2016年6月18日更新

【動物看護士が解説】自宅でできる猫の耳のケア!受診の目安は?

突然ですが、家で飼っている愛猫の耳の中を覗いたことありますか?普通は青白く見えるくらい、白くて綺麗な皮膚のはずですが、赤く腫れているように見えたり、真っ黒くなってはいませんか?

耳の炎症は脳にまで広がり、猫を苦しませることがあります。耳が不潔になって、炎症を起こす前に家で耳のケアをしてあげませんか?

細部までは見られない

猫とのスキンシップがあっても、耳の中や口の中、お腹の皮膚や、肛門付近などじっくり見ることってないですよね。かといって動物病院に頻繁に通って体のチェックをしてもらっている猫も少ないでしょう。

いま猫の体に何が起こっているかわからないまま長く過ごしていると、病気が取り返しのつかないところまで悪化してしまうこともあります。体の中のことはわからなくても、目視できる、目や耳、鼻や口、体型などはスキンシップの延長で詳しくチェックできるようになることが理想です。

耳のチェックは簡単

目視できる中でも1番簡単といえそうなのが、耳のチェックです。猫の背中や頭を撫でている飼い主さんは多いため、耳を触られることに抵抗がないのです。

耳を見よう!と意気込まずに、頭を撫でるついでに耳を裏返してみてください。耳の奥まで見ようとする必要はありません。耳の穴の入り口の汚れの有無、皮膚の状態が確認できれば上出来です。

赤くなったり、黒くなっていたら?

耳の穴付近が赤く腫れていたり、黒く汚れが溜まっていたら触らずにかかりつけの動物病院に連れて行ってあげてください。

赤く腫れているのは炎症が起きている証拠です。無理矢理綿棒などで触ってしまうと炎症をさらにひどくする恐れがあります。また、真っ黒い耳垢にはダニが潜んでいることがあり、勝手に耳掃除をして綺麗にしてしまうと治療の機会を逃すことになってしまいます。

こういった症状が見られるときは、すでにしきりに耳を掻いたり、頭を振ったりしているはずです。痒みはかなりのストレスになりますので、早めに動物病院へ連れて行ってあげてください。

日頃から清潔を心がける

耳をめくってみて、穴の入り口付近が綺麗であれば何もする必要はありません。もし凸凹の溝に茶色っぽい耳垢がついていたら、簡単な耳掃除をしてあげてください。

耳掃除に必要なもの


・コットン(水に濡らしたもの。あれば専用のイヤークリーナー)

耳掃除の仕方

  1. 猫は耳が敏感で、パタパタとよく動かすので利き手でない方の手でしっかりと耳を固定する。
  2. 耳の穴がしっかりと確認できたら、利き手の人差し指をコットンで覆い、軽くほじるようにして耳の穴を拭く。
  3. 耳の凸凹の溝が汚れていたら拭き取る。

これで耳掃除は終了です。
綿棒を使って耳の穴の中を掃除する必要はありません。傷付けて逆効果になることがあるので絶対にやらないようにしましょう。

いかがでしたか?

これならできそう!と思った飼い主さんも多いでしょう。耳掃除は非常に簡単な作業ですので、清潔を保つために時々拭き掃除をしてあげましょう。

赤かったり、異常に黒く、ひどく汚れていたら要注意です。迷ったらかかりつけの動物病院に行って相談してみてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【動物看護士が解説】自宅でできる猫の耳のケア!受診の目安は?

突然ですが、家で飼っている愛猫の耳の中を覗いたことありますか?普通は青白く見えるくらい、白くて綺麗な皮膚のはずですが、赤く腫れているように見えたり、真っ黒くなってはいませんか? 耳の炎……

猫の耳のお手入れ

誰でもできる!簡単な猫の健康管理。

飼育経験の長い飼い主さんにとっては当たり前かもしれませんが、新米飼い主さんや、飼っている猫が若くて元気という飼い主さんの場合、猫の健康管理は「まだまだ大丈夫」と他人事になっていることが少なく……

猫の目のお手入れ

スコティッシュ・フォールドと暮らした時に気をつける事~スコに多い病気と注意点について~猫壱セミナーより

2016年11月23日に、猫用品メーカー「猫壱」主催の「ネコをもっと理解する」セミナーが開催されました。 ペット生活編集部もセミナーに参加させていただきましたので、セミナーの一部をご紹介し……

猫のニュース

風呂嫌いでも簡単! 獣医に聞いた、犬・猫を自宅で簡単にお風呂に入れるコツ

SNSや共有サイトで、気持ちよさそうにお風呂に入る犬や猫の動画が出回っていますが、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長は、「お風呂嫌いの犬や猫は少なくありません。で……

犬のシャンプー

【猫の耳掃除】猫の耳のお手入れはどうやるの?毎日行ったほうがいい?

猫の耳、実は猫の五感の中で一番優れている部分です。猫が暗闇でも獲物を捕えることができるのは、視力が良いからではなく、聴覚が最も優れているからだと考えられています。 猫の感覚器で優れてい……

猫の耳のお手入れ