2016年6月7日更新

動物看護士が選ぶ!シニア犬におすすめのペット用カート

突然ですが、愛犬や愛猫の”最期”を想像したことはありますか?その想像の中にいる愛犬、愛猫の姿はどんな姿ですか?白髪が増え、体は痩せてはいるものの、ふらつきながらもなんとか立ち上がり、自力でヨタヨタと歩いているでしょうか?天寿を全うするまで、起立、歩行、食事、排泄が自身で出来るのが理想ですが、実際はそんなにうまくいかないかもしれません。

寿命は年々延びている

寿命が長くなっているのは、良い知らせですよね。しかしその裏には、介護という文字が付きまといます。若い犬や猫であっても大病の末、半身不随になったり、起立困難になることもあります。もしも高齢になり、歩けなくなった時、病院にはどうやって行きますか?お散歩はどうやって行きますか?

病院へは行かず、往診を頼みますか?散歩は行かず、家に閉じこもりますか?是非、散歩くらいは毎日出してあげてください。外の光、風を浴びると気分転換になります。

ペッドグッズが充実している

散歩へ連れて行こうと思っても、自力で歩けない犬や猫をどうやって連れ出しますか?猫や小型犬であれば、抱っこで出られるかもしれませんが、体重の重い中型犬や大型犬はどうしましょう?

そこでオススメなのが、ペット用カートです。最近では様々な種類が販売されており、使い勝手も良いものが増えてきているのです。

オススメのペット用カート3選

ジェックス わんわんカート 多頭用DX

こちらは、数あるペット用カートの中でベストセラーになっているカートです。

多頭用なので座面が広く、もちろん落下防止のリードフックも付いています。寝たきりになった場合、手足を伸ばして横になれるスペースが必要なので、単頭用よりも、多頭用の方がゆとりを持って横になれます。

バスケットとカートが別々になるので、車移動などでカートが必要ない時はバスケットに犬猫を入れて運ぶこともできます。カートは畳めば自立するので、車の後ろに乗せたり、玄関の脇に置いておいたり出来るので非常に便利です。

ファンタジーワールド ディアスイートハートカート

こちらは、見た目が非常にスタイリッシュで、機能と同時に見た目も重視したい飼い主さんにオススメです。

バスケットとカートが別々になり、カートは自立、折りたためることはもちろんのこと、バスケットの下に荷物入れや、カートの持ち手を身長に合わせて調節できるなどの機能を持ち合わせています。

横幅が細いので、病院通いなどで電車移動をする飼い主さんには特にオススメです。改札で引っかかることがありません。また、カート全体が軽量であること、タイヤが360°回るので小回りが利くので、狭い歩道でも楽々使用できます。

アイアンバロン キャリッジ

hpcart-hp016
画像出典:アイアンバロン
体重が重く、体の大きい大型犬にオススメなのがこちらのカートです。座面が低い位置にあるので、体を高く持ち上げなくて良いので乗せやすいです。また、台車のような形をしていて座面が広いので、寝たきりの大型犬を乗せる時は、大判の布の上に寝かせて、その布ごと持ち上げて乗せてあげれば、犬も飼い主さんも非常に楽です。

タイヤが大きいので、段差や整備されていない道も楽に進むことができます。折りたたんで収納もできます。

★詳しくはコチラ【アイアンバロン

寝たきりなら、広めのカートを

寝たきりの状態で乗せるのであれば、ふた回り程度大きいカートを選んでください。ギリギリ体が入るカートだと、進む振動で体がどんどん端にずれて押し付けられ、体が痛くなってしまうことがあります。十分な余裕のある大きさを選ぶようにしましょう。

生き生きしてくるかも

外へお散歩に出られるようになれば、家の中で寝たきりでいるよりも刺激がたくさんあり、気分が楽になることでしょう。ぼーっと寝ている時間が多かった愛犬、愛猫も表情が明るくなり、生き生きとしてくるかもしれません。

また、寝たきりや高齢でなくても、お散歩のお供としてカートを使用するのも良いでしょう。是非、自分の生活圏内、スタイルに合ったカートを見つけて、愛犬、愛猫との散歩を楽しんで下さいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

動物看護師が選ぶ!足腰が弱ってしまったペットのためのグッズ3選

犬猫が歳を重ねると、避けて通れないのは体の運動機能の低下。腕や脚の動く範囲は狭くなり、体が動かしにくく、寝ていても寝返りを打ちにくい。自宅の犬猫を愛する飼い主さんなら、その姿を見て、「少しで……

愛犬の老後に新たな選択肢。老犬ホームが増えている!

高齢化が進み介護問題が深刻になっているのは人間だけではありません。最近ではドッグフードの質の向上や飼い主さんの飼育意識の変化、獣医療の進歩によって犬の平均寿命が伸びています。 犬の寿命……

犬のニュース

【獣医師監修】運動した方が長生きできる?高齢になった犬の運動や散歩の方法について

若い頃は元気に走り回り、飛び回っていた愛犬も年をとると徐々に運動量が減ってきます。 昔は敏感に反応していた周囲の音や飼い主さんの動きにも鈍感になって、寝ている時間が増えてくるでしょう。……

老犬の認知症

老犬、老猫のために家をバリアフリーに。高齢のペットのための簡単リフォームについて

人間の場合、年を取るとバリアフリーや手すり等を取り付ける簡単リフォームを行う家は多いと思いますが、ペットの場合にも高齢になったら室内を歩きやすく生活しやすいリフォームが必要です。 今回……

体が衰えた老犬の介護

飼い主さんにとってもっとも大変な介護。高齢犬の排泄サポートの方法

高齢犬のお世話の中でも一番手が掛かりストレスが溜まるのがお漏らしへの対処でしょう。散歩に行けないので外で排泄することができず、室内にトイレがあっても室内での排泄を嫌がったりうまく排泄できなく……

体が衰えた老犬の介護

老犬にぴったりな生活環境を考えよう!【屋外飼育編】

屋外環境は、屋内環境と比べると変えてあげられる範囲がかなり限られています。さらに屋外は屋内よりも過酷で、体が弱っている老犬にとってはさらに厳しい環境といえるでしょう。 犬の平均寿命も屋……

体が衰えた老犬の介護

動物看護士が選ぶ!シニア犬におすすめのペット用カート

突然ですが、愛犬や愛猫の”最期”を想像したことはありますか?その想像の中にいる愛犬、愛猫の姿はどんな姿ですか?白髪が増え、体は痩せてはいるものの、ふらつきながらもなんとか立ち上がり、自力でヨ……

体が衰えた老犬の介護

お腹が空いていても食べられないことも。寝たきりシニア犬への食事のあげ方

愛犬が高齢になり寝たきりになってしまう…犬を大切に育て長生きさせたからこそ起こる事態です。 年を取るまでお世話してきた飼い主さんなら、寝たきりになっても心をこめてケアすると思いますが、……

体が衰えた老犬の介護

愛犬の介護 愛犬が最後まで幸せでいるために。介護の方法、介護グッズ

日本ペットフード協会のリサーチによれば、飼い犬の平均寿命は約14歳だとか(平成24年)。愛犬が若いうちは、お世話もお散歩、食事、しつけなど予想の範囲内ですが、老犬になってくると、そうはいきま……

体が衰えた老犬の介護

老犬にぴったりな生活環境を考えよう!【屋内飼育編】

犬が歳をとってしまったら、今まではなんでもなかったものが大きな障害になったり、怪我の原因になってしまうことあります。一見、問題が少なそうな屋内においてもそれは同じです。 生活環境を犬に……

体が衰えた老犬の介護

【動物看護士が解説】度重なる老犬の粗相。正しい改善策は?

若い頃はきちんと決まった場所で排泄出来ていたのに、シニアの仲間入りをしてから粗相が増えた、なんてことありませんか?「認知症かしら?」と思う方もいると思います。実際に、認知症になってしまいトイ……

【獣医師監修】シニア犬猫の床ずれを防ぐ方法、床ずれになった場合の治療方法

寝たきりになると床ずれができるのは人間もペットも一緒です。気付かずに放置してしまうと症状が進んでしまい、治療にも時間がかかるようになってしまいます。もしもペットが寝たきりになってしまった場合……

老犬の病気

【獣医師が解説】シニア期に病気になってしまった愛犬・愛猫にできること

犬や猫も年齢とともに、様々な病気にかかってしまうリスクが増えてきます。時には、治療の難しい病気にかかることもあるかもしれません。そうなった時に、愛犬や愛猫のためにどのような選択ができるか知っ……

犬の老化について

【ドッグマナー協会理事が解説】犬と過ごす為の10年先を見られますか!?

飼い主として犬と接して14年。 小学生の頃に犬を飼っていた経験があり、自立をしたらどうしても犬を飼いたいと思って大阪で出会ったのが彼女! 今思えば考えられませんが生後2カ月にも満たな……

犬のニュース

犬のお風呂の頻度は?シニア犬は特に気をつけたい入浴方法。

健康な犬のシャンプーは最低でも月に1回、もしくは2週間以上の間隔をあければ次のシャンプーを行なってもいいと言われています。しかし高齢犬は体力を奪われてしまうので若い頃より疲れてしまいます。ま……

体が衰えた老犬の介護