2016年5月26日更新

犬の火葬について。愛犬が最期のときを迎えた時に、できること

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

火葬の種類

火葬の方法には、大きく分けて「合同火葬」・「個別火葬」・「立会火葬」の3種類があります。
それぞれ、火葬の方法や火葬後の遺骨についての対処方法がことなります。

あらかじめ火葬にはどんな違いがあって、わが子には何を選択してあげたいのかを決めておくことが重要です。

合同火葬

「合同火葬」は、愛犬の亡骸を霊園または専門の業者に委託して、同時期に亡くなった他の家庭のペット(犬猫などの種類問わず)と一緒に、合同で火葬してもらう方法です。
基本的に全てお任せするかたちとなるため、 火葬の立会いや、火葬後の遺骨は返骨されません。

メリット

  • 他の方法に比べ低価格で火葬を行なうことができる
  • 他のペットと一緒に眠ることができるので寂しくない
  • 霊園が合同供養や供花をしてくれる

デメリット

  • セレモニーの立会いや出棺の見届けができない
  • 家族の手によるお骨上げができない
  • 遺骨の引き取り(返骨)ができない

個別火葬

「個別火葬」は、愛犬の亡骸を霊園または専門の業者に委託して、愛犬だけ個別に火葬してもらう方法です。
基本的に多くの専門業者が自宅まで愛犬の亡骸をお迎えに来てくれ、個別に火葬したのち、遺骨の状態で自宅に連れ帰ってくれます。

メリット

  • 他の方法に比べ低価格で火葬を行なうことができる
  • 他のペットと一緒に眠ることができるので寂しくない
  • 霊園が合同供養や供花をしてくれる

デメリット

  • セレモニーの立会いや出棺の見届けができない
  • 家族の手によるお骨上げができない
  • 遺骨の引き取り(返骨)ができない

個別火葬

「個別火葬」は、愛犬の亡骸を霊園または専門の業者に委託して、愛犬だけ個別に火葬してもらう方法です。
基本的に多くの専門業者が自宅まで愛犬の亡骸をお迎えに来てくれ、個別に火葬したのち、遺骨の状態で自宅に連れ帰ってくれます。

メリット

  • 霊園が遠方で出向くのが難しい場合や、時間がないときに利用しやすい
  • 自宅まで愛犬の亡骸を迎えに来てくれ、その後返骨してくれる
  • 霊園納骨もしくは、自宅供養を選択できる

デメリット

  • セレモニーの立会いや出棺の見届けができない
  • 家族の手によるお骨上げができない
  • 遺骨の引き取り(返骨)に時間がかかることがある

立会火葬

「立会火葬」は、家族が実際に霊園まで出向き、火葬場にて最後のお別れをしていた後、火葬に立会い拾骨まで遺族で行う方法です。お別れのセレモニーを行うことができるため、家族だけでなく近親者やご友人と一緒にお見送りすることも可能です。
また、霊園によっては自宅まで無料送迎をしてくれるところも多くあります。

メリット

  • お別れのセレモニーを行い、出棺を見届けることができる
  • 家族の手によるお骨上げができる
  • 葬儀当日に返骨ができ、自宅での供養も可能

デメリット

  • 火葬中、ペット霊園にて数時間の待ち時間がある
  • 他の方法に比べ価格が比較的高価になる

記事提供:火葬の種類 | 火葬について | 愛犬のためのドッグ情報サイト『SWEETA』

火葬場所と時間

固定式の火葬炉

霊園などに固定されている火葬炉のことです。
霊園によってビルの一室にあったり、火葬炉だけの建物を所有しているところもあります。

移動式の火葬炉

専用の車に設備を火葬搭載した火葬炉のことです。
自宅周辺まで専用車で伺い、駐車できるスペースで火葬を行ないます。ご近所に配慮し、火葬車と分からないような専用車になっているため、安心して依頼できます。
自宅周辺、もしくは近所の公園や空き地などで火葬してくれるため、霊園が遠く出向くのに時間がかかる場合や、育った環境から離れずに見送りたいときなどに利用できます。

専門業者の営業エリアに指定がありますので、あらかじめ調べておく必要があります。また、業者によっては愛犬の体重制限がある場合がありますので、大型犬の火葬時は特に気をつけてください。
専用の設備により完全密閉式で、火葬時のにおいや煙などはほとんど発生しません。

火葬中はご自宅などで待機し、火葬終了後に骨壺に入れて返骨してくれますので、個別火葬と同等です。
業者によってはお別れのセレモニー用の火葬室を併設した特殊なセレモニーカーを用意しているところもあり、多くは火葬に立ちあったり、遺族でお骨上げを行ったりすることが可能です。この場合は立会火葬と同等のお別れが可能です。

火葬後の納骨や埋葬を希望される場合は、専門業者によって納骨堂や霊園と提携しているところもあります。

所要時間

小型犬

約45分~60分間程度

大型犬

 約60分~90分程度

記事提供:火葬場所と時間 | 火葬について | 愛犬のためのドッグ情報サイト『SWEETA』

 

犬の火葬に関して、気をつけること

一緒に火葬できるもの

花、少量の食べもの、可燃性の愛用品、綿のお洋服

一緒に火葬できないもの

ビニール、プラスチック、化学繊維で作られた衣類、ボール、首輪、リード、水分量の多い果実類、ぬいぐるみ、カーボン繊維、金属類、ガラス類 等

火葬や葬儀を依頼する専門業者や霊園について、必ず事前に調べておくことをお勧めします。

安心して任せられるか

基本的には治療心的な業者がほとんどですが、2010年に埼玉県飯能市内の山林にペットの遺体が100匹程度も不法投棄されていたという事件が実際に起こっています。
特に合同火葬の場合は返骨がないため、愛犬がどのように埋葬してもらえたのかが分かりません。
口コミなどで専門業者や霊園の信頼性を第一に確認しましょう。

見積書をもらいましょう

ホームページなどで記載されている金額が基本料金のみで、のちのちオプション費として別途費用を請求される場合もあります。
総額でいくらになるのか、追加料金はないかを必ず確認してください。事前に見積書を発行してくれるところを選択した方が安心です。料金支払い時に一番トラブルが発生しやすいため、必ず確認してから依頼してください。

火葬・埋葬場所を確認しましょう

依頼するときはどこで火葬するのか、どこに埋葬するのかの詳細に確認しておきましょう。
特に合同火葬の場合は、火葬後にそのまま埋葬までを一括で行なうため、注意が必要です。

記事提供:気をつけること | 火葬について | 愛犬のためのドッグ情報サイト『SWEETA』

 
 

関連カテゴリ