2016年6月17日更新

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

 
 

ラブラドールレトリバーの性格と性質

性格


ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが、家庭犬としてもとにかくフレンドリーで家族の中心的な存在になります。番犬には向きませんが、しつけやトレーニングをする喜びと成長を感じることができる犬種です。

ラブラドールレトリーバーは、そのカラーによっても性格が異なるといわれています。イエローは、陽気で活発な面がありながらも、比較的落ち着いた性格を持っています。黒ラブとして人気のあるブラックやチョコレートは、同じく陽気で人なつっこいですが、その勢いが強く、吠えることが多かったりせわしなく動いていることも多いと言われています。もちろん、個体差はありますが、カラーによって性格の特徴もあるものです。

ラブラドールレトリバーの子犬は、とにかくやんちゃです。遊ぶことが大好きですが、家の中を荒らしてしまうことも多く、2歳ぐらいまでは落ち着くまでに時間がかかります。ただし、人にも犬にもフレンドリーですので、攻撃的になることも少なく、子供とも仲良くなれることが多いとされています。

性質


ラブラドールレトリバーは、もともとは水漁の仕事をしていた犬が祖先になります。泳ぎはとても得意で、冷たい水の中にも入っていた為、寒さにも強い体をしています。別名は「king of water fowl(水鳥回収の王)」と呼ばれるほど、獲物を回収することが得意で、今でも物を持ってくるというトレーニングは大好きです。

大きくてがっしりとした体も、大型犬として人気になる要因のひとつです。筋肉がたくましい分、よく食べ、よく運動します。日々の食事管理や運動によって、コントロールしなくてはあっという間に肥満になってしまうので注意が必要です。また、換毛期のブラッシングなど、日々の手入れも必要になります。

非常に優秀でトレーニングも大好きな犬種ではありますが、若いうちはとてもやんちゃな面を持っているラブラドールレトリバーです。迎え入れる前にお部屋の環境をしっかりと整え、家族の中でもリーダーをしっかり決めること、一貫したしつけを行うことなどが大切になります。

ラブラドールレトリバーの飼育の注意点

室内環境

ラブラドールレトリーバーは、比較的暑さや寒さに強いとされていますが、暑い夏、室内では熱中症になってしまう危険性があります。 ダブルコートの被毛の為、特に暑さは苦手で、換毛期にはアンダーコートを抜いておくことが大切になります。冬は、感染症や肺炎などにかかってしまうこともあります。特に老犬の場合は、注意が必要です。

室内飼いの場合は、室温を25℃前後に保つことができるよう、エアコンを利用しましょう。人が快適に過ごすことができる室温を設定し、さらに愛犬が過ごすスペースの室温にも気を配るようにしましょう。窓側など日差しが強い場所や、逆にエアコンの風が直接当たってしまうような場所は注意が必要です。

冬は暖房を使うとともに、加湿器などを利用して適度な湿度を保つようにしましょう。ベッド周りに毛布などを置いてあげても、安心して眠ることができます。室温が下がってしまうと、子犬や老犬は体調を崩してしまうことがあります。場合によっては、洋服を着させるなどして、体温が下がらないように注意しましょう。

素材eames-chairs-670286_640
ラブラドールレトリバーは、とにかく好奇心旺盛で人と遊ぶことが大好きです。特に子犬の頃は目を離したすきにいたずらをされてしまうということもよくありますが、関節の病気に気を付けなくてはいけない面もあります。また、高齢になってくると、大きな体を支えることがだんだんと難しくなることもあり、フローリングで滑って足が開いたままの状態せ伏せてしまうこともあります。

ラブラドールレトリバーの体に負担をかけないように、フローリングにはカーペットを敷く、ペット専用の滑り止めつきマットを敷く、コルクマットを敷くなどしておきましょう。特に遊びまわるお部屋は、おもちゃに向かって走っていくと、そのまま滑ってしまい、思わぬ事故につながってしまうこともあります。早めに敷物を敷いて対策しておくようにしましょう。

家具の配置

ラブラドールレトリバーは、頭がよく、家族とのコミュニケーションが大好きな犬種です。しかし、子犬の頃やまだ若いうちには悪気はなくてもお部屋の中が大変なことになってしまうほど動き回ります。お部屋の中で危険な物、誤飲誤食につながるものは片づけることを徹底しましょう。おもちゃやボールなどもそのままにしておくことは危険です。

ラブラドールレトリバーと暮らす場合は、普段からケージやサークルで過ごす習慣を作ることで、来客時や留守番時も安心してその中で過ごさせることができます。ハウスの中で過ごすしつけを行うことで、リーダーとの関係性もよくなります

ラブラドールレトリバーが子犬の頃は、サークルの中には、ベッドやトイレ、食事場所を作っておくと安心です。リビングなど家族の目が届くところに設置することがよいですが、直射日光やエアコンの風が直接当たるような場所は避けましょう。成犬になり、落ち着いてからはベッドだけ作る習慣でも、お留守番はできますが、やはり「ハウス」があることで安心につながります。

運動


ラブラドールレトリバーは、たっぷり運動することが大好きです。散歩も大好きですので、毎日30分から1時間、朝夕の2回連れていくようにしましょう。とても社交的で陽気な性格ですので、他の犬や見知らぬ人ともフレンドリーに過ごすことができますが、引っ張りが強くならないようコントロールしましょう。

トレーニングも大好きな犬種ですので、運動しながら基礎服従のトレーニングを行ったり、ボール投げや追いかけっこをして走り回る時間を作ってあげることもよいでしょう。また、もともと、獲物を加えて運ぶという本能を持っているラブラドールレトリバーですので、ボールやフライングディスクを投げて持ってこさせるというような運動もよいでしょう。

さらにラブラドールレトリバーは、水も大好きです。海や川のレジャーの際に一緒に連れていくことで、水遊びも大好きになります。たくさん遊びながら運動をすることで、お互いの信頼もさらに深まり、よいコミュニケーションになるでしょう。

しつけ


ラブラドールレトリバーは、本能的にくわえるという行動に出る為、散歩中でも落ちているものはくわえてしまうことがあります。その為、拾い食いをさせないしつけはとても重要になります。普段から、くわえていいおもちゃやボールを与えて、くわえていいものと悪いものが伝わるようにしつけをしていきましょう。

ラブラドールレトリバーは、フレンドリーで子供から大人まで遊びに誘ったり、甘えてみたりとさまざまな表現をしてくれます。しかし、大型犬で力があることは事実です。飛びついてそのまま相手にけがをさせてしまうこともあります。このようなことが起きないように、日ごろから飛びつきはやめさせるようしつけを行いましょう

ラブラドールレトリバーは、トイレのしつけなどは、他の犬に比べてとてもスムーズに行うことができます。たくさんのコマンドを理解することもできますが、まずはリーダー自身が一貫した態度を取らなくてはいけません。アイコンタクトを取りながら、よいことを褒めてのばすトレーニングを続けていくことが大切になります。

 

ラブラドールレトリバーのケア方法

ブラッシング

Dog in bathroom
ラブラドールレトリバーは、短い毛が密集して生えているので、週1回程度、換毛期であれば週2回程度ブラッシングしてあげるようにしましょう。ブラッシングをしないと、抜け毛がどんどんたまってしまい、皮膚炎を引き起こしてしまうこともあります。皮膚の状態やノミダニのチェックをしながら、ブラッシングをする習慣をもつようにしましょう。

ラブラドールレトリバーのブラッシングは、まずはスリッカーで下毛を取り除いていきましょう。毛をかきわけながら部位を移動して丁寧に行いましょう。特に尻や太股などは丁寧にブラッシングしてあげましょう。

下毛をだいたい取ることができたら、コームをかけていきます。毛の付け根まで入れるように、直角にコームをかけていきます。引っかかりの部分は、そのまま引っ張ると傷めてしまいますので、スリッカーに持ち直して、再度ブラッシングしましょう。仕上げは、獣毛ブラシで体全体の被毛に艶を出していきます。

ラブラドールレトリバーは、外での運動、お散歩や遊ぶことが大好きです。体が汚れてしまうことも多いものですので、定期的にシャンプーをしたり、体を拭いて清潔に保つようにしましょう。

爪切り


ラブラドールレトリーバーは、運動や散歩をしていると、比較的爪が削れてきますので、爪切りの頻度は小型犬よりも少ない場合が多いものです。しかし、爪が整っていかずに傷つけてしまいそうな場合や、高齢や病気などでお散歩に行けずに爪が伸びた場合など、やはり爪切りをしなくてはいけないこともあります。

ラブラドールレトリバーの爪切りは、犬専用の爪切りで少しずつ切っていきましょう。爪の中に走っている血管や神経は、白い爪の場合見ることができますが、黒い爪はなかなか見えません。無理せず、獣医師にお願いしてやり方を教えてもらってもよいでしょう。

ラブラドールレトリバーは、とても賢いので、子犬の頃から爪切りに対しても慣らしておくとよいでしょう。嫌な思いにならないよう、最初は1本だけ切って終わりにするなど、焦らず慣らしていくことが大切になります。

耳掃除

Dog at home
ラブラドールレトリバーは、垂れ耳の為、こまめに耳掃除をして耳のチェックをするようにしましょう。垂れ耳の場合は、こまめに耳掃除をしていてもすぐに汚れが溜まってしまうことが多く、外耳炎や細菌や耳ダニ感染も起きやすいものです。すでに皮膚が赤くなっていたり、においが気になった場合は、早めに獣医師に見てもらうようにしましょう。

普段の耳掃除は、週に1回程度、犬専用のイヤークリーナーを使って行いましょう。耳の中に数滴垂らして、付け根をもち、クチュクチュとマッサージするように揉み、浮き出てきた汚れを拭き取ります。コットンやガーゼを指に巻き付けるなどして、丁寧に見える部分を拭き取るようにしましょう。

耳の皮膚はとてもデリケートで、綿棒などを使って傷つけて外耳炎を引き起こしてしまったり、汚れを奥に押し込んでしまうということもあります。不安な場合は、自分でやらずに獣医師にお願いすることもひとつの方法です。

目の手入れ


特にイエローのラブラドールレトリバーは、涙やけや涙の跡が目立ってしまうことがあります。普段から目の周りを清潔に保つ為に、濡らしたコットンなどで優しく目の周りを拭きとってあげましょう。涙やけは、涙の成分が酸化することによって被毛を変色させてしまいます。毎日ケアをしていても、涙が多いと感じた場合は獣医師に相談するとよいでしょう。

ラブラドールレトリバーは、外で運動することが大好きです。運動中に目にゴミが入った場合に涙が増えることがあります。また、すでに結膜炎や角膜炎など目の病気になっている場合もあります。またフードの添加物などによってアレルギーを起こし、目の周りが赤くなることもあります。気になる症状がある場合は、早めに獣医に相談するようにしましょう。

歯磨き

ラブラドールレトリバーの歯磨きは、週1回程度は行うようにしましょう。急に歯磨きを始めると嫌がってしまいますので、子犬の頃から少しずつトレーニングしていくとよいでしょう。普段から歯磨きをして、口の中を清潔に保つことは、異常にも早く気づくことができ、歯周病予防につながります。

歯磨きを嫌がる場合は、ガーゼや専用の歯磨きシートを指に巻いて、歯の汚れを拭き取ってあげることで少しずつ歯磨きの習慣を作っていきましょう。また、くわえることや噛むことも好きなラブラドールレトリバーですので、デンタルガムや歯磨きロープを普段から与えることもよいでしょう。

歯磨きの習慣に慣れてきたら、ペット歯ブラシや子供用歯ブラシを使って、歯を丁寧に磨いてあげましょう。日々の積み重ねが、将来の歯周病のリスクを減らしてくれます。

ラブラドールレトリバーがかかりやすい病気

悪性腫瘍

 
ラブラドールレトリバーは、悪性腫瘍ができやすい犬種とされ、特に皮膚腫瘍が多いものです。悪性リンパ腫も多く、老犬になると多く発症すると言われています。悪性リンパ腫の場合、全身に症状が出てきますが、食欲不振や体重減少といった変化で気づくこともあります。

日ごろから体のあちこちを触ることで、ボディチェックをするようにしましょう。体を触っていて、気になるふくらみがあった場合は、早めに獣医師に相談し、検査をしてもらうことが必要です。日ごろのチェックによる早期発見が大切になります。

股関節形成不全

股関節形成不全は、遺伝的な原因によってラブラドールレトリバーに起こることが多いとされています。その症状は子犬の頃に出てきますので、歩き方や座り方がおかしいと感じた場合は、早めに検査してもらうことが大切になります。

早期発見早期治療が行える病気でもありますので、日ごろから愛犬の足の動きをチェックしておくことが大切になります。また、関節に負担をかけない為にも、床を滑りにくくする、肥満予防に努めるなどしていきましょう。運動が大好きなラブラドールレトリバーですが、関節の為に運動制限がかかることもありますので、注意しましょう。

子犬期の注意点

ラブラドールレトリバーの子犬はとにかくパワーがあり、どんどん成長していきます。世界中で人気がありますが、利口な分しっかりとしつけをしなくては問題行動もどんどん増えてしまいます。また、縄張り意識も持っており、リーダーとの関係性が大切になります。攻撃性が出てしまう危険性もありますので、行動ひとつひとつを見て、悪いことはその場で叱るようにしましょう。

ラブラドールレトリバーとの関係性を作る上で家族とのコミュニケーションはとても大切です。たくさん遊ぶ時間と休む時間をしっかりと作るようにしましょう。疲れ知らずと言いたくなるほど遊びが大好きな子犬だからこそ、飼い主さんが意識的に休ませる時間を作ることが必要になります。運動と睡眠のバランスを管理し、寝ている間は決して無理に起こさないようにしましょう。

ラブラドールレトリバーの子犬はなんでも齧ろうとしてしまったり、食べ物をいつでも食べようとするようなことが多くあります。誤飲誤食に十分注意しましょう。普段からのしつけはもちろんですが、かじられてはいけない物は片づけてから外出する、サークルやハウスで留守番させる習慣をつける、家族の食べ物を与えないなど、一つ一つの行動を徹底するようにしましょう。

シニア期の注意点


活発なラブラドールレトリバーですが、大型犬ゆえに7歳ともなれば老化が始まることもあります。もちろん、元気で走りまわるラブラドールレトリバーも多いものですが、シニアになるとやはり運動量は減ってきます。様々な病気や関節の傷みなどが出てきやすい老犬ですので、愛犬のペースに合わせて適度に運動するようにしましょう。

もともと運動することが大好きな犬種ですので、ずっと家に閉じこもっているとストレスがたまってしまいます。短時間であっても外の空気を吸ったり、運動をすることは気分転換となり、血行もよくなります。脳の活性化、代謝アップにもつながりますので、可能な範囲で散歩に行くとよいでしょう。また、散歩の際はハーネスを使うなどして関節などに負担を与えないようにしましょう。

食べることが大好きなラブラドールレトリバーですが、老犬となると消化機能も低下してきます。吸収率も悪くなる為痩せてくることもありますが、味覚自体が変化することや、歯周病などを起こすこともあります。シニア用フードに切り替え、愛犬が食べやすい食事を見直すようにしましょう。

季節ごとの注意点

ラブラドールによって春先はとても過ごしやすい季節ですが、気温の変化に注意しなくてはいけません。特に子犬や老犬は注意しましょう。春になって外にお出かけすることも多くなります。一方で、ノミやダニの寄生虫、また腸内寄生虫の感染など感染症に十分注意したい季節でもあります。動物病院で検査を行い、適切な予防薬を服用するようにしましょう。

春は狂犬病予防接種の時期でもあります。飼い主さんの義務にあたりますので、必ず受けるようにしましょう。また、地域によりますが5月頃からは月1回フィラリア症の予防薬、ノミダニ予防薬が必要になります。さらにお部屋の掃除をして、ノミダニの繁殖に注意するようにしましょう。

ラブラドールにとって春から夏は換毛期にあたります。抜け毛がとても多くなりますので、しっかりブラッシングを行いましょう。抜け毛や死毛をそのままにしておくことは皮膚炎の原因にもなってしまいますので、ブラッシングをしながら皮膚のチェックをすることも大切になります。

ラブラドールレトリバーは暑さに弱いとされています。夏は特に熱中症に注意しなくてはいけません。しかし、冷房の風が直接当たってしまうと体調を崩す原因にもなってしまいます。人間が快適に過ごすことができる温度が適温ですので、エアコンを上手に活用して快適な室温を保つようにしましょう。また、ケージやベッド、愛犬が過ごす場所に直射日光が当たっていると熱中症の危険が高まります。置き場所を改めて確認するようにしましょう。

運動が大好きなラブラドールレトリバーですが、夏は運動中の熱中症にも注意しなくてはいけません。お散歩の時間も夕方以降涼しい時間にするなど、生活スタイルを改めて見直すようにしましょう。また、お散歩の間も適度に休憩を入れる、水分補給をさせるなど体調管理に気を付けましょう。

夏バテによって体力や食欲が減退してしまうこともあります。食欲が低下してしまった場合は水分量が多く嗜好性も高いウェットフードを与えてみるなど、少量であっても栄養補給できるような食事を心がけてあげるとよいでしょう。

秋は気温が下がり春と同じくラブラドールレトリバーにとっては過ごしやすい季節になります。冬に向けて体力を回復させておきたい季節でもありますが、注意すべき点は食欲と肥満です。急に食欲旺盛になってしまい、欲しがるままに与えていると、すぐに肥満になってしまいます。気温も下がって、お散歩も気持ちよい季節です。運動が大好きなラブラドールレトリバーの為にも、お散歩や運動の機会を増やし、筋力アップと肥満予防に努めましょう。

外に行く機会が多くなる季節なので春夏と同様に、秋になってもフィラリア症の予防薬とノミの駆除薬は続けるようにしましょう。また、乾燥が始まる季節ですので、お散歩のブラッシングも念入りに行ってあげるとよいでしょう。

比較的寒さには強いラブラドールレトリバーですが、子犬や老犬は体の冷えによる体調不良に注意しましょう。室内であっても気温が下がると、体調不良の原因になってしまいます。暖房を使って室内の温度に十分注意しましょう。また、暖房を使うことによる乾燥にも注意しましょう。室内の乾燥は、ウイルスの蔓延や気管支炎、被毛の乾燥などを引き起こしてしまいます。暖房とあわせて加湿器を上手に使うようにしましょう。

暖房器具を使用していると、気づかないうちに体が温まりすぎて脱水症状を起こしてしまうことがあります。それ以外にもヒーターやこたつによる火傷、電気コードによる事故などにも注意しましょう。ラブラドールレトリバーの子犬は非常に好奇心旺盛で様々な物に興味を持ってしまいます。危険な物は片づけておくようにしましょう。

子犬期に気を付けたい病気とその兆候

股関節形成不全

股関節形成不全は、ラブラドールレトリバーの子犬に多い先天的な股関節の病気です。先天的に亜脱臼を起こしていますが、進行していき関節炎を起こしたり、ぐらぐらと不安定な股関節になってしまいます。

股関節形成不全は、その症状によって軽度から重度まで進行具合は異なりますが、おすわりができない、腰を振るような歩き方や跳ねて歩くような動きが見えた時は注意が必要です。成長と共に症状が現れる為、一旦症状が落ち着くこともありますが、関節炎で運動自体を嫌がってしまうようなこともあります。

先天的な病気であるため、獣医師と相談しながら病気と付き合い、場合によっては手術を行うなどの治療方針を考えていきます。成長段階にある子犬の骨は、毎日十分な栄養をとっていても思わぬ事故から骨折や脱臼につながってしまうことがあります。日々の生活の中で、関節に負担をかけないようなお部屋の環境づくりをしていくことも大切です。

アレルギー性皮膚炎

ラブラドールレトリバーは皮膚炎を起こしやすい犬種です。アレルギー皮膚炎は、ノミ、ダニ、食べ物など、様々な原因で発症します。食べ物のアレルギーがある場合は食餌性皮膚炎、環境の場合はアトピー性皮膚炎と言いますが、まずが原因を特定することが必要になります。

どんどんかゆみがひどくなり、もともと弱い皮膚が炎症を起こしてします。また、かきむしることで二次感染にもつながりますので、清潔にしているのに皮膚をかゆがる様子や赤み、炎症を見つけた場合は早めに獣医師の診察をうけましょう。

シニア期に気をつけたい病気とその兆候

悪性リンパ腫

ラブラドールレトリバーは、悪性リンパ腫になりやすいと言われています。特に造血器腫瘍の中では多い腫瘍と言われていますが、リンパ節が腫れることで症状が出てきます。肝臓や脾臓、骨髄へと広がる全身性の病気であるため、再発率もとても高くなります。

症状が進行してくると、元気がなくなる、食欲低下、様々な症状が出てきますが、そのままにしておくと、数週間で亡くなってしまいます。抗がん剤による化学療法などで腫瘍が小さくなることもありますので、獣医師とよく相談することが大切ですが、穏やかに暮らせるように一緒に過ごす時間も大切にしてあげましょう。

進行性網膜萎縮症(PRA)

ラブラドールレトリバーは遺伝性の疾患として進行性網膜萎縮症にかかりやすいと言われています。先天性の目の病気を持っていることもあり、4〜5歳の若いうちから発症することもありますので、注意が必要です。進行性網膜萎縮症は、網膜の委縮と変性が進んでいくことによって徐々に目が見えにくくなる病気です。進行すると失明にもつながってしまいます。

犬の視力低下はかなり進行した時に気づくことが多いものです。夜のお散歩にあまり行きたがらなくなってしまった、飼い主さんの動きに対して反応がにぶいなど、今までできてたことができにくくなっている時に異常に気付くこともあります。高齢だからと自己判断をするのではなく、愛犬の視力の異常に気付いた場合は早めに検査するようにしましょう。

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

まずはラブラドールレトリバーの体全体を触ってあげる習慣をもちましょう。ボディチェックはコミュニケーションの一環としてもとても大切です。まずは、背中や胸など、愛犬が気持ちよいところを触ってあげながら、たくさん褒めていきましょう。

体を触ることに慣れてきたら、被毛のチェック、皮膚のチェックもしてあげましょう。特に梅雨の時期はじめじめしていますので、皮膚炎には注意が必要です。皮膚病やアレルギー疾患にもなりやすいラブラドールですので、皮膚のチェックも大切です。炎症や脱毛などがないか、また掻いてしまった跡がないかなどチェックしてあげましょう。

足先は嫌がる部分でもありますが、散歩後などに足の裏のパッドが傷ついていないか、何か異物が刺さっていないかなどチェックすることも大切です。運動が大好きですので、散歩後は体全体に傷がないかを見てあげるようにしましょう。また、爪が伸びていないかもしっかりチェックしてあげましょう。

お尻付近やしっぽの周辺も触られることを嫌がる部分ではありますが、優しく声をかけてあげながら見るようにしましょう。お尻周辺が汚れていないか、下痢の跡や肛門周辺の炎症はないかなどチェックしてあげましょう。

顔周りのチェック

ラブラドールレトリバーは、飼い主さんとのアイコンタクトが大好きです。普段から健康な目の輝きを見てあげましょう。炎症が起きている、いつもよりまぶしそうにしている、痛がっているなどの異常があれば、早めに獣医師に診てもらいましょう。

ラブラドールレトリバーの耳は垂れ耳の為、汚れやすいものです。においがする、耳周辺が汚れている、耳垢が出てくるといった場合は、外耳炎や耳ダニの感染などを起こしている場合があります。また丁寧に耳掃除をしようとしたあまり、耳を傷つけてしまっていることもあります。においや耳の炎症、赤みが気になる場合は早めに獣医師に診てもらいましょう。耳の炎症は、アレルギーによって引き起こされていることもありますので、注意してみるようにしましょう。

口のチェックも大切です。犬は歯周病になりやすく、特に老犬は注意が必要になります。毎日の歯磨きが効果的ですが、難しい場合は指先に布を巻いてふき取るようにマッサージしてあげるだけでも効果があります。愛犬が口を触ることに対して嫌がったり、恐怖を感じているようであれば、少しずつ慣らしてあげるようにしましょう。

健康な犬であれば、鼻は適度に湿っています。乾いてしまっている、鼻水が出てしまっている場合は体調不良になっている場合があります。早めに獣医師に相談するようにしましょう。