に十分注意するようにしましょう。特に暑さにはとても弱く、部屋の中でも、温度と湿度が上がることで熱中症になってしまうことがあります。

夏の室温は23~25℃ほど、冬は26~28℃ほどで、設定しておきましょう。もちろん、室温が下がっていても、夏の暑い日、サークルに直射日光が当たってしまい、愛犬がいるスペースだけかなり暑くなってしまうということもあります。また、停電などが起きてエアコンが止まってしまった時はかなり危険です。冷感マットなどを利用して、あらかじめ涼める場所を作っておくなどの工夫をしましょう。

暖房をつけていても、体が震えるなど寒がる様子があれば、ケージやベッド周辺の保温につとめること、ペット専用のヒーターなどを使うようにしましょう。また洋服を着せてあげるなどして、お部屋の中で過ごす場合も、愛犬の体が冷えないように注意してあげることが大切です。

素材pug-1209129_640
パグは遊ぶことが大好きですが、関節への負担も考えなくてはいけません。先天的にパグは、膝のお皿の骨がずれてしまう膝蓋骨脱臼になりやすいと言われています。遺伝的要因が強い病気ではありますが、たくさん遊んでいる中で、関節に負担をかけてしまうことは症状の悪化につながってしまいます。

遊びに夢中になっていて、走り回っている時にフローリングの床で滑ってしまうというような危険は避けてあげたいものです。また、段差からジャンプする時に関節に負担をかけてしまうこともあります。パグが過ごすスペースには、滑り止め防止になるようなカーペットやマットを敷いてあげるようにしましょう。また、ソファや段差には滑り止めマットを敷く、ステップをつけたり、飛び上がらないようにしつけをするなど、日頃の生活で注意してあげましょう

家具の配置

パグと一緒に暮らす場合、安心して過ごすことができるサークルを準備してあげるとよいでしょう。パグは、トイレの場所を一度覚えると、なかなか移動することが難しいという面を持っています。外でトイレをする習慣をもつと、外に行くまでじっと我慢してしまうほどです。しかし、サークル内にトイレも作っておけば、留守番の際も安心することができます。

また、犬にとっては安心できるパーソナルスペースがあることで、様々なメリットが生まれます。パグは、家族との時間も大切にする一方で独立心も強いものです。家族の姿が見える場所でありながら、自分だけの場所を作ってあげるようにしましょう。ただし、風通しがよいところ、直射日光が当たらないところなど、環境には十分注意してあげましょう。

運動

素材dog-861141_640
パグの健康の為には、しっかりと散歩をさせてあげることが大切になります。朝晩、1回あたり20分~30分ほどの散歩をさせてあげましょう。もちろん、パグの成長段階や年齢、体調によって異なりますが、適度な運動が必要と言えます。

散歩だけでなく、普段から運動を取り入れた遊びで楽しく体を動かすようにしましょう。ロープを使った引っ張りっこやボール投げなどの遊びは大好きです。また、定期的にドッグランなどで思いっきり走り回ることもおすすめです。パグは、友好的で様々な人や犬と仲良くなることができます。社会経験を積むという上でも、室内遊びだけでなく外に出かけるようにしましょう。

パグとの運動で気をつけたいことは、季節や気温の変化によって、散歩時間を調整させるということです。パグは、特に暑さに弱く、熱中症になりやすいものです。気温の下がった夕方に、出かけるようにしましょう。呼吸が速くなっている場合は、適度に休ませること、クールダウンの時間を作ることも大切です。

しつけ

パグは、リーダーと一緒に過ごすことが大好きで、リーダーに褒められること、リーダーが喜んでくれることも大好きです。そのため、しつけは楽しみながら行うとスムーズに進めることができます。子犬の頃から基本的なトイレのしつけ、おすわりやマテと言ったコマンドなど、早めにしつけをスタートするようにしましょう。

パグのしつけで大切なことは、一貫した行動を褒めてあげるということです。いつもコマンドが同じでないと、パグは混乱してしまいます。また、大声をあげることもパグにとっては、萎縮につながってしまい、しつけやトレーニングに悪いイメージがついてしまいます。優しく褒める、大げさに褒める、テンションの差をつけながらたくさん褒めてあげることが大切です。

パグは、攻撃的になることは少ないとされていますが、時に噛み癖や吠え癖といった行動にでることがあります。しかし、これは理由が様々で、運動不足などによるストレスや、家族の気を引くため、不安や緊張、体の異変など愛犬の様子をしっかり見て、理由を探す必要があります。普段の生活の中ですでに心配な行動がある場合、トレーナーに相談するなど早めにトレーニングを行うようにしましょう。

パグのケア方法

ブラッシング

パグの被毛は短いので日々のお手入れは簡単ですが、定期的なシャンプーの他に、体をこまめに拭いてあげるようにしましょう。特にパグの特徴的な顔でもある、鼻の周りのしわ部分などは、食べかすが溜まって皮膚病につながってしまうことがあるので注意が必要です。また、においの原因にもなってしまいますので、丁寧に拭いてあげるようにしましょう。

ブラッシングをする場合は、ラバーブラシを使って皮膚を傷めないようにすると、被毛全体の艶が増します。もともと、とてもなめらかな被毛ですので、ブラッシングのしすぎで体を傷めないように注意しましょう。また、体全体を拭く際は蒸しタオルを使って、拭いてあげるとよいでしょう。

シャンプーやブラッシング、体を拭くことは、子犬の頃から慣らしておくとよいでしょう。パグはあまりにしつこくされてしまうと、体の手入れ自体を嫌がるようになってしまうので、日々の習慣として慣らしておくことが大切です。

爪切り

パグの爪切りは定期的に必要になります。お散歩で爪が削れていっても、やはり爪切りを行わないときれいに整えることができず、思わぬ怪我につながってしまうことがあります。また、伸びた爪は歩行に影響が出てしまう場合や伸びた爪がそのまま肉球に刺さってしまうということもあるのです。

爪きりは少しずつ慣らしていくことが大切になります。まず爪切り自体に慣らすところから始めましょう。爪切りを足に当てるだけで終わりにしたり、一本だけ切って終わりにしても十分です。爪を切る場合は、血管と神経を切らないように気をつけます。

もちろん、トリミングの際にトリマーさんにお願いしたり、健康診断などの際に獣医師にお願いして、無理をさせないこともひとつの方法です。

肛門腺絞り

パグも他の小型犬同様に肛門膿という分泌液を自分で出すことがなかなかできません。個体差はありますが、定期的に肛門腺絞りをすることが大切になります。分泌液は溜まると、お尻に違和感を感じ、ひどくなると炎症が進み、穴が開いてしまうこともあります。

肛門腺絞りは自分で行うことができます。人差し指と親指で犬の肛門をつまみ、4時と8時の方向で下から上につまみ出すように絞ると分泌物が出てきます。しかし、お尻を触られることに慣れていないパグは嫌がってなかなできない場合も多いものです。また、無理にやると、炎症を起こしてしまうこともあります。

肛門絞りが難しいと感じた場合は、爪切り同様に、トリマーさんや獣医師にお願いするなど、無理のない範囲でお手入れしてあげるようにしましょう。

耳掃除


パグの垂れ耳は汚れが溜まりやすく定期的な耳掃除が必要です。また、皮膚が弱いパグは、耳の皮膚の炎症も起きやすく、汚れが溜まって外耳炎になってしまうことも少なくありません。耳の状態は日々の健康チェックの一貫としてしっかり見るようにしましょう。

健康な耳であれば、週1回程度、犬用のイヤークリーナーを使って耳のお手入れをしてあげるようにしましょう。耳にイヤークリーナーを垂らして、あとは外から耳を挟んでクチュクチュ音がするのを確認しながらマッサージするようにしていきます。パグの小さな耳であっても予想以上に汚れが飛んでくることがありますので、汚れてもよい場所、服装で行いましょう。

浮き出てきた汚れや耳の周辺の汚れは優しくコットンで拭き取ります。綿棒などを使うと、耳の奥に汚れを押し込んでしまったり、皮膚を傷つけてしまうこともありますので、注意しましょう。また、コットンで拭く際も優しく拭くようにしましょう。

目の手入れ

パグは眼球が飛び出しているので、目の病気にもなりやすく、日頃から目のチェックをするようにしましょう。特にまつ毛が目にかかってしまうと、目を傷つけて角膜炎になってしまう危険性があります。普段からまつげは目に入らないように手入れしておくようにしましょう。

涙が多くなっていたり、目やにが多くなっている時は、早めに動物病院で診察してもらいましょう。涙をそのままにしておくと、パグの顔のしわに溜まってしまい、においの原因になったり、ひどい場合は皮膚炎を起こしてしまいます。また、年齢と共にさらに目の病気になりやすくなってしまうので、定期的に目のチェックをしましょう。

普段の手入れとしては、目の回りや顔のしわ部分を、蒸しタオルなどで拭き取り、さらにコットンなどで細かい部分も拭き取るようにしましょう。水気をしっかり取り除いておくことが大切です。

歯磨き

犬_パグ_素材
パグの歯磨きはできる限り毎日の習慣にしましょう。食べかすがそのまま歯垢となり、歯石までたまってしまうと、歯周病がどんどん悪化してしまいます。歯磨きは、歯ブラシを始めから使わなくても、ガーゼや専用の歯磨きシートで汚れを磨くなど、やれる範囲で習慣にしていくことが大切です。

頑固な面を持っているパグですので、歯磨き自体が嫌になってしまうと、習慣にすることが難しくなってしまいます。まずは口の中を触ることができように慣らしていきましょう。歯磨きができるようであれば、犬用歯ブラシや子ども用歯ブラシを使って、奥歯までしっかり磨きます。難しいようであれば、デンタルケアのガムを与えるなどして、歯垢が溜まることをできる限り予防していきましょう。

パグがかかりやすい病気

壊死性髄膜脳炎

 
パグ脳炎とも呼ばれている壊死性髄膜脳炎。原因不明でありながら、この脳炎にかかると亡くなってしまうケースが多いものです。壊死性髄膜脳炎は、脳の萎縮が進む病気ですが、遺伝が関係していると言われています。

壊死性髄膜脳炎は、初期症状として発作や視力障害などがあります。ひどくなると立つこともままならなくなり、痙攣発作が起こってしまいます。日頃からの健康診断と共に、普段の生活で今までになかった動きをするようになった、目が悪くなったように感じたなど、異変を感じた場合はすぐに動物病院で検査をしてもらうようにしましょう。

鼻腔狭窄

 
パグは、特徴でもあるつぶれた鼻としわくちゃの顔が愛嬌ある表情で楽しませてくれます。しかし、鼻の穴やその奥の気道が先天的に狭くなっており、呼吸困難を起しやすい病気が鼻腔狭窄です。軽度であれば、そのまま普段の生活に気をつけていくことになりますが、症状によっては手術が必要な場合もあります。

普段からパグは鼻をならしていることも多いものですが、興奮している時や運動時には特に注意しましょう。激しい運動は呼吸困難につながることもありますので、避けたほうが安心です。パグ独特の病気ですので、日頃からの呼吸チェックを行い、苦しそうにしている場合は、獣医師に相談するようにしましょう。

子犬期の注意点

パグの子犬期は、成長具合をしっかりと見てあげるようにしましょう。パグはその短い鼻に愛嬌がありかわいいものですが、先天的な病気の兆候がないかなどをしっかりと見ておく必要があります。もともと皮膚の病気になりやすい場合や、発達に遅れがあるなど様々なケースがありますので、成長段階をしっかり見て心配なことがある場合は、早めに獣医師に相談しましょう。

パグの子犬は、特に室内の温度調整に注意するようにしましょう。呼吸が苦手で、夏は室内であっても熱中症になってしまう危険性があります。留守にする際もエアコンを使用し1年を通して快適に過ごせるようにしましょう。また、ワクチンが終わった後、散歩に行く際も時間帯や散歩時間を調整するようにしましょう。「ゲフ」「ガッガッガッ」と逆くしゃみが続くような場合も、早めに獣医師に相談しましょう。

パグは、人間とのコミュニケーションが大好きですが、自己主張もします。また、間違ったことをその場で怒らないとパグの子犬は意味がわかりません。一貫した態度でしつけをしっかり行うこと、よい行動をたくさん褒めてあげることを忘れないようにしましょう。

シニア期の注意点


パグは、シニアになると、その特徴的な皮膚がたるんでくるようになります。お腹やお尻周りの筋肉が落ちてたるみが目立つようになります。たるんだ部分に汚れがたまりやすく、衛生的にもよくありません。皮膚病にもなりやすくなってしまいますので、注意するようにしましょう。

シニアになったパグは、見た目の変化と共に消化や吸収のスピードもおそくなります。様々な病気にもかかりやすくなりますので、健康診断と共に病気や感染症に注意するようにしましょう。また食事の内容を見直すことも大切です。シニアになると低カロリー高タンパクの食事が大切なので食欲が落ちてきている時は、特にシニア専用のフードを選んであげるとよいでしょう。

パグのような鼻ペチャの犬種は、呼吸器系の病気も多くなります。心臓疾患もありますので、健康診断はしっかり受けるようにしましょう。高齢になると、体温調節をする能力も低下し、体調を崩しやすくなります。室温管理、ベッド周りの温度管理に気を付けてゆっくり休める場所を確保してあげましょう。

季節ごとの注意点

 
パグにとって春先はとても過ごしやすい季節ですが、気温の変化に注意しなくてはいけません。春になると外にお出かけすることも多くなります。その一方でノミやダニなどの寄生虫、また腸内寄生虫の感染など感染症に十分注意したい季節でもあります。動物病院で検査を行い、適切な予防薬を服用するようにしましょう。

春は狂犬病予防接種の時期でもあります。予防接種は飼い主さんの義務なので必ず受けるようにしましょう。また、地域によりますが5月頃からは月1回フィラリア症の予防薬、ノミダニ予防薬が必要になります。さらにお部屋の掃除をして、ノミダニの繁殖に注意するようにしましょう。

パグは抜け毛がとても多いものです。春から夏にかけては、特に抜け毛がとても多くなる換毛期ですので、ブラッシングをこまめに行いましょう。また、定期的なシャンプーで抜け毛や死毛を取り除くことも大切です。抜け毛をそのままにしておくと皮膚がかゆくなってしまい、皮膚炎の原因になってしまうこともありますので手入れをこまめに行う習慣をもちましょう。

 
パグは、鼻の短い独特な頭だからこそ、呼吸に注意しなくてはいけません。夏は、舌を出して熱を放出しますが、呼吸が難しいパグは体温調節もあまり上手に行うことができず、常に「ハァハァ」と呼吸をしていて気づくと熱中症になっている危険性もあります。室内では愛犬の様子を見ながら、エアコンの設定温度を調節してあげるようにしましょう。

パグは、お散歩も人と遊ぶことも大好きですが、お散歩の時間は早朝または夕方以降涼しくなってからいくように注意しましょう。また、ケージやベッドなど愛犬が過ごす場所に直射日光が当たっていることも熱中症の危険性が高くなります。症状が重くなると命の危険に関わりますので注意しましょう。どうしても外出する場合は、体を冷やすための洋服を着せたり、こまめに体を冷やしてあげるようにしましょう。

皮膚のトラブルも多いパグにとって夏の暑さでは皮膚が蒸れやすく、皮膚の状態に注意しなくてはいけません。またアレルギー性の症状も多くなる季節ですので、普段から体を拭いて清潔に保つこと、定期的なシャンプーを忘れないようにしましょう。また、シャンプー後はしっかり体を乾かすことも大切です。

 
秋は気温が下がり、パグにとって過ごしやすい季節になります。しかし、気温が下がったことで食欲旺盛になってしまい、カロリー摂取量に気を付けておかないと、どんどん肥満になってしまいます。おやつを与える場合は、特に注意が必要ですので毎日の食事バランスを考えるようにしましょう。

運動不足解消や気分転換をかねてお散歩や運動の機会を増やし、筋力アップをはかり肥満予防に努めましょう。ただし、夏の暑さで夏バテになり体力が低下していたり、心臓に負担がかかっている場合もありますので、急激な運動には注意が必要です。徐々に運動量を増やしていくなど、体調変化には注意しましょう。また、春夏と同様に秋になってもフィラリア症の予防薬とノミの駆除薬は続けるようにしましょう。

秋から冬にかけては、パグの抜け毛も多くなる季節です。気温差が激しい秋は、ブラッシングで抜け毛対策を念入りに行いましょう。洋服を着せるなどして、寒さ対策と共に抜け毛がお部屋の中にいっぱいになってしまうことも予防しましょう。ただし、洋服の着せっぱなしは皮膚の状態を悪くしてしまうこともありますので皮膚の衛生を保つようにしましょう。

 
パグは寒さも苦手です。室内であっても気温が下がると、体調不良の原因になってしまいます。暖房などを使用し室内の温度に十分注意しましょう。また、暖房を使うことによる乾燥にも注意しましょう。室内の乾燥はウイルスの蔓延や気管支炎、被毛の乾燥などを引き起こしてしまいます。暖房とあわせて加湿器を上手に使うようにしましょう。

ベッド周りなど睡眠中の環境にも注意してあげるようにしましょう。ペットヒーターや毛布などを利用してあげてもよいでしょう。暖房器具を使用していると気づかないうちに体が温まりすぎて脱水症状を起こしてしまうことがあります。特にヒーターやこたつによる火傷、電気コードによる事故などには特に注意しましょう。

子犬期に気を付けたい病気とその兆候

膝蓋骨脱臼

 
思った以上にやんちゃなパグの子犬だからこそ、骨折や脱臼には注意が必要です。膝蓋骨脱臼は先天的な形成異常で膝蓋骨が外れやすくなってしまっています。子犬の頃のワクチン接種や健康診断のタイミングで、関節もしっかり診てもらっておくとよいでしょう。

先天的な原因が多いものですが、関節に負担がかかることで発症してしまうこともあります。成長段階にある子犬の骨は、毎日十分な栄養をとっていても思わぬ事故から骨折や脱臼につながってしまうことがあります。

パグの成長段階は個々に違いますが、普段の歩き方でも片足を上げたりスキップしたりするような歩き方をしている場合は注意が必要です。ソファーや階段からジャンプした時に、そのまま骨折してしまうこともあります。抱っこしていたのに、突然ジャンプしてバランスを崩し骨折や脱臼ということもあるのです。普段の生活には十分に注意し、なんらかの異常を感じたら早めに獣医師に診てもらいましょう。

アレルギー性皮膚炎

 
パグは皮膚炎を起こしやすい犬種です。皮膚のたるんだ部分に汚れがたまり、あっと言う間に炎症を起こしてしまうこともあります。またノミ、ダニ、食べ物など、様々な原因でアレルギー性皮膚炎を発症することもあります。食べ物のアレルギーがある場合は食餌性皮膚炎、環境の場合はアトピー性皮膚炎と言いますが、まずは何が原因かを特定することが必要になります。

炎症をそのままにしておくと、どんどんかゆみがひどくなり皮膚の炎症がさらに悪化してしまいます。また、かきむしることで二次感染にもつながりますので、清潔にしているのに皮膚をかゆがる様子や赤み、炎症を見つけた場合は早めに獣医師の診察をうけましょう。

シニア期に気をつけたい病気とその兆候

角膜潰瘍

パグは目がまるで飛び出ているような状態になるのが、愛嬌がありかわいいものですが、目の表面が傷つきやすく病気にもなりやすいものです。角膜潰瘍は、その名前の通り角膜に傷ができ、悪化すると穴があいて失明に至ることもあります。

角膜に傷ができてしまう為、痛みで目を開けることができなかったり、違和感から目をこすろうとするなど、目を気にする様子が出てきます。角膜潰瘍は痛みも伴う為、異常に気付いた場合は早めに獣医師の診察を受けましょう。早期発見、早期治療がとても大切になります。

まだ、傷が小さい場合は目薬なで治療をすることが十分可能です。しかし傷が重度であったり、すでに進行している場合は手術に至ることもあります。結膜炎を伴っていることもありますので、並行して治療を進めていくこともあります。

気管虚脱

 

小型犬に多い病気で、その名のとおり気管がつぶれてしまい咳や呼吸困難につながります。シニア期になると、そもそも筋肉が硬くなっているので空気の通り道が狭くなっていますが、心臓疾患や気管支炎の咳や過呼吸でさえ原因になってしまいます。パグは鼻ぺちゃで呼吸をすること自体がなかなか大変なこともありますので十分に注意が必要です。

呼吸する時に気管がつぶれて空気の通りが阻害され、咳や呼吸困難を起こします。小型犬に多い病気で、気管の筋肉が硬化してくるシニア期、心臓病から発症してしまうこともあります。また、肥満によって気管を圧迫してしまっているケースもあります。

気管虚脱は、激しい咳が特徴で「ガーガー」「ヒューヒュー」というような呼吸にもなります。このような咳や呼吸が続くようであれば、早めに獣医師の診察を受けましょう。定期的な健康診断や、肥満予防のための食事や運動などが大切になります。また、首輪が原因になることもあり、散歩の引っ張りが強い場合は注意が必要になります。ハーネスに切り替えてあげるとよいでしょう。

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

 
パグは家族と触れ合う時間が大好きなので、まずは体全体を触ってあげる習慣をもちましょう。ボディチェックは、コミュニケーションの一環としてもとても大切です。最初は背中や胸など、愛犬が気持ちよいところを触ってあげながら、たくさん褒めていきましょう。

パグは体のバランスに注意しなくてはいけません。食べすぎからあっという間に太ってしまうと、呼吸や心臓に影響をきたすどころか様々な病気の原因を作ってしまいます。体を触ってみて、肋骨がふれる程度がちょうどよい体のバランスです。普段から体を触ることに慣れるよう少しずつ触ってあげましょう。

慣れてきたら被毛のチェック、皮膚のチェックもしてあげましょう。皮膚病やアレルギー疾患にもなりやすい犬種ですので、皮膚のチェックも大切です。炎症や脱毛などがないか、また掻いてしまった跡がないかなどチェックしてあげましょう。

足先は嫌がる部分でもありますが、散歩後などに足の裏のパッドが傷ついていないか、何か異物が刺さっていないか、爪が伸びていないかもしっかりチェックしてあげましょう。また、パグは腰や関節を傷めやすい犬種でもありますので、足を引きずる様子がないか、体の傾きはないか、特定の痛がる部位はないかなどチェックしてあげましょう。

お尻付近やしっぽの周辺も触られることを嫌がる部分ではありますが、優しく声をかけてあげながら見るようにしましょう。尻周辺が汚れていないか、下痢の跡や肛門周辺の炎症はないかなどチェックしてあげましょう。

顔周りのチェック

 
元気なパグは目もイキイキとしていますので目の輝きを見てあげましょう。ただし目が大きく飛び出している為、目の炎症が起きやすい犬種でもあります。炎症が起きている、いつもよりまぶしそうにしている、痛がっている、視力低下を感じるなどの様子があれば、早めに獣医師に診てもらいましょう。

パグはアレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎を起こしやすい犬種でもありますので、耳に炎症が起こることもあります。においがする、耳周辺が汚れている、耳垢が出てくるといった場合は、外耳炎や耳ダニの感染などを起こしている場合があります。また、耳掃除のやり過ぎによって炎症が起きている場合もあります。においや耳の炎症、赤みが気になる場合は早めに獣医師に診てもらいましょう。

犬は歯周病になりやすく、特に高齢犬は注意が必要なので口のチェックも大切です。毎日の歯磨きが効果的ですが、難しい場合は、指先に布を巻いてふき取るようにマッサージしてあげるだけでも効果があります。また、口の中をチェックすることで歯茎や舌が健康的なピンク色をしているか確認してあげましょう。貧血などを起こしていると、白っぽくなってしまいます。嫌がらない程度に、歯茎や口臭のチェックもしてあげましょう。愛犬が口を触ることに対して嫌がったり、恐怖を感じているようであれば、少しずつ慣らしてあげるようにしましょう。

健康な犬であれば、鼻は適度に湿っています。乾いている、鼻水が出ている場合は体調不良になっている場合があります。また、呼吸が荒い場合も呼吸器系、心臓疾患など、心配な症状につながることがあります。早めに獣医師に相談するようにしましょう。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

ブログ

関連記事

【動物看護師が解説】ブルドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

体が大きく丸々とした体型に、シワシワの顔、大きな瞳に短い鼻が特徴のブルドッグ。なかなかお目にかかれない犬種ではありますが、一部の人々に熱い支持を受けている犬でもあります。強そうな見た目とは裏……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】チワワにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

とあるCMで爆発的に人気が出たチワワ。その人気ぶりは現在も続いていて、成犬になっても持ち上げるのが大変なほど大きくはならず、体も小さく運動量が少なくて済む個体もいるため、散歩の手間が省けて室……

犬のトリミング

【ペットシッターが解説】ゴールデンレトリバーとの暮らしで注意すること

ゴールデンレトリバーの性格と性質 性格 ゴールデンレトリバーは、大型犬の中でも長年の人気を誇る犬種です。とても穏やかでありながら、友好的なので、人とも犬とも仲良くなることができます。……

【動物看護師が解説】ラブラドールレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

盲導犬など、人を手助けする非常に頭の良い犬種で有名な、ラブラドール。子犬の頃はやんちゃでいたずら好きであるものの、きちんとしつけをすれば善悪を記憶し理解する、人間と共存するにはとても相性の良……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ミニチュアシュナウザーとの暮らしで注意すること

ミニチュアシュナウザーの性格と性質 性格 ミニチュアシュナウザーは、頑固で警戒心も強いと言われていますが、人間に対してはとても友好的な面を持っています。また、活発で陽気な面も持ってい……

犬の問題行動予防