2016年5月26日更新

【獣医師が解説!】人間用の日焼け止めなどがついた肌を犬や猫が舐めても大丈夫?

夏の外出時に欠かせないもののひとつが「日焼け止め」ですね。体に日焼け止めを塗ったあと、愛犬や愛猫がそこを舐めてしまったという経験のある人も少なくないのではないでしょうか。犬や猫が人間用の日焼け止めがついた肌を舐めても大丈夫か気になったことはありませんか?今回のテーマは、人間用の日やけ止めや化粧品の犬や猫への影響についてです。

日焼け止めや化粧品の安全性

素材based-texture-1142094_640
日焼け止めや化粧品をはじめとした、人間の皮膚に直接使用するものは、「安全性が確認されている」とされています。しかし、この「安全性」とは、「人が皮膚に使用する上での安全性」であり、口から摂取することを想定したものではありません

つまり、日焼け止めや化粧品を口から摂取した時の安全性が確認されているわけではないのです。まして、犬や猫は人間よりもはるかに体重が軽いため、少量であっても健康に大きな影響を及ぼす可能性は否定できません

日焼け止めや化粧品はなめさせないようにしてください


犬や猫が口から摂取した時の安全性が確認されていない以上は、日焼け止めや化粧品を使用した肌はできる限りなめさせないようにしたいものです。しかし、実際には、完全になめさせないようにすることは難しい、という人も少なくないでしょう。

ほんの数回、ぺろりと舐めただけで、すぐに大きな健康上の問題がでることは考えにくいでしょう。それでも、常日頃から何度も何度も繰り返しなめている、塗った日焼け止めや化粧品をその場できれいになめとってしまう、といったことはないようにしてください

愛犬や愛猫が日焼け止めや化粧品を塗った肌をなめてくるようなそぶりを見せたら、こちらから撫でてあげるようにして気をそらせるなど、愛犬や愛猫ができるだけ肌をなめないような工夫をしてください。

また、最近では、「愛犬が舐めても大丈夫」という日焼け止めも販売されているようですので、利用してみてもよいかもしれません。ただし、そういったものであっても、大量に摂取してしまうと何らかの健康上の問題が出ることも考えられます。決して積極的になめさせるようなことはしないようにしてください。

猫のグルーミングに注意


日焼け止めやハンドクリームのついた手で猫の体をなでまわしたり、化粧をしたまま猫にほおずりをしたりしていませんか。そのあと、猫が自分でグルーミングをすることで、体調不良を起こす可能性があります。体調不良を起こすほどの量の日焼け止めやハンドクリーム、化粧品が猫の体内に入ることは少ないかもしれませんが、感受性には個体差があります。念のため、気をつけておいたほうがよいでしょう。

特に毒性の高い化粧品「除光液」

素材schnauzer-600931_640
その他の多くの化粧品と比べ、除光液はごく少量であっても特に毒性が高いので注意しなくてはなりません。除光液は強い刺激のある臭いがすることが多いので、ゴクゴクと飲んでしまうことはほとんどないと思われます。しかし、使用中や使用直後の手や足を愛犬や愛猫が舐めたり、使用後のコットンを口にしたりといったケースが考えられます。

万一、摂取してしまったときは、無理に吐かせたりはせずに、至急動物病院へと連絡をとり、受診するようにしてください。

安全に、楽しい夏を過ごしましょう


多くの人が日々使用する化粧品や日焼け止めは、人間が皮膚に使用することを目的に開発されており、犬や猫が口から摂取した場合の安全性は確かめられていません。愛情表現として、また、独特のにおいにひかれて、しきりに舐めようとしてくる愛犬や愛猫もいるかもしれませんが、健康トラブルを避けるためにも、できるだけなめさせないように気をつけてあげてください。愛犬や愛猫の健康を守り、今年も安全で楽しい夏を過ごしてくださいね。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師が解説】熱中症のサインを知っておこう。よく見られる熱中症のサインとは?

暑い日が増えてきましたね。本格的な夏がやってくる前の今の時期から、是非気をつけておきたい病気が「熱中症」です。 熱中症は、時には命に関わることもある恐ろしい病気です。熱中症を起こさない……

犬に関する夏の注意

正しい散歩、できてますか?小型〜大型犬、季節ごとの散歩のルール

愛犬にとってお散歩は運動不足やストレスを解消し、健康的な生活を送るためには不可欠なものです。しかしただ歩けばいいという訳じゃなく、散歩の中できちんと愛犬との関係性を保ってルールを教えていくこ……

犬に関する夏の注意

【獣医師監修】夏は外耳炎に要注意!愛犬の耳のチェックをしてみましょう!

暑く、湿気の多い夏になると増える犬の病気の一つが外耳炎です。よく頭を掻いたり、頭をどこかでこすったりしていませんか。これらは犬が耳を痒がる時に見せるサインの一つです。 最近耳のチェック……

犬に関する夏の注意

絶対に防げる犬の熱中症。対策と起きてしまった時の対応。

犬にとっても暑さがこたえる夏。人間が「暑い」と思う環境は、被毛をまとっている犬にとっては「とっても暑い」という環境です。気温があがるとお年寄りや子供の熱中症の事故のニュースも増えてきます。こ……

犬に関する夏の注意

これから暑くなる夏の季節に。ダニ・ノミ・蚊などから愛犬を守るおすすめドッグウェア10選

どの季節もそうですが、特にこれから暑くなる季節、気を付けてあげたいのが虫。 特にダニやノミ、蚊などは要注意です。犬の場合、散歩をするときなどにほかのペットより虫と接触する機会が多いので……

犬に関する夏の注意

【獣医師が解説】人間にとって不快な湿気は犬猫にとっても不快なの?

じめじめした湿気が気になる季節が近づいてきました。日本の梅雨から夏にかけての湿度の高い気候が苦手な人も多いでしょう。それでは、犬や猫にとってもやはり湿気は不快なものでしょうか。高い湿度が体に……

犬に関する夏の注意

暑い夏に気をつけたい犬の散歩。熱中症にさせない為に準備したいグッズやお散歩のコース、お散歩の時間

犬の散歩、暑い季節と寒い季節で同じコース、時間に出かけたりしていませんか?散歩は犬にとって楽しいイベントですが、年齢や季節によっては体に負担がかかり、体力消耗や病気の原因になることもあります……

犬に関する夏の注意

【獣医師監修】正しい知識を身につけて、猛暑を乗り切ろう!愛犬のための熱中症対策マニュアル

重度になると死に至ることもある熱中症。夏真っ盛りのこの時期、その症状から応急処置、予防策についてあらためておさらいしておきましょう。全身を毛で覆われ、人間と違って汗をかくことで熱を放出するこ……

犬に関する夏の注意

見た目よりもよく食べる?ヨークシャー・テリアのエサの量について

動く宝石ともいわれる美しい被毛を持つヨークシャー・テリア。気品のある風貌から食事も上品にちょこちょこっと食べるのかな?というイメージがありますね。実は意外と食欲旺盛な犬が多いようなのです。今……

犬に関する冬の注意

【獣医師が解説!】人間用の日焼け止めなどがついた肌を犬や猫が舐めても大丈夫?

夏の外出時に欠かせないもののひとつが「日焼け止め」ですね。体に日焼け止めを塗ったあと、愛犬や愛猫がそこを舐めてしまったという経験のある人も少なくないのではないでしょうか。犬や猫が人間用の日焼……

犬に関する夏の注意

【虫除け対策!】 安心安全 犬猫の虫除けグッズ10選

もうすぐ夏到来。愛犬・愛猫の虫刺されも気になる季節ですよね。 しかし猫(やその他の肉食動物)は、犬には使用できるエッセンシャルオイルも有害となるという説もあるため、猫の虫除け対策に関し……

【獣医師が解説】犬や猫も日焼けをするの?対策は?

最近はずいぶん日差しが強くなってきましたね。日差しが強くなってくると気になることのひとつといえば、『日焼け』だと思います。人と同じように、犬や猫も日焼けをするのか、気になったことはありません……

犬に関する夏の注意

【動物看護師が解説】犬のサマーカットのメリット・デメリット

ジメジメの梅雨が終わると、ついに本格的に暑い夏が来ますね。わたしたちは暑ければ薄着をし、涼むことができますが、犬たちは毛を脱ぐことはできません。ならばいっそのこと、短くカットしてあげようと思……

犬に関する夏の注意

高齢猫の暑さ対策。暑い夏を元気に乗り切ってもらうためのポイントとは?

猫はもともと暑い地域の出身ですのでそれほど暑さに弱いわけではありません。しかしながら長毛タイプの猫や高齢の猫にとっては夏の暑さは体力減退の原因になります。 特に高齢猫は暑さ、寒さを実感……

犬に関する夏の注意

【獣医師監修】暖かい季節に注意しなければいけないノミやダニ、シラミなどの寄生虫について

外が暖かくなると活発になるのは犬や猫や人間だけではありません。ノミやダニといった犬や猫の体表に付着して生活する寄生虫も活発に活動を始めます。 これらは外部寄生虫とよばれ、犬や猫に害をお……

犬に関する夏の注意