2016年6月12日更新

コツを掴めば簡単!肛門腺絞りを動物看護士が徹底解説!

 
 

突然ですが、肛門腺ってなんのことだかご存知ですか?犬と猫、どちらにでもあるものですがしっかりケアをしてあげないと重大な病気を引き起こすかもしれません。今回はケアの仕方や、病気のサインをご紹介します。


肛門腺とは?

肛門腺とは肛門の左右にある臭腺のことをいいます。そこには肛門嚢と呼ばれる袋があり、その袋の中に匂いのきつい分泌液が入っています。大型犬や中型犬であれば便を排出する際に一緒に出てきますが、小型犬や猫の場合はうまく絞り出されず溜まる一方になることがあります。

その分泌液が排出されずにいると、炎症や破裂を起こし、肛門の左右に皮膚を突き破って穴が開くことがあります。このような病気を引き起こさないためにも、定期的に肛門腺が溜まっていないかチェックし、溜まっていたら出してあげなくてはいけません。


どこにあるのか

肛門を真ん中とし、左右斜め下の位置にあります。時計でいうと4時と8時の位置です。分泌液が溜まっていると肛門周りをつまむように手を添え、上から下へ滑らせるとポコっと出っ張りを見つけることができます。その位置が肛門嚢がある位置です。

肛門腺の絞り方

 
 

動物看護士/トリマー