2016年6月17日更新

【ペットシッターが解説】ミニチュアピンシャーとの暮らしで注意すること

ミニチュアピンシャーの性格と性質

性格


ドイツで番犬の歴史を持っていたミニチュアピンシャーは、他人への警戒心は強いのですが、家族に対する忠誠心を持っています。その為、初めての人や会うことが少ない方への態度はそっけないものですが、家族に対しては思いっきり甘える姿を見せてくれる可愛いらしい面を持っています。

ミニチュアピンシャーのパワーはその体の小ささから想像できないほどで、いつでも動き回っています。興味関心が高くや好奇心旺盛ということもあり、いつも楽しいことを大切に動きまわっています。活発な性格のため、時にはいたずらも好きなミニチュアピンシャーは、「Escape Artists(脱走の芸術家)」といわれることもあるほどです。

テリア種ならではの、頑固な面を持っていたり、特に攻撃性につながってしまうこともあります。リーダーとの関係を大切にしながら、しつけをしていくことで、ミニチュアピンシャーとのメリハリのある生活ができるようになるでしょう。

性質


ミニチュアピンシャーは、ドーベルマンを小型化したかのような、その引き締まった体や筋肉が特徴的です。しかし、ドーベルマンの血が入っているわけではなく、「ダックスフンド」「イタリアングレーハウンド」などの犬種の血が入っています。

猟犬としての名残りといえる、短い被毛も特徴的です。また、断耳や断尾も特徴ではありましたが、近年は行うべきでないという考えも多くなっています。いずれにしても、その美しいスタイルと利口で陽気な面がとても人気があります。

一方で警戒心の強さや神経質な面もあり、しつけをしっかりと行う必要があります。ミニチュアピンシャーは、リーダーがしっかりと主導権を握ることができなければ、あっという間にそれを見抜き、わがままに育ってしまいます。子犬のころから、よいことと悪いことをはっきりとさせ、メリハリのある生活が大切になります。

ミニチュアピンシャーの飼育の注意点

室内環境

ミニチュアピンシャーは寒さに弱い犬種です。日本の蒸し暑さは確かに苦手な為、適度にクーラーを使って室温管理したいものですが、冷風が体に直接あたるとあっという間に体調を崩してしまいます。26℃前後が快適に過ごすことができる室温と言われています。熱中症にならないように対策することは必要ですが、お部屋の中を冷やしすぎないに気を付けましょう。

冬は、暖房を使って20~26℃程度に室温を設定しましょう。また、加湿器などを使って適度な湿度も保つように気を付けましょう。ベッド周りには、毛布やペット専用のヒーターなどを入れてあげると快適に眠ることができます。また、洋服を着させて、その都度体温が下がらないように気を付けてあげることもよいでしょう。

ミニチュアピンシャーの子犬や高齢犬は、特に体温低下に注意が必要です。季節に応じて、エアコンなどを使いながら快適に過ごせる室温に設定してあげるようにしましょう。


ミニチュアピンシャーは、関節に関する病気が多い犬種でもあります。特に膝蓋骨脱臼などには十分注意する必要があります。一方で、運動が大好き、遊ぶことも大好きなミニチュアピンシャーですので、お部屋の中を走りまわって遊ぶことも日常のことになります。少しでも、関節の負担を減らしてあげるようにしましょう。

フローリングは滑りやすく、走りまわっているうちに滑って関節に負担をかけてしまったり、ジャンプして腰を痛めてしまうということもあります。ミニチュアピンシャーが過ごすスペースには、カーペットや滑り止めマット、コルクマットなどの敷物を敷いて、負担を減らすようにしましょう。

利口でいたずらも大好きなミニチュアピンシャーです。カーペットをかじって糸を出してしまったり、コルクマットをかじって誤飲するなど、場合によっては危険な事故につながることもあります。愛犬に合わせた素材を選び、しつけをしていくことも大切です。

家具の配置

素材armchair-1031257_640
ミニチュアピンシャーはしつけが大切になります。甘えることが大好きですが、活発な性格と賢さが合わさって思わぬいたずらをしてしまうこともあります。リーダーとの関係がとても大切な犬ですので、お部屋の中でも愛犬専用のスペースをしっかり設けて、リーダーとの関係性にメリハリのある生活を送るようにしましょう。

犬は本来は、サークルやケージといった自分だけのスペースがあることで安心できるものです。ミニチュアピンシャーは、何かのきっかけで興奮状態になってしまうこともあります。そんな時に一旦クールダウンさせる為にも有効です。また、留守番の際はその中で過ごす習慣を作ることによっていたずらを防いだり、目を離さなくてはいけない際も安心することができます。

サークルの中にはベッドなどの寝床とトイレを置くスペースが必要になります。ミニチュアピンシャーはジャンプも上手ですので、サークルが低いと飛び越えてしまったり、ジャンプをして腰に負担をかけてしまうこともあります。屋根つきタイプやスペースと高さに余裕があるものを選んであげるとよいでしょう。寒さに弱い犬種ですので、置き場所も日当たりや風通し、エアコンの位置を見て決めるようにしましょう。

運動

素材dog-737779_640
ミニチュアピンシャーにとって、運動はとても大切なものです。その運動量は中型犬並みに必要と言われますので、毎日30分から1時間程度、朝晩の2回お散歩をしてあげるとよいでしょう。もちろん、個体差や年齢、体力、そして家庭環境によっても異なりますが、2時間ほどは歩けてしまうことも少なくありません

定期的ドッグランで思いっきり走ることや、ボール遊びや引っ張りっこなど、思いっきり運動できる機会を作ってあげるようにしましょう。アジリティなどで一緒にトレーニングにチャレンジしてみてもよいでしょう。運動不足はストレスになりますので、注意が必要です。

運動や散歩の際に、事故を防ぐためにも日ごろからしつけを行うことも重要になります。ミニチュアピンシャーは、するっとハーネスやカラーを外して走ってしまう、気が小さいので周りに吠えてしまう、攻撃性が出てしまうなど、様々な問題行動につながってしまうことがあります。運動をしてストレス発散しながら、しつけも行うという習慣を持ちましょう。

しつけ

素材dog-737783_640
ミニチュアピンシャーは非常に賢く、リーダーの指示に対して、とても忠実です。そのリーダーがしっかりとしていない場合は、あっという間に立場が逆転してしまうこともあります。特にテリア独特の吠え癖や噛み癖につながってしまうと、ケガや事故につながってしまい、トレーニングも大変なものになります。子犬の頃から、一貫したしつけを行うようにしましょう。

ミニチュアピンシャーとの関係を深める為に大切なこととして、まずは、アイコンタクトや基礎服従のトレーニングを行いましょう。リーダーの指示の通りに動くこと、目を見ることによって褒められる、プラスの感情でどんどんトレーニングを進めていくようにします。いけないことをただ叱るというしつけは行わないようにしたいものです。

ミニチュアピンシャーの性質独特なものとして注意が必要なこともあります。まずは、その縄張り意識の強さです。未去勢の雄はマーキングをする習性がなかなか抜けないこともありますので、注意が必要です。また、ねずみなど小害獣対策として働いて歴史がある為、本能的に小動物に対して強い関心をもつことがあります。コマンドなどで制止が効くようにしつけをしておく必要があります。

ミニチュアピンシャーのケア方法

ブラッシング

ミニチュアピンシャーは、短毛のため、それほどブラッシングや手入れが必要というわけではありません。ただし、皮膚の新陳代謝を促したり、毛のつやを出すこと、また日ごろの健康チャックや皮膚病予防として、ブラッシングは大切です。

スリッカーブラシで毛の流れを整え、獣毛ブラシで艶を出してあげるようにブラッシングするとよいでしょう。スリッカーは、短毛のミニチュアピンシャーの場合、強くかけると皮膚にあたって傷つけてしまう可能性があります。丁寧にブラッシングするように十分に注意しましょう。

汚れやにおいが気になる時は蒸しタオルで体を拭いてあげることもよいでしょう。シャンプーのし過ぎは、被毛の艶を鈍くしてしまうので、注意が必要です。体を拭いたり、シャンプーをした場合は、しっかりと水気をふき取るようにしましょう。

爪切り

素材dog-737778_640
ミニチュアピンシャーは、運動が大好きな為、たっぷりと毎日お散歩に行っていると、爪が自然に削れてくることもあります。しかし、そのままにしておいても、きれいに整うわけでないため、伸びた部分が歩く姿勢にまで影響したり、肉球に刺さってしまうこともあります。定期的に爪切りをしてあげるようにしましょう。

ミニチュアピンシャーの爪きりの場合、爪が黒い為に、どこまで切っていいかわからず不安になることも多いものです。血管や神経が見難い場合は、少しずつカットして、深爪にならないように注意しましょう。ギロチンタイプやペット用爪切り、電動の爪やすり、愛犬にあったもので爪の手入れは行うとよいでしょう。

ミニチュアピンシャーは、頑固な性格の持ち主でもあります。無理に行うと、あっという間に爪切りが嫌いになってしまいます。まずは、爪きりを当てるだけで終わりにしたり、毎日1本ずつにしてみるなど徐々に慣らしていくことが大切です。不安な場合は、トリマーさんや獣医師にお願いするなどしてもよいでしょう。

肛門腺絞り

ミニチュアピンシャーは、個体差はあるものの月に1回程度肛門腺絞りをしてあげるとよいでしょう。お尻をズリズリとこするようなことがあれば、それはすでに分泌液がたまってしまっているサインでもあります。分泌液はとても臭いので定期的なシャンプーの際に、一緒に行うとよいでしょう。

とても敏感な部分ですので無理に行うと、肛門付近まで傷つけてしまったり、炎症につながってしまうこともあります。肛門腺は、肛門の下、時計の4時と8時の方向に人指し指と親指をあてて、下から上に向かって搾り出していきます。

肛門腺絞りは、無理に行って痛みを伴うと、利口なミニチュアピンシャーはどんどん嫌がるようになってしまいます。トリマーや獣医師にお願いするなど無理のない範囲で行うようにするとよいでしょう。

耳掃除

素材20160530115131
ミニチュアピンシャーの耳は、立ち耳の為、垂れ耳の犬種に比べると、耳の汚れも少ないものです。その為、耳掃除はシャンプーなどのタイミングで月1回から2回程度で行いうとよいでしょう。ただし、日々耳のチェックを行い、ニオイがきつくなったり、黒い耳垢が出てきてしまった場合は、外耳炎や細菌感染をしている場合があります。早めに動物病院を受診しましょう。

ミニチュアピンシャーの耳掃除は、専用のイヤーローションを使って、汚れを拭き取る程度で行うとよいでしょう。耳周辺の皮膚はとてもデリケートなもので、強く拭いてしまうと、耳の皮膚を傷めてしまいます。また、耳掃除のしすぎで、耳内部の皮膚を傷つけ、外耳炎を引き起こしてしまうこともありますので、注意しましょう。

健康な耳の場合は、汚れを優しくふき取るだけで十分耳掃除をすることができます。指に巻きつけて汚れを拭き取ることができる専用シートなどもありますので、活用してみてもよいでしょう。シャンプー後やイヤーローションを使った場合は、水気を切るように丁寧に拭き取りをしてあげることが大切になります。

目の手入れ

ミニチュアピンシャーは、アレルギーによって皮膚炎などを起こしやすい性質を持っています。その為、目の周りをかゆがったり、涙目から涙やけを起こしてしまうことがあります。日ごろから、目の周りを清潔に保つことと、目のチェックをするように気を付けましょう。

目の周りのお手入れ自体は簡単です。湿らせたガーゼで目の周りをふき取る程度でよいでしょう。ただし、ふき取りを毎日しているのに、涙があふれてきてしまうような場合は、目の病気や異常が疑われます。目にゴミが入っていたり、結膜炎などの症状が出ている可能性もありますので、早めに獣医師に相談するようにしましょう。

歯磨き

素材colgate-88029_640
ミニチュアピンシャーの歯磨きは、子犬の頃から慣らしていき、週1回程度は行うようにしましょう。歯垢がたまると、やがて歯石になり、歯周病もどんどん進行してしまいます。予防の為には、歯磨きを習慣にするようにしましょう。

最初に歯磨きを嫌がる場合は、ガーゼや専用の歯磨きシートを指に巻いて、歯の汚れを拭き取ってあげることで少しずつ歯磨きの習慣を作っていきましょう。抱っこしながら、リラックスをして口の中のチェックをすることができることが大切です。

ミニチュアピンシャーは、利口な為、一度歯磨きを嫌がるとどんどん嫌がってしまうことがあります。抵抗しているところをおさえつけて行うのではなく、歯ブラシとガーゼ、液体歯磨きなどを上手に利用して、コミュニケーションの一環として慣らしていくとよいでしょう

ミニチュアピンシャーがかかりやすい病気

レッグペルテス病

ミニチュアピンシャーは、遺伝が関係しているレッグペルテス病になりやすいとされています。この病気は、片足に起こしやすいとされていますが、時に両足に起こることもあり、大腿骨頭が壊死してしまう病気です。

子犬の頃に症状が出てきますので、足を引きずる、力が入らないような動きをするなどの症状に気づいた時はすぐに獣医師に相談しましょう。症状が軽い場合は、運動を制限させることや、部屋の環境を工夫することなどが必要ですが、病気が進行していくと手術が必要になります。

膝蓋骨脱臼

関節の病気になりやすいとされているミニチュアピンシャーですが、膝蓋骨脱臼もなりやすいとされています。この病気は先天性のものと後天性のものに分けられますが、後天性の場合、落下などの怪我が原因にして骨が変形してしまうことがあります。

また先天性であっても、その症状の度合いによって運動制限から手術まで対処療法も異なってきます。歩き方などに異常を感じた時に早めに獣医師に相談するようにしましょう。

また、日ごろからソファや段差などから落下させないように注意すること、元気なミニチュアピンシャーですが、あまりジャンプをさせすぎない、肥満に注意するなど、膝に負担をかけないようにしましょう。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

ブログ

関連記事

【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること

ウエストハイランドホワイトテリアの性格と性質 性格 ウエスティと呼ばれ、スコットランド発祥のテリアとして、人気のウエストハイランドホワイトテリアは、活発さと甘えん坊な二面性を持った犬……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ミニチュアシュナウザーとの暮らしで注意すること

ミニチュアシュナウザーの性格と性質 性格 ミニチュアシュナウザーは、頑固で警戒心も強いと言われていますが、人間に対してはとても友好的な面を持っています。また、活発で陽気な面も持ってい……

犬のしつけの基礎

【ペットシッターが解説】ペキニーズとの暮らしで注意すること

ペキニーズの性格と性質 性格 ペキニーズは、もともと中国の宮廷の中で飼育されてきた犬種です。 その血は、現代でも性格としてしっかりと現れていて、マイペースながらも、プライドがと……

犬のしつけの基礎

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】パグとの暮らしで注意すること

パグの性格と性質 性格 パグは、その独特な大きくて丸い頭、つぶれた鼻、しわくちゃの顔で愛嬌ある表情から、愛される人気の犬種です。落ち着きもあるので、子どもや高齢の方がいる家庭でも飼い……

犬のしつけの基礎